レ・ミゼラブル 少女コゼット単語

レミゼラブルショウジョコゼット
1.4千文字の記事
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

レ・ミゼラブル 少女コゼットとは、2007年に放映されたアニメである。世界名作劇場シリーズ

概要

人は変わることができる。人類も同じだ。

                                                                                    ジャン・ヴァルジャン最終話台詞)より

原作フランス作家ヴィクトル・ユーゴーによる「レ・ミゼラブル日本名:ああ情)」。
世界名作劇場シリーズとしては、1997年の「家なき子レミ」以来、10年ぶりの新作である。

原作主人公ジャン・ヴァルジャンだが、当作品の主人公はあくまでもコゼットである。これは、「少年少女主人公」という世界名作劇場シリーズの作に則った変であるといえる。
ヴァルジャンは、当作品では副主人公的なポジションにあたり、彼の死とその数年後のコゼットマリウスの家族の様子を持ってこの話は終わる。

演出の特徴としては、大人向けの原作とは違い、あくまで子供向けアニメであるため、情すぎる現実だけを描くのではなく、「どんな絶望の中にあろうとも、未来に向かって生きること」という題を強く伝える物語となっている。
また子供向けのために原作の残酷すぎる描写(例、ファンティーヌがワーテルロー亭にいるコゼットに送するために売したり、抜してを売る…など)などが極排除されており、悲惨な死に方をする描写も極めて少ない。

の特徴的として、それまでの世界名作劇場とは大きく違う、いわゆる「萌え絵」のキャラデザを採用。キャラクターデザイン担当は、吉松隆博と渡辺はじめ。しかしこキャラデザも情緒溢れる19世紀初頭のフランス風景マッチしており、違和感なく見られる。

あらすじ

はじまりは、1819年のフランス。3歳の少女コゼットを連れ、ファンティーヌは仕事を探すためにパリからモントルメイユ・シュル・メールに向かう中、モンフェルメイユ村までやってきた。しかし、そこで宿屋・ワーテルロー亭を営むテナルディエ夫妻に騙され、コゼットを預けてしまう。ファンティーヌが去った後、当てだったテナルディエ夫妻はコゼットを雑用として、関係なくこき使い、虐待する。

それから4年の日を経た1823年12月25日ワーテルロー亭に、ファンティーヌの委任状を持った一人の男が現れる。そしてコゼットを引き取り、コゼットワーテルロー亭の辛い日々から解放される。

────────しかし、自分のことを「」と呼ばせるこの男にはある事情があった。

そして運命青年マリウスとコゼットを引き合わせ、1832年6月パリ革命へと物語を導く。

キャスト

基本的に声優業を中心に活動しているキャストが多いが、アンジルラス役の岸祐二は、実際にミュージカルで同役を演じている。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

レ・ミゼラブル 少女コゼット

13 ななしのよっしん
2014/01/20(月) 10:45:41 ID: XxaPMBiMGS
実に生きることの大切さを教えてくれるアニメだった。
ネットなら何を言ってもいい、自分が得するのなら何をやってもいい、
そんな潮がある現代だからこそ考えさせられるところも多かった。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
14 ななしのよっしん
2014/06/16(月) 23:43:20 ID: 9vLOeOjlT9
原作未読だけどクッソ泣いた
ゼットに泣かされファンティーヌに泣かさらにヴァルジャンに、さらにジャヴェールに、さらにエポニーヌにと・・・3日で全話見てしまった

ヴァルジャンとジャベール問答、苦悩シーン演技のよさも相まって本当に素晴らしい

👍
高評価
0
👎
低評価
0
15 ななしのよっしん
2014/09/06(土) 09:42:28 ID: T4S6hjs5X8
>>10
この有名なコラからも判る通りぶっちゃけ悲惨過ぎるのは売れないからね
http://www.geocities.jp/ajiposo2000/img-neta/000/crystalboy.jpgexit

ロリキャラレイプする同人もあくまでただの創作エロネタ
原作ではありえないってわかってるから後腐れなく抜けるのであって
ゼットがぺド野郎にレイプされるなんてのはリアルに悲惨すぎて萎えるが大半
👍
高評価
0
👎
低評価
0
16 ななしのよっしん
2017/04/01(土) 10:38:13 ID: tPM8TsQh1m
最初アニメ誌で情報出た時色々衝撃だった
👍
高評価
0
👎
低評価
0
17 ななしのよっしん
2017/04/20(木) 01:08:43 ID: xXfBf5j0UN
>>1
ファンティーヌ可哀想かねえ……人を見るさといいテナルディエとの巡り合わせといい漸く救済されると思ったら(ryといい、絶望的な間の悪さだけは可哀想だとは思うけど
何が何でも一緒にシュルメールまで行ってたら全部……まーそれいったらオシマイだけど。いやその場合だとガヴローシュが悲惨かな
👍
高評価
0
👎
低評価
0
18 ななしのよっしん
2017/08/24(木) 16:23:46 ID: 6UeFxioRGu
やはり原作エポニーヌの悲惨さはアニメじゃ到底不可能だったな
原作じゃエポニーヌは14,5歳で中年ババアみたいな外見に成り下がってるのよ・・・
👍
高評価
0
👎
低評価
0
19 ななしのよっしん
2019/05/16(木) 00:25:19 ID: nxXbzULqBf
そういえば原作のコゼット子供時代はぱっとしない外見だったな
👍
高評価
0
👎
低評価
0
20 ななしのよっしん
2020/01/31(金) 14:49:41 ID: ssJkXOy4bB
一気に最後まで見た。
変だと思ったのはジャヴェールの末路
ガチ泣きしたってレベルじゃないわ

逆にジャンがモンパルナス財布渡す話とアンジョラルスによるクラクズー射殺がなかったのはかえすがえすも残念
かっこいいのになあ…「ひざまずけ」っていってクラクズー撃ち殺すの

やっぱ名劇だからか色々とマイルドになってるね
👍
高評価
0
👎
低評価
0
21 ななしのよっしん
2020/05/04(月) 00:15:38 ID: XKDG8zwRKt
全体的に原作より救いがあるんだよな
「救いがある」と書くと弊があるかもしれないんだけど
👍
高評価
0
👎
低評価
0
22 ななしのよっしん
2022/08/08(月) 01:19:40 ID: 7kHihPMme/
ふと思い出して10年ぶりくらいに見たら、49話の名塚さんの「お母さん…」で泣く演技に感情移入してもらい泣きそうになった。
トトリのアトリエでも色変えて死んだ(と言われていた)母親に「お母さん…」って泣いてたのを思い出すが、この人演技すげえ。

人が信じられなくなり厭世的になったら、たまに見たくなるアニメだな。
👍
高評価
0
👎
低評価
0

急上昇ワード改