世界名作劇場単語

セカイメイサクゲキジョウ

世界名作劇場とは、フジテレビ系列で放送されていた世界名作文学アニメーション化した一連のアニメシリーズである。日本アニメーションの定義では1975年の『フランダースの犬』から1997年の『家なき子レミ』まで、そして2007年から2009年にかけてBSフジで放送された3作品をす。

ヒストリー

1969年に、フジテレビ日曜19:3020:00の時間帯において「カルピスまんが劇場」がスタート。当初放映したのは手塚治虫原作の『どろろ』であった。しかし低視聴率により同年10月にはエンタープライズ製作東京ムービー虫プロダクション制作で『ムーミン(第一期)』がスタート。こちらは人気が出たため、1971年の『アンデルセン物語』をはさみ1972年末まで『ムーミン(第二期)』が放映される。

1973年には瑞エンタープライズスタッフを独自に集め「ズイヨー映像」を設立、『山ねずみロッキーチャック』を放映。翌74年には『アルプスの少女ハイジ』を放映する。『ハイジ』においては、テレビアニメ初のロケーションハンティングが行われ、リアリティのある作画と可らしいキャラクター、そして細かい心情描写で大ヒット(高視聴率)を記録、以後作およびロケハンは『ハイジ』の路線が引き継がれる。

しかし、1975年には瑞エンタープライズとズイヨー映像との間に不和を生じ、同年6月にズイヨー映像スタッフが「日本アニメーション」として独立。当時放映中であった『フランダースの犬』は第4話から「制作日本アニメーション」と表記されるようになり、現在まで日本アニメーション制作を続けている。なお、シリーズ名が「世界名作劇場」となるのは『赤毛アン』からで、それまでは「カルピスこども劇場」「カルピスファミリー劇場」などと呼ばれていた。しかし現在はすべて「世界名作劇場」に統一されている。そしてズイヨー映像時代に制作された『ロッキーチャック』『ハイジ』の二作は瑞(株)の版権管理であるため、日本アニメーションホームページでは世界名作劇場として扱われていない。

1978年まではカルピスが一社提供していたが、スポンサーを降。しばらく複数社提供になった後に、1985年からハウス食品が一社提供、またはメインスポンサーとなった。
そのため、この番組のスポンサーカルピスハウス食品かによって世代がわかるという隠れたおっさんホイホイでもある。

20年以上もの間、日曜ゴールデンタイムに「よい子のためのアニメ」として放映が続いてきたが、長期にわたって続いたためにマンネリ化は避けられず、全盛期20えることもあった視聴率は10台前半で低迷を続けていた。そこで、それまで名作劇場を観てきた世代の成長を意識してか家族ロマンスへの憧れを推し出し、ヤングアダルト以上にもアピールする作に徐々にシフトしていったが、これにより新しい支持層を獲得して視聴率も回復する一方、かつての作にこだわる一部ファンや「よい子」たちとの乖離も見られることになった。

さらに追い打ちをかけるように野球中継による中止や、数字を持っている裏番組(『さんまのからくりTV』等)の盛により、ついに1994年には記念すべき20周年記念作品であった『七つの海のティコ』の途中からいきなりハウス食品の単独提供が終了してNTT等との複数社提供になってしまう。そして1997年、あらゆる意味において原点の「よい子のためのアニメ」に立ち返って作られた『ラッシー』だったが、視聴率はついに1ケタ台を割り敢えく半期余りで打ち切られ(しかも最終回野球中継のため未放映)、続いて始まった『家なき子レミ』でも挽回は敵わず半期で終了、本作を最後に一旦シリーズは幕を下ろした。

放送終了後には存続を望むが多く寄せられ、2007年1月、視聴率に左右されないBSデジタル放送(BSフジ)で10年ぶりに再開。『レ・ミゼラブル 少女コゼット』を復帰1作として放映した。その後、2008年に『ポルフィの長い』、2009年に『こんにちはアン ~ Before Green Gables』が放送された。

作風

に19世紀~20世紀半ばを舞台とする海外名作文学(例外あり)をメジャーマイナー問わず格調高くアニメーション化する。登場人物の心情描写や背景美術の美しさには定評がある一方で、あくまで「よい子のためのアニメ」であるために過アクションエロティックなシーン、下品なギャグ等は挿入されない。また、作品の主人公大人だったりする場合には、ターゲット視聴者層(=子供)に合わせる形でオリジナル子供主人公が設定されたり、本来は主人公ではないキャラクター(この場合も子供キャラクターが選ばれる)に主人公を演じさせることが多く、さらに主人公に近しい大人キャラクターの年齢引き下げも度々行われる。マーチャンダイスキャラクターグッズ展開のために、キャラクターの造形を日本視聴者によりアピールするようアレンジしたり(例: 『フランダース』のアロア)、本来存在しないはずの動物マスコットとして登場させたりしている(例: 『ペリーヌ』のバロン)。

そして世界名作劇場で展開される物語は、時代背景こそ前時代的であって必ずしも現代日本の世相をうまく反映させたものではなかった(これも視聴率低迷の原因の一つとされることが多い)が、その根幹でられる「人間」「家族」「」といったモチーフは時代の流行に左右されない普遍的なテーマであり、現在でも再放送ネット配信が行われ、新たなファンを増やし続けている。削除ガイドラインが整備される前のニコニコ動画も(非合法ではあるがファンを増やすための媒体となっていた。そのファン層の広さは30年前以上の作品を使い現在までキャラクタービジネスを展開することを可にし、近年の作品数減少に悩む日本アニメーション計を立に支えている。

舞台欧州、北であり、それ以外の地域はわずかである。なぜこのような偏りが生まれるかについては不明であるが、「日本人が「外」と聞くと金髪碧眼の西洋人をイメージしてしまうため」「スタッフの中に(欧州・北で優勢な)キリスト教の敬虔な信者がいるため」「TBS系の『まんが日本昔話』に対抗するため」など諸説ある。しかしどれも決定的な拠は存在しない(ただし『フランダースの犬』のラストの演出や、『フローネ』~『カトリ』あたりのキリスト教系出版社から出ていたマイナーな(だが、いずれも明治期には翻訳・翻案がなされ、それなりに知られていたらしい)児童文学作品を原作とした一連の作品は、熱心なクリスチャンでもあったプロデューサーの意向によるもの、という旨の元関係者による言がある)。

なお、上述のように「子供向け」として作られてはいるものの、主人公5歳15歳少女較的多かったためか、80年代アニメ雑誌においては一部の作品が「ロリコンアニメ」の一つとして扱われていた時期があった。また90年代に入ると、逆に一部の作品がボーイズラブ系やショタコン系の同人誌の題材として取り上げられることがあるなど、子供たちだけではなくアニメオタクの間でも一定の支持を受けていた。

ともかく、長年にわたり子供たちが安心して見られる健全なアニメ」を提供子供たちに世界名作文学に触れるきっかけを与えてきたという点で世界名作劇場の果たした役割は大きく、これからも存続してほしいと願うもたえない。

作品リスト

作品名 放映年 原作者名 その他
1 どろろ(~13話)
どろろ鬼丸(14話~)
1969年4月~9月 手塚治虫  「カルピスまんが劇場
2 ムーミン(第一作) 1969年10月~1970年12月 トーベ・ヤンソン 制作東京ムービー(~26話)→虫プロダクション(27話~)
3 アンデルセン物語 1971年 ハンスクリスチャンアンデルセン これ以降各作品1月12月まで放映。
4 ムーミン(第二作) 1972年 トーベ・ヤンソン
5 ねずみロッキーチャック 1973年 ソーントンバージェス ここからズイヨー映像制作
6 アルプスの少女ハイジ 1974年 ヨハンナ・スピリ
フジテレビ世界名作劇場」 1975年1997年
1 フランダースの犬 1975年 ルイズ・ド・ラ・ラメー ここから日本アニメーション制作カルピスこども劇場
2 母をたずねて三千里 1976年 ドモンド・デ・アミーチス
「クオレ」より
アニメ版は原作を大幅に脚色したもの。
3 あらいぐまラスカル 1977年 スターリングノース「はるかなるわがラスカル 名劇一の「自伝」(原作者=主人公
4 ペリーヌ物語 1978年 エクトル・マロなき カルピスファミリー劇場
5 赤毛アン 1979年 ルーシーモード・モンゴメ 世界名作劇場
前後二部構成。
6 トム・ソーヤーの冒険 1980年 マーク・トウェイ
7 家族ロビンソン漂流記・ ふしぎなのフローネ 1981年 ウィース
スイスロビンソン
主人公のフローネはアニメオリジナル
8 南のルーシー 1982年 フィリス・ピディントン
「南の
前後二部構成。
9 アルプス物語
わたしアンネット
1983年 パトリシア・セント・ジョンのたから」
10 牧場の少女カトリ 1984年 ウニ・ヌオリワーラ
11 女セーラ 1985年 フランシス・ホジソン・バーネット「小女」 ハウス食品世界名作劇場
ハウス食品 単独提供
12 少女リアンナ物語 1986年 エレナ・ホグマン・ポーター「少女レアナ」「パレアナの青春
13 の若物語 1987年 ルイザ・M・オルコット
「若物語
新田恵利の歌唱不足により、15話から急遽OPED変更。
14 子セディ 1988年 フランシス・ホジソン・バーネット「小子」 名劇初となる、同一人物による別作品のアニメ化
15 ピーターパンの冒険 1989年 ジェームズ・M・バリ 名劇で一、異世界舞台とした作品。
16 私のあしながおじさん 1990年 ジーンウェブスター 主人公の年齢を高校生(相当)→中学生(相当)に変更。
17 トラップ一家物語 1991年 マリア・フォン・トラップ
サウンドオブミュージック
OPの「ドレミの歌」は権利問題によりDVD版では差し替え。
18 大草原の小さな天使 ブッシュベイビー 1992年 ウィリアム・スチーブンソン 名劇一のアフリカ舞台とした作品。
19 物語 ナンジョー先生 1993年 ルイザ・メイ・オルコット
「第三若物語
の若物語」ではなく、原作版の続編にあたる作品。
20 七つの海のティコ 1994年 なし 原作しのオリジナル作品。
9話から、ハウス食品+NTTなどの複数社提供となり、再び「世界名作劇場」となる
21 ロミオの青い空 1995年 リザ・テツナー「兄弟
22 ラッシー 1996年1月~8月 リク・ナイト「名ラッシー 12月まで放映できず、8月までの放送短縮の憂いに会う。ようは、打ち切り
23 家なき子レミ 1996年9月~1997年3月 エクトル・マロ家なき子 主人公少年から少女に変更するも、人気を取り戻せず。地上波(フジテレビ)での最後の作品となってしまった。
BSフジ世界名作劇場 2007年~ ハイビジョン制作
24 レ・ミゼラブル 少女コゼット 2007年 ヴィクトル・ユゴー BSデジタル(BSフジ)で10年ぶりに復活。
ハウス食品世界名作劇場
ハウス食品+複数社提供
この作品の主人公"コゼット"(幼少期)"は、かなりの萌え要素を含んでいる。
25 ポルフィの長い 2008年 ポールジャックボンゾ
「シミトラの孤児たち」
ハウス食品世界名作劇場
ハウス食品 単独提供
26 こんにちはアン 2009年4月12月 バッジウィルソン
「こんにちはアン
アン声優は現役JC日高里菜
題歌はとなりのトトロでおなじみの 井上あずみ
番組名が「世界名作劇場」になり、ハウス食品+複数社提供になる。
制作からフジテレビが抜け、「日本アニメーション」のみの表記となった。

 その他

日本アニメーションで「世界名作劇場」として紹介されているのは『フランダースの犬』~『こんにちはアン』のみであり、『アルプスの少女ハイジ』については一切触れていない。また、『ハイジ』のホームページは瑞(株)の関連会社(株)サンクリエートが独自に運営しており、日本アニメーションの作品と同様現在に至るまでキャラクタービジネスが行われている。

フランダースの犬』では最終話において主人公が死んでしまうという悲劇的結末を迎え、多くの視聴者の涙を誘ったが、「主人公が死ぬ」ことに対する批判的意見も多く、これ以降主人公が悲劇的結末を迎えるような作品はなるべく題材としないようになった(やむを得ず選んだ場合でも、ストーリー変してハッピーエンドで終わらせるなどの処置をとっている)。

関連動画

 関連コミュニティ

関連商品

関連する人物

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%90%8D%E4%BD%9C%E5%8A%87%E5%A0%B4

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

世界名作劇場

54 ななしのよっしん
2016/04/05(火) 12:10:43 ID: d9ptZaoc9J
ラスカルフランダースの犬くらいしか知らなかったけどいっぱいやってたのな
一挙放送とかやってくれんかなぁ…
55 ななしのよっしん
2016/09/14(水) 19:15:23 ID: ilmAlcJa2q
図書館に置いてあったりするけどテープの状態が悪かったり、最悪破損して一部抜けてたりするのが残念。
ニコ動では有料でも配信してないけど、よその有料配信サイトなら置いてある事もあるみたいだけどね。
56 ななしのよっしん
2016/11/03(木) 19:31:09 ID: lX+6jRy6RB
女セーラ
セーラが馬小屋に追いやられたり学園を追い出されたりする展開を見るたび、クリスフォードさんたちがく気付いていれば…(セーラの現状を)
とか思ってしまう。
話数の都合上・関係とかもあったのだろうけど
57 ななしのよっしん
2017/04/15(土) 23:14:17 ID: j+VEtpq9g6
>>56
本当にね、探し人が向こうにいたというのに。
原作訳版を読んだことがありますが、アニメでは
ピーターや子供屋の人、(アーメンガードの)おばさん
出てくるので「まだ(校外でも)救いがあった」のかも。
原作には登場せず、
46話にするため、いくらか原作よりも話を膨らませてありますね。
58 ななしのよっしん
2017/04/17(月) 01:23:10 ID: aj54vNmcin
そういえば00年代に一時期復活していたけどbsしかやってなかったんだよな
ワンピの」日曜7時台の放送が続いていたら
日曜の9時台に放送出来たかも知れないのに
59 ななしのよっしん
2017/11/25(土) 12:33:22 ID: /9Ol1pscIL
世界名作劇場は『フランダースの犬』から『こんにちはアン』までの全26作品のみ。
地上波だと第23作『家なき子レミ』までだが、それ前後は単に同じ局・同じ時間帯でやってただけにすぎない。
60 ななしのよっしん
2017/12/15(金) 16:58:12 ID: Z/8bPuvPcs
世界名作劇場 七つの海のティコ世界名作とは言ってない)
61 ななしのよっしん
2018/01/22(月) 22:41:29 ID: oOaJwLEa4e
ラスカルが「名劇一の自伝」となってるけど、トラップ一家物語も自伝では?
舞台版や映画版は脚色もあるけど、少なくとも原作自体はマリアの自伝みたいだし
62 ななしのよっしん
2018/04/13(金) 22:46:03 ID: SbEm7fHwf7
セディのクラスメイト金髪の子かわいいよね
63 ななしのよっしん
2019/02/09(土) 16:24:37 ID: WkN4wapg43
ロミオの青い空公式ファンブックみたいなのを古本屋で見つけて読んだら
後半の展開が雑、腐女子の方々には受けたが一般層にはあんまり刺さらなかった
みたいな手厳しい評価も載ってて驚いた、昔のこの手の本って割と容赦ねえな
今だったら炎上確実だしそういうのは公式じゃなくネットとかで勝手にやるもんな…