呂50単語

ロゴジュウ
1.5千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

呂50とは、大東亜戦争中に大日本帝國海軍が建造した呂35潜水艦の1隻である。

概要

もしかして呂500

18隻建造された呂35潜水艦の1隻。前級とべて速アップしており、量産性にも優れる優秀艦であった。現場からは歓喜ので迎えられ、増産を望むも上がっていたが、本格的な量産はされず打ち切られてしまった。18隻の呂35は全て最前線に投入され、呂50以外は全て戦没。戦争を生き延びた呂50も、ローズエンド作戦によって没処分の運命を辿った。

諸元は排水量960トン、全長80.5m、全幅7.05m、水上19.8ノット、水中8ノット、航続距離は16ノットで5000里、安全潜航深度80m、乗員61名。

戦歴

1941年度マル五計画にて、VI二等潜水艦として建造が決定。1943年2月18日、玉野造所にて起工。11月27日に進し、1944年7月31日工した。工後、訓練部隊の第11潜戦隊に編入。

1944年11月5日、第6艦隊第34戦隊に転属し、いよいよ最前線に投入される事になる。11月19日を出港。フィリピンに続々と増援を送るアメリカ軍を攻撃するため、ルソン東方に展開する。しかし11月22日、あろう事か味方の水上機から爆2発の投下を受け、緊急潜航。幸い命中はしなかった。11月25日ラモン湾北東を中、13号電探が敵艦載機を捕捉。5時間に及ぶ追跡のすえ、敵機動部隊を発見する。空母3隻、戦艦8隻を含む敵艦隊は輪形を敷いていた。薄しつつ潜望を上げ、敵空母に向けて4本の魚雷を発射。爆発音を聴音したが、アメリカ側の資料によれば沈没艦はかった。12月27日へ帰投。

1945年1月23日を出撃。再びルソン東方に進出する。2月1日、敵を捕捉。撃準備に取り掛かったが、相手が病院だったため中止。2月3日には駆逐艦ティスデイルに発見され、爆攻撃を受ける。損傷しながらも何とか離脱に成功した。2月10日午前8時5分、スリガオ東北東にてレイに向かう敵団を発見。魚雷4本を発射し、戦車揚陸艇LST-577を撃破。のちに撃沈処分へと追いやった。しかし敵護衛艦から執拗な攻撃と追跡を受け、実に13時間の潜航を強いられる。日没後に浮上するも、21時10分に駆逐艦イシャーウッドに捕捉され、急速潜航。至近距離で爆が炸裂したため、潜望バラストタンクの弁が破損。浸を引き起こした。ボロボロになりながらも離脱には成功し、南西諸2月14日に帰投命を受け、本土をした。入港を控えた2月19日九州南部日本軍機の誤爆を受けたが被害はなし。翌20日にへと入港、のちに舞へと回航された。

4月20日、舞を出撃。豊後を通って北大を開始した。28日、機動部隊の音響を探知するが、遠すぎて攻撃は出来なかった。今回のでは戦果はく、5月4日へ帰投。舞に回航された。5月29日、舞を出撃して東シナで活動。6月6日台湾東方に移動し、ウルシー・沖縄間の航路に配備される。を続行したが敵を発見できず、7月3日に舞へ帰投した。

8月11日に舞を出港、作戦に必要な人工重油を得るため大連に向かい、翌12日に到着。ここで8月15日終戦を迎えた。第34潜戦隊は解隊され、第15潜戦隊に編入。11月30日、除籍。進駐してきたアメリカ軍によって潜水艦は逐次佐世保へと集められた。

1946年4月1日ローズエンド作戦により長崎県五島列島没処分となった。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%91%8250
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

呂50

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 呂50についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!