オジマンディアス単語

83件
オジマンディアス
4.6千文字の記事
  • 15
  • 0pt
掲示板へ

オジマンディアスとは、古代エジプトファラオの一人、ラムセス2世ギリシャ語での名前である。ラムセス2世に関しては該当記事参照。

また、そこから生して以下のものをす。

曖昧さ回避

  1. オジマンディアス() - イギリス詩人シェリーによるオジマンディアスの栄枯盛衰を描いた
  2. オジマンディアス(アメリカンコミック) - DCコミックスが発行したコミックウォッチメン』に登場するキャラクターこの記事で記述
  3. オジマンディアス(ブレイキング・バッド) - 海外ドラマブレイキング・バッド』第5シーズンエピソード14のタイトル。1のに発想を得ている。
  4. オジマンディアス(Fate) - TYPE-MOONによる『Fateシリーズに登場するキャラクターラムセス2世本人。ライダー(蒼銀のフラグメンツ)の記事参照。

 


「オジマンディアス」とは、DCコミックスアメコミ作品及び映画ウォッチメン」に登場する元ヒーローの実業であり、人類史上最大のジョークを遂行・達成した男である。

”その計画とは、史上最大の詐欺だ。世界を武定することができないなら、全人類を残らず騙して統一に追い込もうとしたのだ”

概要

能力

Dr.マンハッタン」以外は、異ももっていないと言うウォッチメンユニバースにおいて、

  • 世界で最も賢いと言われる頭(常人の10倍以上)
  • ポテンシャル100%まで引き出す事ができる鍛えた体(発射された弾丸を掴みとれる)

武器に活躍していた文武両ヒーローである。簡単に言うと頭の良い北斗神拳の達人。

コードネームの「オジマンディアス」は、傾倒する「ラムセス2世」のギリシャ語名。

ウォッチメンに登場する他のメインキャラクター同様、チャールトコミックスヒーロー元ネタとなっており、ヒマラヤの僧院で鍛えてポテンシャルフルに使う事ができるようになったピーターキャノンこと「サンダーボルト」がオジマンディアスの元ネタである。

ヒーローと言う名の自警活動を引退後は、高い身体を活かしたアスリートとしてTVに出演しつつ、自らの知名度を活かしてアニメ玩具アパレルなど様々な事業で利益をあげて巨万の富を築き上げ、ボランティア活動にも積極的に協した事で、知体力・財・人格の全てにおいて人類最高の位置に立っている。

2008年には「フォーブス」が選ぶ架大富豪で第10位にランクインした。

来歴

本名は「エイドリアンヴェイト(Ardian Veidt)」。映画版では「マシューグード」が演じている。

1939年生まれ。幼少時から常人をえた頭により高い成績を収めるも逆効果になった事から、学生時代はな成績をとるように自らに強いていた。
17歳の頃に一生暮らしていけるだけの財産を残して両が他界し孤独の身になるも、自身のを試すために遺産を全て寄付した後に、アレクサンダー大王足跡を辿るに出た。
しかし、アレクサンダー大王が遠征した土地をめぐるの果てに大王もまた失敗者であると悟ったエイドリアンは、旅の途中麻薬をキメた際に見た幻覚からエジプトファラオ叡智に過ぎない事を知り帰した。

後、の中で精体を鍛えて100%ポテンシャルを発揮するを得ていたエイドリアンは、偉大なるファラオラムセス2世」のギリシャ語名である「オジマンディアス」を名のって自警活動を行うようになった。なおコメディアンとの最初出会った際にケンカ沙汰になっているが、人類最高の体を持ちながらもコメディアンのアッパーをくらって敗れている。

エイドリアンラムセス2世への傾倒ぶりは、ヒーロー活動時に着ていたスーツデザインの他、遺伝子操作で作り上げた巨大な牙の生えたバステト英語読みであるブバティスと名づけたり、南極に築いた研究所がピラミッドのかたちをしていて、建物名前ラムセス2世が着工したアメン大神殿を含む殿合体と同じ「カルナック」だったりする。この傾倒ぶりはパソコンパスワードにまでおよび、重要な機密が漏れる原因になったりしている(思いついたナイトオウルが偉いのかもしれないが)。

1966年に自警活動をしているヒーロー達(ロールシャッハや初対面で敗れたコメディアンも含む)を集めて「クライバスターズ」と言うヒーローチームを結成して犯罪者と戦い続けていたが、核戦争を止める事はできない現実コメディアンによりつきつけられ、このままではヒーローが必要とされなくなる時代が来る事を見抜いたオジマンディアスは、1975年ヒーロー活動の際につけていたマスクを外して正体を表して自警活動を行うヒーロー引退を宣言した。

※オジマンディアス引退の2年後の1977年に、自警活動を制限するキーン条例が可決され、チームは解散し、ナイトオウルシルクスペクター引退し、コメディアンアメリカ政府エージェントとなり、Dr.マンハッタンは特別扱いとなり、ロールシャッハ警察に追われる事となった。

ヒーロー引退後は、前述の通りの財産と名を築き上げ、ロールシャッハ逆な状態となっているが、ロールシャッハ自身はオジマンディアスのを認めており、その知恵を借りようとした事がある。

人類史上最大のジョーク

ウォッチメンにおいてオジマンディアスは正義ヒーローであり、作中最大の悪でもある。

コメディアンにより、犯罪者を捕まえる事はできてもソが対立していつ核戦争が起きるかわからない状況の世界を変えることができないと思いしらされたオジマンディアスは、ジョン・F・ケネディ暗殺やウォーターゲート事件の裏などを知るに至って世界平和には手段を選んでいてはいけない事を悟り、ひとつの計画を立案・遂行する為にヒーロー引退した。

”その時、世界が抱える問題の根深さを思い知ったよ”
”私の戦いは対症療法だった。病根を断つことはできない”

その計画とは、ソ以外の第三勢となる異次元からの脅威を作り上げ、その恐怖により未知の敵へ対抗する為に東西対立を終わらせて地球平和をもたらすと言うものだった。

※オジマンディアスの計画を知ったコメディアンは、その悪質なジョークっぷりに動揺し、計画が漏れないようにとオジマンディアスの手により殺されたところからウォッチメンは始まる。

「手に余る問題を解くには、正攻法では駄だ。ゴルディアスの結びで断ち切るような、飛躍が必要なんだ」

計画の為に巨万の富と名を確保したオジマンディアスは、Dr.マンハッタンに協するふりをしてそのワープを解析したが、Dr.マンハッタンが協していない時のワープ実験では、ワープさせた生物ワープ直後に死んでしまい、生きたままワープさせる事ができなかった。

その為、若くして亡くなった超能力ロバートデスチェインズの細胞を手に入れて培養し、ワープ直後に死亡すると同時にな精波を発生させて多くの人々を殺すイカの様な外見の兵器を作り上げ、イカワープ先をニューヨークに定めた。

イカの精波で死ぬまでのダメージをうけなかった者も、同時に用意していた芸術家達に作り上げさせた異次元世界幻覚を見せて精バランスを崩させて、離れた場所にいた者にも悪夢をみせ、異次元からの侵略者のイメージを植え付けると言うものだった。

すでに引退している上に計画にいナイトオウルシルクスペクターは放置されたが、イカの脅威を効化しかねないDr.マンハッタンは、彼とともに研究に従事していた者達に放射能をあびせてガンを患わせて殺し、その事でマスコミから突き上げをうけて人類に絶望したDr.マンハッタンを地球の外へと逃亡させ、自身の正義の為になにをするかわからないロールシャッハは、自らの暗殺騒動を自演して刑務所叩き込むと言う「犯人はオジマンディアス」な事がバレないようする計画を次々と実行。南極研究施設で自分の計画に協していた者達を殺して南極の中に閉じ込めた。

そして自らのラムセス2世への傾倒ぶりからパソコンパスワードがばれてしまった事で計画の一部を知ったロールシャッハとナイトオウルが、南極研究施設でやってきたところで、これらの計画の内容を二人にって聞かせた。そして計画を阻止しようとする二人に対して、すでに計画を実施した事も告げた。

「私は昔の活劇映画悪役ではないんだ。君たちに妨される危険が少しでもあるなら、こんな重大なことを得々と説明したかと思うかね?」
「35分前に実行したよ」

オジマンディアスの論見通り、イカ爆発した事によるニューヨークの殺戮によりソは協調して冷戦は終結し、地球平和が訪れようといしていた。

しかし、自身の正義から見過ごすわけにはいかなかったロールシャッハは「犯人はオジマンディアス」である事を表しようとするが、オジマンディアスの考えを理解はするが賛同はしないDr.マンハッタンにより殺されてしまう。

「私は、人類救済のために罪なき人々の屍の山を築き、踏みにじった。その罪業は間違いなく認識しているんだ・・・しかしかが、この大罪を犯さねばならなかった」

こうして地球平和が訪れた・・・しかし、オジマンディアスの計画の一部を知ったロールシャッハは、その事を知るした日記を信頼する新聞社(右翼系)へと送っていた。受け取られた当初はネタにならないと放置されていた日記だったが、冷戦が終わってソ連を悪く書くことができなくなった新聞社は、面を埋める為ネタいかとロールシャッハ日記を手にとるところで終わる。

果たして平和は守られたかはられない。

ドゥームズデイ・クロック

2017年11月、直接的な続編『ドゥームズデイ・クロック』が連載開始。
2016年に始まったDCユニバースの大規模クロスオーバーDCリバース』の一つであり、スーパーマンバットマンジョーカーなども登場している。

ウォッチメン』から7年後が舞台で、オジマンディアスの所業がロールシャッハが遺した手記から暴露された所から物語は始まる。「世界を騙した男」は一転して逃亡者となり、再び核戦争危機が迫る。
オジマンディアスは末期を患っており、何故か生きていたロールシャッハに対し、この事態を打破できる一の存在であるDr.マンハッタンを探すよう依頼する。
物語並行世界であるDCユニバースにも及び、アメリカ政府人(メタヒューマン)を生み出しているという陰謀論理論」を巡り、世界では人による軍拡競争が起きる。

ウォッチメン(TVドラマ)

2019年、「ドゥームズデイ・クロック」とは異なる続編「ウォッチメン」がTVドラマ化。全9話。

原作から34年後、2019年世界舞台。ニクソンの後にロバート・レッドフォード大統領当選し、アメリカリベラルに傾いた結果様々な制約が課されたディストピアと化している。
そんな中、郊外邸で優生活を送る老人が一人。使用人にかしずかれ、々自適の日々を送る彼こそが、かつてオジマンディアスと呼ばれたエイドリアンヴェイトであった。しかし「世界平和」への執着は消えておらず……

演じたのはジェレミーアイアンズ。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 15
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

的場均 (単) 記事と一緒に動画もおすすめ!
提供: 旅人
もっと見る

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

オジマンディアス

33 ななしのよっしん
2023/06/07(水) 22:40:32 ID: phSbU6l3si
世界一賢い男とかいう頭の悪そうな肩書すき
👍
高評価
9
👎
低評価
6
34 ななしのよっしん
2023/06/10(土) 20:23:40 ID: phSbU6l3si
世界一賢い男とかいう頭の悪そうな肩書き好き
👍
高評価
2
👎
低評価
5
35  
2023/08/26(土) 04:54:02 ID: 88KGBdJcxv
「起動した」なら使ってもいい
って感じか?
👍
高評価
0
👎
低評価
2
36 ななしのよっしん
2023/09/17(日) 15:54:13 ID: ycYy32+ruu
映画ではなく2019年からやってたTVシリーズでは本編の34年後くらいを描いたイフの世界ジェレミーアイアンズが演じるオジマンディアスが登場 イカ事件後の立ち位置なので色々と窮屈な生活を送りつつも原作コミック並みの天才チートを発揮して大暴れする凄いジジイになっていた模様
👍
高評価
0
👎
低評価
0
37 ななしのよっしん
2023/10/28(土) 01:37:01 ID: XNRcQBBzzT
演じるのがジェレミーアイアンズという時点で強すぎる>ドラマ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
38 ななしのよっしん
2024/01/25(木) 18:44:31 ID: HIVKCNm6PH
ラムセス2世って呼ぶ方が格好良いよね
👍
高評価
5
👎
低評価
0
39 ななしのよっしん
2024/04/12(金) 10:19:14 ID: hu9OS4M8nt
元ネタは未履修だから憶測なんだけど映画の方で「私はコミック悪役とは違う」と言ってるってことは原作コミックの方だと「私は映画の~」なのかな?
👍
高評価
4
👎
低評価
0
40 ななしのよっしん
2024/04/12(金) 12:22:17 ID: NiwxmNbO16
>>39
正にそのとおり
「私は昔の活動映画悪役ではないんだ。」
👍
高評価
7
👎
低評価
0
41 ななしのよっしん
2024/04/12(金) 13:40:16 ID: hu9OS4M8nt
>>40
あーやっぱりそうなんだ。そういうメディアミックスならではの小ネタとか大好きだからそうだったらいいなと思ってたんだ
前から興味あったし映画を観ることにするよ。教えてくれてありがとう
👍
高評価
3
👎
低評価
0
42 ななしのよっしん
2024/04/12(金) 19:18:06 ID: Q6vz8SyFgd
>>40
レスで失礼
もし映画を見て気に入ったら原作コミックも読んでみてほしいな
コミック出版されたのが1987年と結構前だし政治もあるけど、「読後に考えさせられる、惹かれてしまう」パワーのこもった作品なので...
👍
高評価
3
👎
低評価
0