編集  

駆逐艦単語

クチクカン

駆逐艦Destroyer)とは、軍艦の一種である。

概要

第二次世界大戦以前・以後で性質が大きく変わる艦種である。
ごくごく乱暴に書けば、戦前駆逐艦は「軍のフネでは下っ端の便利屋」、戦後駆逐艦は「質・量ともに実質的な軍の役、何でもこなす汎用艦種」である。

どちらの時代の話題であるかをよく確認して使おう。

歴史

19世紀半ばに実用的なTorpedo、いわゆる魚雷)が開発されると、それを搭載する艇(Torpedo Boat)という小・高速の軍艦が登場した。

艇はその高速を生かして戦艦薄し、その必殺の魚雷で撃沈をす、というコンセプトで建造されたが、これは当の戦艦からみると大変な脅威であった。戦艦の巨大なは軽快に動く艇を撃つには全く不向きであったし、浅い沿域や泊地で襲われると浮かべるもただの鈍重な的でしかないからだ。

艇に対抗する艦種として重武装な小艦「艦」も誕生したが、20~26ktで航行する艇に対して艦は18kt程度と速度が低く、対艇艦種としては役に立たない艦に終わった。

水雷駆逐艦の誕生

そこで、艇に対抗するために考案されたより高性な艦種が駆逐艦Torpedo Boat Destroyer)、のちの駆逐艦であった。駆逐艦はその名が表す通り、艇を駆逐するために生まれた軍艦で、1894年にイギリスで建造された「ハヴォック」がその嚆矢だと言われている。
その誕生には、後に戦艦の建造にも大きく関わるジョン・アーバスノートフィッシャー卿も大きく関わっていた。

ハヴォック排水量240tと当時の標準的な艇の2倍ほどの船体に12ポン魚雷を搭載し、機関にコンパクトでありながら大容量の蒸気を発生させられる最新鋭の管ボイラーを搭載した結果、27ktという艇に勝るとも劣らない速を発揮する艦だった。こうして生まれた駆逐艦であったが、実際に使ってみると非常に使い勝手の良い艦だった。小ゆえに外洋航行に著しく欠けていた艇(元が沿防衛、泊地奇襲用途のため仕方がないのだが)にべて駆逐艦艦に随伴可最低限の外洋航行を有していたし、その高速は攻撃・・護衛など、あらゆる任務に耐えうる汎用性を与えた。

さらに、その高速を以て搭載した魚雷で敵戦艦を攻撃するという、本来なら駆逐すべき艇の任務すら与えられ、艇の存在意義をほとんど消し飛ばしてしまい、本当に「艇」を「駆逐」してしまうほどだった。

水雷駆逐艦から駆逐艦へ

このようにして誕生した駆逐艦だが、その多用途性から単に「駆逐艦」とだけ呼ばれるようになり、次第に軍の中で重要な艦種として扱われるようになった。

実際、1914年に勃発した第一次世界大戦ではドイツのU-ボート対策として駆逐艦は爆とソナーを積み潜水艦狩りにも投入されており、この頃になると各軍にとって駆逐艦はなくてはならない存在になっていた(後年結ばれたロンドン軍縮条約では駆逐艦の保有数が制限され、各を左右する大きな要素の一つとなっている)。
この時代に登場した空母、そこから発進する航空機という新たな脅威にも駆逐艦は柔軟に応え、艦隊や商船団を敵機から守る対の任務も与えられた。

戦後・現在

以上のような経緯で、次第に重要な軍艦と見なされるようになった駆逐艦だが、第二次大戦後、その地位は決定的となった。ミサイルの登場である。
ミサイルにより駆逐艦はかつての戦艦以上の対艦火力と、艦載戦闘機に迫る対、ソナーや対潜ミサイルをはじめとする強な対潜捜索・対潜火力を与えられ、対艦・対・対潜、さまざまな任務に投入できる汎用艦種としての立場を確立し、軍の水上戦闘艦艇戦の中心を担うようになった。第二次大戦後、戦艦巡洋艦といった大水上戦闘艦艇が姿を消し、駆逐艦空母潜水艦軍のとなったが、空母潜水艦はどこのでも作れるわけではないからだ。
つまり、駆逐艦は(フリゲートと並んで)軍の艦の位置を占めるようになったのである。

もちろんこの背景には、駆逐艦が対艦、対潜、対、更にはミサイルラットフォームとして多くの任務をこなす汎用性を備え、何よりそれらの変化に高いコストパフォーマンスで対応できたからに他ならない。そして、最近では対弾道ミサイルすら獲得した駆逐艦軍の中心を占める姿は当分の間かわらないだろう。

駆逐艦の記事一覧

軍用艦艇の一覧も参照。

日本(旧海軍)

海上自衛隊駆逐艦に当たる艦種は「護衛艦」を参照。

アメリカ

ロシア

欧州

アジア

フィクション
(宇宙船含む)

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%A7%86%E9%80%90%E8%89%A6
ページ番号: 3841815 リビジョン番号: 2540592
読み:クチクカン
初版作成日: 09/06/28 22:08 ◆ 最終更新日: 17/11/15 20:19
編集内容についての説明/コメント: 概要と歴史に加筆
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


駆逐艦 浦波

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

駆逐艦について語るスレ

116 : ななしのよっしん :2018/08/27(月) 13:37:53 ID: GzcPDhHE6R
>>115 自己レス
じゃないは弊が大きすぎる気がするから、取り消しとくわ
訂正しようにもうまく表現できんが
117 : ななしのよっしん :2018/08/31(金) 18:03:23 ID: P+aMHE1ELa
>>115
取り消すわ、と言ったレスに言うのも失礼だとは思うが、アンカー貰った以上一応ね
そもそも駆逐艦と言う名称が現状とそぐわないから、と言うのが旨なので
そこで「駆逐艦と言う言葉はこうだから」と言われても根底から筋違いなのだが・・・
句に拘ると本来は駆逐艦なんだから、句通りの性だった時代なんてすごく短いのよ?
ましてや日本の艦隊駆逐艦とか1920年代から攻撃役としての運用がだったわけで。

駆逐艦をあくまでではない護衛だ、と言うのはそれこそありきの話。
かつて確たるだった戦艦は今はく、空母を持ってるもごく僅か。
そんな中で最大級の戦闘艦艇である現代の駆逐艦/巡洋艦が「でない」と言うのは間違いでしょと

護衛的役割もこなせる汎用性の高い艦艇ってのが今の駆逐艦/巡洋艦なのであって
護衛的役割をこなしてるからでない、と言うのはやはりおかしいよと
118 : ななしのよっしん :2018/09/01(土) 14:22:35 ID: GzcPDhHE6R
>>117
これ言うと怒られる気がするがは後方の浮沈空母から出撃する航空機ではという思惑が多少あってw
艦艇内で最有という意味ではだし、こちらが当初思ってたより対艦対地攻撃も充実しているように感じたのもあって取り消したけど、
元々は>>114戦車になぞらえる感じで「」と書いてあったので、カテゴリとしての「戦車」は単に編制上の中心という意味ではなく「中核機甲戦の役割」を強く意識したやや限定的性格も持つ名称なので、もっと汎用性の高い戦闘艦艇のカテゴリ名称として「」を使うと個人的に変に感じたという程度の意味
ただ、実際にそういう名称が付けば実態に即して「」が定義されるだけだろうし、気にする事でもないかとも思った次第
119 : ななしのよっしん :2018/09/01(土) 15:02:35 ID: GzcPDhHE6R
戦闘艦」に近い趣旨の名称なら上に出て来た「汎用戦闘艦」のがよさそうと個人的には思う

駆逐艦の名称と現状がそぐわないかについては、うーん、ちょっと考えがまとまらんわ。すまん
120 : ななしのよっしん :2018/09/03(月) 15:28:24 ID: P+aMHE1ELa
>>118>>119
>は後方の浮沈空母から出撃する航空機ではという思惑が多少あってw
空母保有してない全ての軍関係者から怒られるぞ、絶対w軍も官僚だ、と言えば理由は分かるな?

>「中核機甲戦の役割」を強く意識したやや限定的性格も持つ名称なので
それこそ戦車意を全に間違えてるんだが。君の言ってるのは「重戦車」だ
偵察用の軽、汎用機甲戦の中、中核機甲戦(重突破戦)の重を統合して誕生したのが「戦車
従来のあらゆる戦車運用に耐える最有機甲戦だから「」なんだよ。
こちらの例えである「戦闘艦」をその意味から否定してるなら、根底から間違ってるよとしか

>「汎用戦闘艦」のがよさそうと個人的には思う
余程特化しない限り戦闘艦艇のほぼすべてが当てはまるから種別として成立しないぞそれじゃ
121 : ななしのよっしん :2018/09/03(月) 21:50:57 ID: iPnIeXUuo1
>「戦車」~中核機甲戦の役割」を強く意識したやや限定的性格も持つ名称なので
少なくともこれは明確な間違いだな

wikiもずばり「戦後戦車められるあらゆる任務をこなせるように」とあるように
全ての戦車の任務をこなせる攻防速を全てえ、細かな分類を過去にしたのが戦車だから
限定的な性格なんてめたらそれ以外の戦車運用には別の戦車を作るかしなきゃいけなくなり
そうなると結局、重戦車と中戦車に分化し退化する事にしかならない。つまりそれは戦車じゃない。

大体、現代だと戦車っ向の戦車戦なんてやる機会は少なく
地をとした掃討戦をする方が余程多く、偵察・歩兵随伴・補給線護衛等文字通り何でもござれ
冷戦期においても、初期戦車時代の中核機甲戦たる重戦車(M103・コンカラー等)は結局
使い勝手が悪すぎて大して出番のいまま第二世代に喰われて消滅している。
122 : ななしのよっしん :2018/09/04(火) 02:36:40 ID: GzcPDhHE6R
駆逐艦の地位はかつての戦艦巡洋艦の役割自体が減ったからで駆逐艦に統合されたからとは言えないのでは、というのが根本にある
(大駆逐艦と小巡洋艦に関しては戦時中の時点でほぼ近接したように思うけど)
こちらの認識が変だとしたらここだろうと思う

戦車戦車のあらゆる役割をこなすというのは同意。限定というのはむしろ「そうでなければと言えない」というつもりで…日本語変か。偵察、歩兵支援、緊急展開等に限れば代替車両もあり得るけれど、戦車の役割全体を担えなければ戦車と言えない…どうも堂々巡りしてるな
過去戦艦や一部国家空母のような確たるとしての機を代替しているだろうかなどと考えていたが、自分の水上戦の最新知識や「」等用認識への不備を痛感する
123 : ななしのよっしん :2018/09/04(火) 02:52:11 ID: GzcPDhHE6R
積極的な状況打破や(他であれば)海外展開については
潜水艦航空機揚陸艦(冷戦期は加えて対艦軸の大ミサイル巡洋艦)を軸とし、
駆逐艦はこれらの護衛や接近拒否、、協同を前提とした攻撃、優勢状況における追撃戦等に使われるワークホースとしてのイメージだった

>>120 蛇足だが
>空母保有してない全ての軍関係者から怒られるぞ、絶対w軍も官僚だ、と言えば理由は分かるな?
そうゆう意味だと、空母保有してる軍でも同種の艦を使ってる事考えると、の名称は官僚的にはヤブヘビな別の問題が起きそうだがw
124 : ななしのよっしん :2018/09/06(木) 21:49:50 ID: iPnIeXUuo1
>>122
>限定というのはむしろ「そうでなければと言えない」というつもりで…日本語変か
変と言うか戦車の運用性の高さを分かってないとしか。
「偵察、歩兵支援、緊急展開等なら代わりが居る」と思ってるからなんだろうけど
携行対戦車兵器が強になった現在、偵察、歩兵支援、緊急展開にしても戦車以外では甚だ不足
戦車戦抜きにしても、有効な支援火力、不整地機動、防御めると結局戦車になる
一見代替できそうな16式機動戦闘車のような装輪戦闘車両も、
防御戦車べ物にならない位低く、かつ装輪だから機動性を発揮できる場所は格段に選ぶ

戦車と言うものをもう少しよく理解すれば、戦車の「」の意味を再認識できるんじゃ?
今のところ方が捉えてる「」の彙は、かつての艦(戦艦)の「」の意味から抜け出せてない。
125 : ななしのよっしん :2018/09/07(金) 10:39:07 ID: P+aMHE1ELa
>>122
>現駆逐艦の地位はかつての戦艦巡洋艦の役割自体が減ったからで駆逐艦に統合されたからとは言えない
戦艦巡洋艦の役割が減ったと言う根拠がまったく分からん。
かつて両者の担ってたものは外洋活動のほぼすべてなんだが
駆逐艦が大化するまでは、そもそも外洋活動できる水上戦闘艦が両者しかないのだし)
役割が減ったと言えるのなんて、戦艦の戦略兵器的性質位な物だろう
(これにしても巡航ミサイルを搭載した駆逐艦なら担える範囲だが)

>限定というのはむしろ~
限定と言う言葉を使った時点で間違いは否めないよ。限定しないのが戦車なんだからね
「そうでなければと言えない」なんて言うけど、
偵察、歩兵支援、緊急展開等だって出来なきゃ戦車とは言えない。どれも出来て初めて戦車
もう一度言うけど、君の言う定義に限定したらかつての重戦車まで退化する事になるよ
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス