魚雷単語

ギョライ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

魚雷(魚型水雷)とは、水中を進み着弾すると爆発を起こし船舶を破壊する兵器である。の一種。

概要

爆発物を水中爆発させることで艦船を破壊する「」は、まず静止、すなわち機として発達した。次に出現したのが「外装」で、長い棒の先に火薬缶を取り付け、ボートで敵艦に近づいて喫線下に突っ込んで爆発させたり、艇の後方に爆薬航して敵艦のわきをすり抜けつつ爆発させる、といった方法が取られたが対策が行われて19世紀末にはれた。オーストリアのルピス少佐は別の兵士官の人外艇の構想図を見て興味を抱き、独自にボートを作って実験したが、採用には至らなかった。ルピスの相談を受けたホワイトヘッドはこれは人潜航艇にすべきと考え、独自に魚雷を完成させた。その後良を加えたものがオーストリア海軍によって試験され、1868年に採用された。[1]

魚雷の登場は20世紀の戦に大きな影を及ぼした。陸軍歩兵連隊と海軍戦艦は、それぞれ千数名の兵員で構成される戦闘単位である。しかし歩兵小隊歩兵連隊を一撃で全滅させる武器など考えられないのに対し、20世紀の戦艦には、潜水艦艇、飛行機が放つ、たった1発の魚雷で沈んでしまう可性が生じたのである。[2]

初期はろくな安定か装置もなかったため射程や進路の安定性が悪くお世辞にも使い勝手のよい兵器ではなかったが、第一次世界大戦の頃になるとジャイロによる姿勢安定が可になり進路の安定性がかなり善された。しかし信管の不具合に起因する爆や不発は第二次大戦の後期まで各海軍で多発しており、信頼性のある兵器とは言えなかった(特にアメリカのMk.14魚雷は酷かった)。誘導は第二次世界大戦末期まで実用化せず、それまで魚雷はっ直ぐ進むことしかできなかった。そのため扇状に複数本発射するのが普通だった。

第二次世界大戦後、レーダーミサイルの発達により速度と射程に劣る魚雷は潜水艦兵装、そして水上艦艇の対潜兵器としてのを歩むようになった。

区分

魚雷はまず大きく分けて短魚雷と長魚雷にわかれる。ただしサイズや時代でまちまちである。

  • 長魚雷
    較的長く大きくて長射程の、対艦用の魚雷である。第二次世界大戦頃までは水上艦艇の兵装として長魚雷も多く搭載されていたが、レーダー対艦ミサイルの発展によりそれらは姿を消した。また航空機用の長魚雷も同じようにかつてのだったが、航空魚雷は敵艦に対し一定の姿勢と高度を保ち、接近して投下する必要があるためこれもレーダーと対兵装の進化によって姿を消した。その一方で潜水艦用の長魚雷は誘導装置を積んだ上で兵装としての座を保ち続けている。
  • 短魚雷
    較的短くて小さい短射程の、対潜用の魚雷である。短魚雷は誘導装置が実用化し潜水艦に対する有効な打撃を得てから生まれた魚雷であるため長魚雷に歴史が浅い。現在に代わって水上艦艇や航空機の対潜兵器としての座にある。水上艦艇からの場合ただ発射装置から上に投げ出すだけではなく、射程を伸ばすためロケットの先に魚雷を積んだ対潜ロケット、VLSから発射するため対潜ロケットに誘導装置を付けた対潜ミサイル(アスロック)など発射方法に工夫がされることもある。 また変わり種としては、Mk.60 CAPTORがある。この機、実はMk.48に筒状のカバーをかぶせたようなシロモノで、標がくると魚雷を発射する。という形となっている。

    現在、考えられている交戦エリアが沿域に近くなるだろうという点から、浅深度運用が可な(それだけ高度なセンサー系が必要となる)短魚雷などが開発・運用が行われている。海上自衛隊の12式魚雷が代表例。

推進システム

初期は圧縮空気アルコール圧縮空気セットヴァルター機関などが動として使われていたが、現在では蒸気タービン、ガスタービン、電池、化学反応によるクローズサイクル機関などが動として使用されている。この中でも日本的に有名なのは第二次世界大戦中の燃料の化剤に純酸素を利用する酸素魚雷であろう。推進機は現代ではスクリューだけにとどまらずウォータージェットも利用されている。

速度もまた高速化をたどっており、第二次世界大戦酸素魚雷(93酸素魚雷1)で大体速度は36~48ktとされているが、現在の魚雷速度軍事機密により中々明らかにされていないが、英国のスピアフィッシュ魚雷で80kt(150km)とされているが偽のほどは定かではない。最近の魚雷の航続距離は種類、用途によって異なるが大体30kmオーバーとされている。

さらには泡での抗を減らすスーパーキャビテーション現を利用し、先端から発生させた泡で魚雷を覆い、ロケットで推進することにより200ノット(時速370km)以上で爆走するロシアのシクヴァルという魚雷もある。もっとも、こんな速度で運用するわけでまともな誘導は期待できず、核弾頭の搭載が検討されていた(つまり命中なんて度外視で核爆発…)。ついでに射程距離も12km相当とされており、かなり使いが限定されるシロモノである。

誘導装置と対抗手段

魚雷の誘導方法は潜水艦などと同じく音響誘導であり、魚雷に内蔵されたアクティブ/パッシブソナーが誘導装置として利用されている。中には有線誘導可な魚雷もあり、その場合は射程などとの引き換えに母艦の強なソナーを誘導に利用できる、ダミーを母艦の操作要因が判別できる、離れた場所に対する母艦として利用できるなどの利点がある。

誘導の場合、高速航行のためソナーの探知範囲が前方にかなり制限される。そのため航空機用の短魚雷は探索のためその場をぐるぐる回る行動をとるなど、事前プログラミングによるパターン行動が可となる。変わり種としては水上艦艇が航行する際に発生する航跡(ウェーキ)で生じる気泡を追跡して艦を探す、ウェーキホーミングがある。

なお最もく配備された誘導式魚雷は、ナチスドイツのパッシブホーミング魚雷G7esシリーズであり、アクティブホーミング魚雷や有線誘導も配備は間に合わなかったものの開発が行われていた。この魚雷が配備された際、連合軍はすでにスパイなどから情報を得ており中で雑音を発生させるダミーでこれに対処した。しかしこれに対しナチスドイツはダミーを判別しかく乱されないを配備するなどここだけなにやら次元の違う魚雷戦が行われている。ナチスの科学は世界一チイイイイ!!

最終的にドイツ以外で第二次世界大戦中に誘導魚雷を配備できたのはアメリカだけだった。

魚雷に対する対抗手段(カウンターメジャー)の代表例としてはデコイと呼ばれる音響を攪乱するノイズメーカーマスカーと呼ばれる微小な泡で船体をつつみ音響反射を防ぐ、あるいは雑音を出さないといった方法のほかに、母艦同様の音響を発信する囮魚雷といった方法がある。また、敵の発射した魚雷に対し迎撃することを念頭に置いた魚雷(対魚雷魚雷…ATT)も近年は存在するのだが、高速小の魚雷を追尾することの困難性はいうまでもない。ロシア系列の海軍ではいまだに対潜(対魚雷にも使えるとされる)ロケット弾が装備されているのだが、有効性はどうだろうか…。

破壊力

基本的に今も昔も一撃必殺級である。

魚雷は水中爆発し、その爆発の際に発生するバブルパルス衝撃で船体を破壊する。このとき喰らった艦艇は水中部分にぽっかりと大穴が開く上に、衝撃により船の背といえるにすら大きなダメージが及ぶことも多い。被弾してが浸入しようものなら運良く沈まなくてもその運動性は大きく減じられる。おまけに最近は命中直前に深度を深めにとり、艦底爆発を行う魚雷まで流になってきている。

対抗策としては船体部分を小さな部屋で区切って浸を最小限に抑えるなどの方法があるが、これも限界がある。しかも水中という特殊環境ゆえに、対艦ミサイルと違って対抗手段が限られてくる。これが現在でも潜水艦が魚雷を兵装とする理由の一つである。

弾頭は水中バブルパルスを発生するのに適した炸となっている。現代では複殻化した潜水艦に対抗するためHEAT弾頭を積んだモデルもある。

なお余談だが、昔々のひんがしの一撃必殺級であるはずの魚雷を20本近く(他にも爆弾17発)喰らってようやく沈んだお船があるとかないとか。

その他

CAPTOR

Mk46魚雷をカプセルに入れて海底に設置できるようにしたもの。搭載した音響センサは水上艦艇と潜水艦を識別でき、潜水艦を探知すると魚雷が自動的に発射され、最大10kmまで追跡する。理論上は半径約10km以内の潜水艦を撃破できるので、戦争が起きた場合はソ連潜水艦が通過する峡や狭い路に設置することで短時間に「機原」を敷設できる。艦船や潜水艦からも敷設できるが、B-52なら18発、P-3A-6A-7はそれぞれ6発搭載できる。[3]

関連動画

関連項目

脚注

  1. *「魚雷の発達史」世界の艦船 1976年11月
  2. *日本海軍兵備再考」兵頭二十八/宗像和広 銀河出版 1995 p.112
  3. *「第8章 対戦略潜水艦作戦オーエンウィルクス 世界週報 臨時増刊号 1979

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E9%AD%9A%E9%9B%B7

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

魚雷

68 ななしのよっしん
2019/05/11(土) 10:27:41 ID: Lshamcvhs2
魚雷を誘導するときのアクティブ式とパッシブ式はそれぞれどういうメリットデメリットがあるのでしょう?
69 ななしのよっしん
2019/05/28(火) 20:06:44 ID: LhcnS/6Nti
>>66
ここに限らず日本スゲーしたいだけって感じなのは多いね。日本は上手くいった所だけ紹介して、米軍の活躍は極端に省かれてることが多く、結果「米軍雑魚」「物量だけ」と勘違いされる。
70 ななしのよっしん
2019/06/19(水) 22:49:42 ID: oKo+N5J9eN
ソ連ならまだしも、「米軍雑魚」「物量だけ」なんて普通人間は考えねーよ。武蔵が多数の魚雷を喰らった末に沈んだの”事実”だろ。

普通は『大和ってすげー』って思うだけで、それに対して『いやいや、大和だけじゃないよ』って思うなら『魚雷を15発喰らってようやく沈んだ空母もある』って一文付けたしゃいいだけじゃねーか
71 ななしのよっしん
2019/07/20(土) 13:49:39 ID: MjT6RXZ51c
ホーネットに関しては単に米軍側の自沈処理がずさんだっただけなのをやたら持ち上げられてる感あるからな
最初に受けた航空魚雷2本で前部機関室が全損し機も故障、前部電気室も機を停止し復旧作業に支障をきたし遂に復旧する事はできなかったんだし
72 ななしのよっしん
2019/12/15(日) 19:21:19 ID: EtRmbmLN1g
最大級の戦艦を造ってしまったのと、数多の航空攻撃を受ける事になってしまった末は、単純にスゲーだけの話で終われんしなあ…

実際の所、当時の戦艦航空魚雷関係を表す手なエピソードを何か一つ入れとくのはいいんじゃないか
武蔵に限らずあの頃の戦艦はそう簡単には沈まなかったし、ただどっちの兵器も現代の系譜に繋がらない歴史徒花的な部分もあるから、あまり長々と事例を並べる必要性も薄いと思う
73 ななしのよっしん
2019/12/16(月) 14:49:37 ID: EtRmbmLN1g
そもそも魚雷迎撃用魚雷ニュース記事読んでここに来たの忘れてた
潜水艦との戦いが変わるか?とか書かれてたけど、どうなんでしょう?
SAM合戦みたいな様相になるのか、そこまででもないのか、別の特集記事だと水上艦の生存向上より潜水艦搭載魚雷の小化の意味で効果が高きような書き方だったけど
74 ななしのよっしん
2020/03/10(火) 08:39:26 ID: nWxki2uDQx
18式魚雷って酸素魚雷に先祖返りしてたんっすね
75 ななしのよっしん
2020/11/14(土) 04:03:27 ID: mOS5FMeEPj
>18式魚雷って酸素魚雷に先祖返りしてたんっすね

言ってる意味がわからん。
18式は89式と機関部は共通してるから燃料はオットーフューエルだし89式は開発の端緒になった魚雷はMk48魚雷だから酸素魚雷とはマジで1mmもつながりはない。
76 ななしのよっしん
2020/11/14(土) 04:14:26 ID: mOS5FMeEPj
魚雷を誘導するときのアクティブ式とパッシブ式はそれぞれどういうメリットデメリットがあるのでしょう?

パッシブ式は敵のデコイ等対魚雷防御を母艦のソーナーで聞き分けることが出来るから当てやすいそれに発射母艦が誘導するから狙った艦だけ撃つことができる。
デメリット母艦が誘導するから発射後に急な操艦ができない為相手から見つかっていると攻撃を受ける。
アクティブ式は発射してそのまま逃走する発射後即離脱が出来るから逃げやすい。
デメリット魚雷の性にもよるけどデコイに騙されやすい事と敵が艦隊行動を取っている時には細かく標を選べにくい。
77 ななしのよっしん
2020/11/14(土) 09:22:05 ID: mOS5FMeEPj
>>74の書いてる意味が分かんなかったけど軍事系のブログとかでここの書き込みでヴァルター機関採用とか書いてるいたのか。
実際には魚雷本体はほぼ89式のまま。センサ類や誘導プログラム良とかがメインだったよ。