梶本隆夫単語

カジモトタカオ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ
プロ野球選手一覧 > 梶本隆夫

梶本隆夫1935年4月8日2006年9月23日)とは、通算で254勝を挙げ、弱小時代の阪急ブレーブスを支えた大投手である。

現役引退後は阪急で長らくコーチを務め、多くの投手の育成に携わった。

概要

OB
梶本隆夫
基本情報
出身地 岐阜県
生年 1935年4月8日
身長
体重
186 cm
75 kg
選手情報
投球・打撃 左投左打
守備位置 投手
プロ入り 1954年
引退 1973年
経歴
選手歴 監督コーチ
プロ野球選手テンプレート

幼少期、年の離れた野球を教わった梶本は野球に熱中し、中学では周りよりも体が大きかったため打者としてプレーすることが多かったが、高校ではチーム事情から投手に転向、しかし甲子園には惜しくも届かなかった。
梶本は当初大学に進学し、業のミシン業を手伝うつもりでいたらしいが、梶本の才を付けた巨人阪急中日スカウトが挨拶に訪れる。
梶本はの勧めで契約が一番安い阪急を選択し54年に入団、高卒新人にもかかわらず開幕投手に選ばれる。パ・リーグの新人投手の開幕投手は56年:牧野紳、58年:杉浦忠2013年則本昂大などがいる)

開幕試合で事に勝利した梶本は順調に勝ちを積み重ね、新人ながらオールスターにもファン投票一位で選出、この年は20勝の挙げるが、新人王は26勝を記録した宅和元に譲った。

56年は自己最高成績となる28勝を挙げ、リーグ最多となる327奪三振を記録する(当時は表なし)が、大映の三浦方義が記録した29勝には届かず最多勝は獲得ならず、57年は24勝を挙げたほか、南海戦で9者連続奪三振という大記録を達成、この試合では10人投手皆川睦雄と対決するが、通算で12本塁打を放つ等意外と打撃のうまい皆川に安易にストライクを取りに行ったところを狙われセンターフライを打たれてしまった。なお、この1年後に土橋正幸も9者連続奪三振を記録している。
 
59年は6月12日近鉄戦において9回2死までノーヒットに抑えていたが、最後の打者である関正治に安打を打たれ大記録は逃した。

この頃の阪急打線など多くの問題を抱えており、エースの梶本であっても負け越すことはしくなく、59年から66年の間は61年を除いてすべて負け越している。
そんな打線に奮起してもらうため63年の5月12日、当時の監督であった西本幸雄は梶本を「3番・ピッチャー」で先発させる。ちなみにこの5日前には近鉄戦において満塁から走者一掃のタイムリーを放つなどの活躍を見せていたため、ある程度の期待も込められていたと思われる。
かしこの策はうまく機せず、結局梶本は9回を投しながら味方の守備にも足を引っられ6失点、打撃でも3打数安打と結果を残せなかった。
ならばと西本監督はこの試合が終了した20分後に行われた東映との第二試合では「3番・ファースト」で梶本を先発させ、梶本は尾崎行雄から第二打席にタイムリーを放つも、阪急の得点はこの1点に終わり、試合にも敗れた。

梶本は63年から衰えが見えるようになり、66年には先に2勝を挙げて以降打線ともかみ合わず中々勝てなくなってしまい、それまでの13連敗という記録を更新して15連敗という不名誉な記録を打ち立ててしまった。
ちなみにこの年の成績は2勝15敗、防御率3.68という成績のためいかに打線が貧弱であったかがうかがえる。

しかし翌67年は初戦こそ敗戦投手となり、連敗記録を16に伸ばしてしまうが、新しい変化球を覚えるなどの努で、15勝9敗、防御率2.44の好成績を挙げている。

その後も73年もまで投げ続けるが、73オフ監督に新たに就任した上田利治から投手コーチ就任要請を受け現役を引退
通算成績は254255敗と名球会に所属する投手ではただ一人負け越している。

コーチとしては78年には当時を発揮しきれないでいた今井雄太郎を飲ませて登板させ覚醒のきっかけを作ると、79年~80年は阪急監督を務め、再び投手コーチに戻った81年には前年4勝13敗という成績に終わった佐藤義則に1ヵ付きっきりで導を行い理想的なフォームを体に覚えこませ、これまた佐藤を息の長い投手らせた。

98年から99年は中日コーチを務め、退任後はマスターリーグなどでも高齢ながら130140キロ代のストレート球場を沸かせた。

2006年、呼吸不全で死去、翌年には野球殿堂入り

人物・プレースタイル

この時代のエース投手にはしくタイトルを獲得するためのリリーフ勝利を嫌う選手であったため、200勝達成投手でありながらタイトル獲得は一度もない。(最多奪三振は2度あるが、当時は表規定がかった)
逆に他の投手勝利のためにリリーフをすることは多く、後年入団し「ヨネ・カジコンビ」と称されることになる米田哲也とはリリーフしたりされたりとライバルながら奇妙な関係にあった。
ちなみにプロ野球選手であるが、そのプロ勝利の際にもリリーフ登板している。
このような性格のため多くの選手から兄貴分のように慕われており、コーチ時代も人望は厚かった。

選手としてはゆったりとしたフォームから繰り出される快速球を武器にし、速球が衰えてくればカーブスライダーなどを新たに覚える等器用な選手であり、また一塁手として6試合、外野手として6試合に出場し、通算で13本塁打を放っており、敬遠も2度受けるなど打者としてもそれなりの活躍を見せた選手であった。

通算成績

投手成績

通算:20 登板 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 防御率
NPB 867 202 43 254 255 -- -- .499 4208.0 1244 2495 2.98

監督成績

通算:2年 試合 勝利 敗戦 引分 勝率
NPB 260 133 111 16 .545 Aクラス1回、Bクラス1回

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

梶本隆夫に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%A2%B6%E6%9C%AC%E9%9A%86%E5%A4%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

梶本隆夫

1 ななしのよっしん
2015/08/29(土) 21:10:16 ID: YxP608+HAl
亡くなる前に殿堂入りさせてあげたかったですね