編集  

西城秀樹単語

サイジョウヒデキ

西城秀樹とは、日本歌手である。

概要

1955年4月13日生まれ、広島県広島市出身

幼少期はアマチュアドラマーとして活躍。高校生のときにスカウトを受け、父親の反対を振り切って出同然で上。芸事務所「芸映」に所属が決まり、デビューを待つ日が続いた。
ちなみに、当初はプロドラマーとしての活躍を夢見ていたが、テレビから聞こえた尾崎紀世彦の「また逢う日まで」で歌への意欲を大きく刺されたという。

1972年3月シングルする季節」でデビュー。以後、絶唱と形容されるパワフルな歌唱、ときに軽量マイクスタンドなどを使ったアクションなど、当時は異色と言われた、全身で全ぶりを表現するスタイル人気を集める。
1973、74年と、ポピュラー系の歌手として初めて、2年連続で日本レコード大賞歌唱賞の受賞など、名実共にトップ級のアイドルだった。
1979年シングルYOUNG MANリリース時には、ゲイでもいいじゃないという原曲の隠しメッセージ青春賛歌へ書き換え、アクションも、観客も一体となって参加しやすいように工夫され、ディスコミュージックブームとも重なり、自身のシングルでは最高セールスを記録した。

一方で、デビュー直後から浅田美代子を頭でスカウト、ヒデキの分募集オーディションを開催、オーディション決勝には審員として顔を出すなど、後進発掘も積極的に行っていた。

1983年に芸映から円満独立後は、「ギャランドゥ」に代表されるような、ロック系の曲で絶唱が活かされるようになる。
1999年には、「∀ガンダム」前期オープニング題歌「ターンAターン」を歌ったことでも話題を呼ぶ。作曲者である小林亜星と、テレビドラマ寺内貫太郎一家」で親子役を演じていた縁からがかかったものである。

独立と前後して、1980年代から香港公式コンサートを行うなど、人気アジア圏へ拡大。ジャッキー・チェンとならぶ2大スターとも称されている。

2003年韓国での演直前に脳梗塞を発症。演中止こそしなかったが、すぐに帰して入院。リハビリの結果、1ヶで会見できるまでは回復したが、神経ダメージが残り、構音障を発症。しかし、損傷した神経の周囲を鍛えるトレーニングに取り組み、2006年には3年ぶりに新作CDリリースした。

2018年5月16日横浜市内の病院にて心不全の為死去、享年63歳。

関連動画

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%A5%BF%E5%9F%8E%E7%A7%80%E6%A8%B9
ページ番号: 4693283 リビジョン番号: 2591218
読み:サイジョウヒデキ
初版作成日: 11/08/07 05:44 ◆ 最終更新日: 18/05/20 20:02
編集内容についての説明/コメント: 削除されてしまった動画を、ハウス食品が哀悼と感謝の意を伝えるきっかけとなったバーモントカレーのCMに差し替え
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

西城秀樹について語るスレ

16 : ななしのよっしん :2018/05/17(木) 22:31:57 ID: T12pfw8C5W
唐突過ぎじゃない?
17 : A525 スターライト :2018/05/17(木) 22:48:30 ID: /KwH+xnJdU
本当、突然だったね
ご冥福をお祈りします
18 : ななしのよっしん :2018/05/17(木) 22:55:19 ID: LRlg8KuRKE
この記事読むまでアイドルだと思ってた。歌手だったんですね。
自分は世代じゃないからちびまる子ちゃんでおちゃんが大ファンって事で知ってたなぁ。
19 : ななしのよっしん :2018/05/18(金) 12:03:06 ID: W1HdU6Flb/
リーンリンランランソーセージ
ハーイハイハムじゃない~
20 : ななしのよっしん :2018/05/18(金) 17:30:29 ID: FOTBXy7EtD
>>15
を差すようですまないが、西さんは16日、水谷さんは17日だよ。
ただ、西さんの訃報を聞いたとき、自分の親と「西さんって、ちびまる子ちゃんのおちゃんが大好きな歌手だったよね」「そうだったな」みたいなやりとりしながらここの水谷さんの記事を開いたけど、水谷さんは亡くなられたのは知っていたが、まさか祥命日が一日違い(そして水谷さんは三回忌を迎えたばかり)とは知らなかった。
お二方に、合
21 : ななしのよっしん :2018/05/18(金) 18:10:35 ID: BE1NIKOnd1
>>18
一応アイドル歌手だけど、デビュー前は洋楽に傾倒していて歌謡曲には興味がなかったという変わり種。洋楽好きを反映してかヒット曲には洋楽カバーの曲も多い。飾らない人柄と独特の歌いかたが人気で、ロック系のアーティストたちにも彼を慕う者は多かった。「スター」という言葉のよく似合う、のある歌手だった。
22 : 名無し :2018/05/19(土) 23:12:54 ID: 2C8R07kkpl
紅白初出場の際のローラの歌唱&パフォーマンス凄いねぇ…
さらに驚くべきは当時まだ19歳という…

絶頂期の頃の不摂生(タバコやらワインやら)は
当時の置かれた状況ではある意味では当たり前で仕方ないものだったんだろうけど「後悔先に立たず」
健康は本当に何よりも大事…
23 : ななしのよっしん :2018/05/21(月) 23:10:30 ID: Xomany0ic7
歌、演技、お笑いと全てに長けたマルチエンターテイナー、それでいてスポーツでルックスは言わずもがな
神様ヒデキに二物も三物もさずけたんだなあ・・・
ご冥福をお祈りします
24 : ななしのよっしん :2018/05/22(火) 09:23:49 ID: kqGnSJfSFS
もう少し人を信じなさいよ

富野説的な会話だ
分かりあおうと試みるニュータイプコミュニケーションに通ずる

25 : ななしのよっしん :2018/08/28(火) 07:44:02 ID: p6wuYzJSBj
さくらももこさんもまさか西さんと同じ平成最後の年に亡くなるなんてが予測できたか
今頃さくらさん水谷さんと天国でお会いしてるのかなあ……お悔やみ申し上げます。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス