Aiobahn単語

アイオバーン
3.5千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

Aiobahnアイバーン[1])とは、ハウス / J-POPなどのジャンル音楽プロデューサーである。

概要

大韓民国出身の音楽プロデューサーで、本名は「Min-Hyuk Kim」(キム・ミンヒュク?)。1996年8月16日生まれ[2]。おそらく男性[3]

「Aiobahn」は造だが、特別な意味はなくTwitterIDとするために造っただけのもの[4]らしい。とは言え一応の由来はあり、アルファベットの最初の文字だからという理由で「A」を入れて、そこに大好きな音楽プロデューサーJohn Dahlbäck」の名前を混ぜ合わせたものであるとのこと[5]

韓国ソウル日本東京を行き来しつつ活動しているが、制作するのが日本語曲や英語曲が中心であるためか、である韓国よりも日本および西欧においての方が知名度が高いようだ。「Aiobahn」のWikipedia記事も日本語版exitオランダ語版exitポルトガル語版exitはあるものの、韓国語Wikipediaには記事が存在しない(2019年6月30日現在)。

ジャンル

Aiobahn本人が自認するところのメイン音楽ジャンルは「house」(ハウス)、「J-POP[6]ハウスの中でもプログレッシブ・ハウスフューチャー・ハウスに分類されることが多いようだ。2017年には、を受けたアーティストについて質問されて「Swedish House Mafia(特にAxwell)とDubVision」と回答したことがある[7]

そしてハウスの要素を取り入れた日本語タイトル/日本語詞の楽曲も制作しており、そういった楽曲のジャンルとして「J-POP」と呼称しているようだ。ハウス以外でを受けた音楽として1990年代J-POPを挙げることがあり、それらを念頭においての表現と思われる。そのため、いわゆる「日本音楽番組で流れてる日本製のポピュラー音楽」といった意味合いで使われる「J-POP」とはいささか趣きが異なる。

こういった日本語歌詞の楽曲について、甘めの女性ボーカルアニメ/マンガ調のイラストアートワークなどの要素からか「kawaii」の文脈でられてしまうこともある。しかしAiobahn自身は「kawaii」と分類されることはとても苦手で、避けたいと思っているとのこと。2018年リリースした楽曲『過ぎゆく日と君へ』は「日本語詞」「女性ボーカル」「アニメ/マンガ調のジャケットイラスト」といった要素は継承しつつもその点に留意して制作され、その結果「かわいいというよりエモい」という反応が多かったことから「これは成功だなって思いました」とっている[8]

活動履歴

2015年に「Aiobahn & Jh-Anu ft. Koo Read」名義で、Jh-Anuとの合作 / Koo Readの歌唱の元にリリースした『City In My Eyesexit』でデビュー

日本語楽曲

2015年には「Aiobahn & Yunomi」名義で、Yunomiとの合作 / nicamoqの歌唱の元に日本語タイトル / 日本語詞の楽曲『枕元にゴーストexit』をリリース。このYunomi & nicamoqの二人とは、2016年には『銀河鉄道ペンギン』という楽曲もリリースした。これら2曲は2017年Yunomi & nicamoqのアルバムゆのもきゅ」に収録されている。

2017年には日本レーベル「Maltine Records」から日本語タイトル / 日本語詞の楽曲4つとそのリミックスを収録したEP『Märchen EPexit』をリリース

さらに同年に自レーベルハナビ文庫」を立ち上げ、第一弾として『夏の真夜中exit』(歌唱:アンテナガール)を、2018年には第二弾『過ぎゆく日と君へexit百』と第三弾『0AMexit』(二曲とも歌唱:nayuta)を、2019年には第四弾『ここにいる (I'm here)exit』(歌唱:rionos)をリリースしている。

英語楽曲

上記のデビュー曲『City In My Eyes』の他にも、2017年オランダレーベルFated Records」からリリースした『Electric Heartexit』(歌唱:PRYVT RYN)や、2018年レーベルTasty」からリリースした『Islandsexit』、2018年からカナダレーベルMonstercat」でリリースしている複数のシングル曲exitなど、英語詞の楽曲も少なくない。

インストゥルメンタル楽曲

2019年には、KONAMI音ゲーDANCERUSH STARDOM』に書き下ろしの楽曲『Twinkle』が収録された。

リミックス曲

これらオリジナル楽曲の他、既存楽曲のリミックスも発表している。例えばテレビアニメ『少女終末旅行』のオープニングテーマ『動く、動く』exitや、Porter Robinson & Madeonの『Shelter』exitcapsuleの『Hello』exitなど、他多数。

人物像

アニメライトノベルなどを好む、いわゆるオタク

カードキャプターさくら』『ギャラクシーエンジェる〜ん』『プリキュアシリーズ』『アイカツシリーズ』『プリパラシリーズ』『月がきれい』などのアニメについて、ASKfmredditでの「好きなアニメは?」「オススメのアニメは?」といった質問に答えるかたちで言及したことがある。

アイカツを見てエモい気持ちのまま作曲をしよう!」という質問(?)に「それはいつものことです」と回答した[9]り、「音楽を創りたいのですが要領が悪いばかりに何から手をつけたらいいかわからないのでアドバイスくださいませ」という要望に「私は作りたいジャンルの楽曲をめちゃくちゃ聴いたり自分のコピーしたりしました でもその前に先ずはアイカツを観ることから始めるのはどうでしょうか?」とアドバイスした[10]こともある。

上記の回答はジョーク混じりではあろうが、「ゆめロラorゆめこ」という質問に対して「劇場版アイカツスターズ!をみてください」という的確な返答を行っているところからして、本当にアイカツシリーズが好きらしい[11]

なお視聴したアニメを楽曲制作に反映させることも確かにあるようで、楽曲『過ぎゆく日と君へ』はアニメ月がきれい』のイメージを参考にして制作したものであるとのこと[12]

関連動画

niconicoアカウントを所持しており、2017年にはkzによる初音ミク楽曲『Redial』のリミックス楽曲を投稿したことがある。

以下は、Aiobahn氏のオリジナル楽曲やAiobahn氏がリミックスした楽曲を使用した、その他のユーザーによる動画

関連商品

日本語詞

英語詞

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *ずっと気になっていたのですがAiobahnの読み方を教えて下さい | ask.fm/Aiobahnexit
  2. *本人Twitterexit誕生日設定より
  3. *InstagramexitTwitterexitのAiobahnのアカウントアップロードされている、本人とおぼしき写真などからの推測
  4. *How did you come up with the name Aiobahn? | ask.fm/Aiobahnexit
  5. *You know, A is first letter of Alphabet so I put A, and there’s a producer name called John Dahlbäck (my favorite of all time) I mixed this 2 things. - I Am Aiobahn - AiMAi : Monstercatexit
  6. *本人Bandcampexit記載のデータより
  7. *音楽作業に影響が大きかったアーティストがあれば誰だと思いますか? | ask.fm/Aiobahnexit
  8. *Aiobahnさんのツイート: "去年出した「過ぎゆく日と君へ」という曲について色々… "exit
  9. *アイカツを見てエモい気持ちのまま作曲をしよう! | ask.fm/Aiobahnexit
  10. *音楽を創りたいのですが要領が悪いばかりに何から手をつけたらいいかわからないのでアドバイスくださいませ (既出だったら申し訳ないです) | ask.fm/Aiobahnexit
  11. *ゆめロラorゆめこは | ask.fm/Aiobahnexit
  12. *Aiobahnさんのツイート: "去年出した「過ぎゆく日と君へ」という曲について色々… "exit

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/aiobahn

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

Aiobahn

1 ななしのよっしん
2019/09/22(日) 12:59:19 ID: Ux++aA0EZ8
もっと評価されろ
2 ななしのよっしん
2019/12/17(火) 23:50:51 ID: yaNrMlgpl4
Future bounceって感じ
3 ななしのよっしん
2020/04/12(日) 11:39:30 ID: sgsDtVedFN
aiobahnすこ
4 ななしのよっしん
2020/10/11(日) 23:30:06 ID: 7bwe49LsAi
過ぎゆく日と君へ好き
5 ななしのよっしん
2021/02/03(水) 02:44:30 ID: Ys5MkJi0Ho
いったい韓国のどこに眠っていたのかわからないの人材
日本寄りだけど全に取り込まれてる感じはなく、メジャー過ぎずコア過ぎない、独自性を保った作とても好き
なんで本だとノーマークだったのか不思議
6 ななしのよっしん
2021/05/03(月) 12:26:36 ID: 6d7E4Q58fl
NEEDY GIRL OVERDOSE」主題歌から
センスに溢れてる。ユーロビート調を取り入れたのはこの人の発想なのか?だとしたら大正解。自分には刺さりまくった。
歌詞と楽曲の調和が段違いだし、本当に今まで知らなかったのがすぎる。すごい