CIS単語

シーアイエス

CISとは、

  1. 千葉科学大学(Chiba Institute of Science)
  2. 旧ソビエト連邦による国際機関Commonwealth of Independent States

である。当記事では2を解説する。

2の概要

CIS 参加

50音

※記事のあるは太字
橙色は客員参加

旧参加

CISシーアイエスもしくはСНГエスエヌゲー)とは、旧ソビエト連邦構成による国際機関である。

日本語の正式名称は「独立国家共同体」。

1991年12月ソビエト連邦崩壊に伴い、中央アジアにある々から結成されたされたゆるやかな国家合体コモンウェルス)。EUの前身である、EC(欧州共同体)がモデルである。本部はベラルーシ首都・ミンスクにある。

СНГの名称はロシア語"Содружество Независимых Государств"の頭文字をとったものである。日本ではキリル文字の使用に染みがないので、英語名称"Commonwealth of Independent States"の頭文字を取り、CISと表記されることが多い。

公用語ロシア語

正式加盟と客員参加に分類される。客員参加オブザーバーの存在に近い。現在は客員参加を含め、10箇が参加している。

かつてジョージアは正式加盟だった。しかし2008年南オセチア紛争が勃発。当時のロシア首相メドヴェージェフは、南オセチアアブハジアの独立を承認した。対露関係が悪化したジョージアは、CISを脱退した。

トルクメニスタンは正式加盟として批准する予定だった。しかし1995年、永世中立を宣言。正式加盟としての批准を永久凍結し、客員参加となる。

またウクライナトルクメニスタンと同様に、客員参加だった。しかし2014年クリミア紛争に伴いCISを脱退した。

似たような名称にNIS旧ソ連独立国家があるが、これはCISと異なり組織ではない。ウクライナジョージアバルトを含めた旧ソビエト連邦構成の総称である。旧ソビエト連邦々=CIS、として使用される場合も多い。しかし脱退したも存在するので、「NIS」の使用が適当である。

2000年には、CISのなかでもより親露の々とロシアユーラシア経済共同体(EAEC)が結成した。それを土台として2015年EEU(ユーラシア経済連合)は発足した。EUみたいなものである。加盟は、ベラルーシアルメニアロシアカザフスタンキルギスである。

またCISに対抗するような形で、モルドバウクライナジョージアアゼルバイジャンGUAM(民主主義経済発展のための機構)を結成している。これは反露的要素が強い。この4カは、ロシア軍事支援が原因で、事実独立した地域を抱えている。ウクライナ首都・キエフに本部を置く。

逆に事実独立した地域である、アブハジア・南オセチア・沿ドニエストルとアルツァフ共和の4かは、民主主義民族の権利のための共同体を結成している。

関連動画

CISに関する動画は特になし。

CIS加盟名で検索されたい。

関連商品

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/cis

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

CIS

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • CISについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!