Here's To You単語

ヒアズトゥウユウ

Here's to You とは、英語で「あなたに杯」というような意味の慣用句である。

杯!」を意味する同様の慣用表現に Here's luck! / Here's hoping!  / Here's looking (at you)! (それぞれ「いい事がありますよ」「神様も期待してますよ」「神様が(あなたを)見てますよ」が元の意味)がある。これらの表現から Here's だけが残り to ~ (~に)が付いたと考えれば理解しやすい。

また以下のことを表す。

Here's to you(勝利への讃歌)

1971年イタリア映画 Sacco e Vanzetti (邦題: 死刑台のメロディ)のために作られた。
作詞・歌唱: ジョーン・バエズ / 作曲エンニオ・モリコーネ(Ennio Morricone)

映画は1920年にアメリカマサチューセッツ州で起きたサッコー&ヴァンゼッティー疑事件[1]について取り上げており、この歌のわずか4行の歌詞は事件の渦中にあって苦を乗り越えた2人のイタリア移民ファーディナンドー・ニコーラ・サッコー(ニコーラ)とバートロミーオー・ヴァンゼッティー(バート)を「尊厳を以て敢えて死の苦難を勝ち得た勝利者」として讃え、彼らの魂の永遠の安らぎを願う内容となっている。

ゲームメタルギアソリッド4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット』のエンディングテーマソングハリー・グレッグソン=ウィリアムズ編曲)など、ジャンルを問わず多くのアーティストらによってカバーされている。

また、『メタルギアソリッドⅤ グラウンド・ゼロズ』では原曲のままテーマソングとして使用された。


ちなみにイタリア語コーラスによるカバーでは元の英詞に加えてイタリア語の詞が合計12行ほど追加され、「私は方たちへ歌う、隷属を憎み真実する者のため、強い自由を歌う、・・・・・・」とより直接的な内容となっている。

関連動画


関連商品

関連項目

脚注

  1. *1920年4月マサチューセッツ州のスレイター=モリル製靴会社の工場に押し入り現および会計士と守衛の命を奪った強盗殺人の容疑者として、靴職人のサッコーと鮮商のヴァンゼッティーが確たる拠もいまま投・処刑された事件。
    2人はアナーキスト無政府主義者)として過な思想の人物の陶を受けて然と徴兵拒否を行うなどしており、イタリア移民への偏見アナーキストによるテロリズムへの警が高まっていた当時のアメリカでは当局にを付けられ易い存在だった。
    杜撰に過ぎる捜拠、明らかを欠く裁判は当初から批判の的だったが、二審で死刑が判決。これが全だけでなく欧州をも巻きこむ抗議となり、アルベルト・アインシュタインアナトール・フランスら各トップクラスの知識人たちから次々と反対明が挙がるという異例の事態に発展した。
    しかし判決は覆らず2人の死刑が確定し、1927年電気椅子刑が執行され、遺体はイタリアのそれぞれの故郷に埋葬された。祭による告解すら拒否した2人の最期の言葉は、サッコーが電気椅子へ向かいながら「政府万歳! さようなら、母さん」と絶叫、ヴァンゼッティーが世話になった刑務官らと握手を交わしてから「どうか今も私をこの涯に追いやり続ける何人かが、その行いを(神様に)赦されますように」。
    更に参考: サッコ・バンゼッティ事件 - ウィキペディアexit

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/here%27s%20to%20you

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

Here's To You

14 ななしのよっしん
2015/06/20(土) 11:32:38 ID: aoCMiwOW4N
そりゃその作品を機に今日の知名度が出来上がったんならしょうがない
両曲とも何十年も昔の曲だし、その当時から知ってるって人はネットにはむしろ少ないだろ
15 ななしのよっしん
2015/06/20(土) 11:44:38 ID: 0/M1n7X4eu
ままま 御嬌と言うことでひとつ
16 ななしのよっしん
2015/08/23(日) 22:22:27 ID: 7ep9OU181w
>>13
fryじゃなくてflyな
17 ななしのよっしん
2015/09/12(土) 07:23:09 ID: eFfRKER8rV
>>13
まで私を揚げろで草不可避
18 ななしのよっしん
2015/09/23(水) 14:18:50 ID: gEUugSfiXl
>>17
19 ななしのよっしん
2016/03/23(水) 11:07:04 ID: Islhi2RhGp
>>11
杜撰に過ぎる捜拠、明らかを欠く裁判は当初から批判の的だったが、二審で死刑が判決
>これが全だけでなく欧州をも巻きこむ抗議となり、アルベルト・アインシュタイン
アナトール・フランスら各トップクラスの知識人たちから次々と反対明が挙がるという異例の事態に発展した

普通の裁判じゃ起きないような抗議運動が起きたのは何故かって、客観的に見て異常な裁判だったからだよ
何故そんな異常な裁判になったのかというと病的な反共義による狩りが蔓延してたからなんだが
冷静になって間違いに気づくのに何十年も掛かったというのが問題な訳で
米国世論のマジリティーは論、裁判官までもが偏見に流されてたって事だよ
20 ななしのよっしん
2016/06/13(月) 22:16:12 ID: nYWDtLbf+H
「あなたがここにいる=あなたを祝福する」ってのはポピュラーニュアンスだったりするのかな?
存在=祝福ってニュアンスファフナーなんかにも出て来たけど、色々と考えさせられるな。
21 ななしのよっしん
2017/01/16(月) 12:16:48 ID: /AVqlUKJNL
>>19
ムッソリーニすらこの裁判に関して助命を政府に懇願してたらしいな。
22 ななしのよっしん
2018/02/15(木) 23:36:29 ID: uudaP937u7
>>9
>真犯人は何を思ったのか・・・。
や裁判は不当だったっけど
犯人は この二人だった可性が高いよ
23 ななしのよっしん
2018/05/28(月) 05:39:34 ID: 5wIDpWvjAR
MGSVで言えばヒューイ裁判がこれに近いのか
真犯人が他にいるかはわからない、本当にこの人が犯人かもしれない
だが裁判の内容は拠に基づかない不当なものだ
容疑者はそのコミュニティ自体を否定するような言動をしており
コミュニティの側は感情的に彼を裁こうとする