Local 58単語

ローカルゴジュウハチ

CONTINGENCY MESSAGE WILL NOW BEGIN

PLEASE COMPLY WITH THE FOLLOWING INSTRUCTIONS

GOD BLESS AMERICA

緊急時用映像まもなく開始されます

以下の手順を遵守してください

アメリカ市民へ

The worst has come to pass.(最悪の時が訪れました)

Despite the sacrifices of our citizens and the might of our armed forces, the UNITED STATES has been forced to surrender to her enemy.(市民達の犠牲や強大なるらの軍隊のも及ばす、合衆は敵勢に屈しました)

Though they may occupy our borders, our streets and our homes.... the enemy will never occupy our SPIRIT.(しかし敵がらの土、らの、故郷を犯そうとも、らの魂までは決して犯させません)

That is why all Americans are now called upon to ACT.... to preserve the memory of the United States, clear and bright.... untarnished and uncompromised.(アメリカよ、今こそ行動の時です。清く、明るく、色褪せない、揺るぎない合衆の記憶を守るために)

Know that I have already TAKEN ACTION in the company of family and love ones. Now all AMERICANS----every man, woman and child----are called upon to ACT before the moment passes by.(私は既に家族、そしてする者達と共に行動を起こしました。そして今、全アメリカ人が-全ての男性女性子供達が-行動を起こす時です。その時が訪れる前に。)

Let our united resolve echo through history: Even in defeat, we refuse to yield.(さあ、私達の団結と決意を歴史に遺しましょう:らは打ち倒されようとも、決して屈せず)

Even in defeat we claim VICTORY.(そして勝利した、と。)

アメリカ合衆国大統領リンドンジョンソン

(上記の原稿は現存しません)


Its in the light the moon came in

Local 58とは、アメリカ合衆国の地域放送局(独立局)のひとつ。

チャンネル帯域は476MHz15ch)。コールサインWCLV-TV

近年、複数回に渡って不祥事を起こしており、そのうち特に3つの重大な放送事故で有名。

概要

テレビ局としての特色なんか特にないので、以下には著名な放送事故を挙げる。

Contingency

日本語では「有事対応」「非常事態」とも。(ニコニコ転載動画は「有事対応」)

恐らくLocal 58の起こした放送事故で最も重大なもので、YouTubeアップされているアーカイブ動画もこれが一番再生されている。

ザックリ要約すると「もうアメリカ戦争に負けたからみんなで一緒に死のう」といった内容で、自死の手順をこと細かに解説したり、その体制を「勝利ポーズ」「三つのFで覚えよう」と言ってみたりとその内容はあまりにも不謹慎。しまいには「赤ちゃんも大事な愛国者(だから一緒に連れていけ)」「51の州は場所ではありません(天国を暗にしている)」など、時にいる々からみたら悪趣味極まりない文言が次々に登場する。結局テープは途中で打ち切られてカラーバーに移り、放送事故を詫びるカードが挿入されて終わるのだが、この動画ネット上に投稿されるや否や英語圏ではく間に拡散、一躍騒動となった。

放送事故自体はかなり古い年代に発生したものと思われ、事故が明るみにならないまま長い年があったと思われる。YouTube投稿されたものもビデオテープの録画のようなノイズから始まっていて、テープの劣化から年の経過が感じられる。実際、このビデオ投稿されたのが2010年代(元動画削除再投稿を繰り返している)なのに対し、動画内に「DO NOT USE AFTER11/13/19701970年11月13日以降は使用しないこと)」と書かれたカードが登場している。

これは本来であれば「表に出なかったはずのフィルム」と言われている。冒頭のカードからしても、放送局のどこかで保管されていた非常用のフィルムが、なにかの拍子にうっかり出てしまったもののように見える。アメリカ合衆国憲法修正第二条に見られるような武装権が確立されたアメリカにあって、国家が有事の際に民に自死を促す用意があったことはなかなか想定しづらいが、フィルムの保管期限から制作されたと推定されている時期まではスッポリ冷戦期に入るため、このようなフィルム国家導で制作されることを100%おかしいとは言い切れない。よって現在インターネット上では、このフィルム偽について意見がっ二つに分かれており、発見当初ほどではないにしろ断続的な検証が行われている。

Weather Service

日本語では「天気予報」とも。

放送中に地域気台からの異常に関する警報を受信したlocal58が、通信に介入する外部からの攻撃者と戦う様子が放送されてしまった事件を録画した動画で、放送年代は上のContingencyよりは最近だが、こちらも負けず劣らずインパクトが強い。

放送局員はなんとか攻撃に耐えようとするも、最終的には気台も攻撃されたようで、気台からのメッセージという形で犯行明のようなものを受信、放映してしまう。

途中で爆発のような映像ライブ映像などが挿入され、不気味さを一層掻き立てている。徐々に放送の体裁を失っていき、不気味メッセージが流れた後に動画は終わるのだが、全編に渡ってしつこいくらいにが登場するので一部のlocal58フリークからは「のやつ」などとも呼ばれている。

You Are On The Fastest Available Route

日本語では「最短経路」とも。

何らかの通信障によって放送に割り込んでしまったドライブレコーダー映像と音が録画されたものなのだが、やはりどうにも様子がおかしい。カーナビゲーションの音に従っていくと、徐々におかしな場所へ誘導されていき、それに気づいたドライバーが途中で引き返すも、最後には・・・

一応これもLocal58の「放送事故」のひとつなのだが、少し動画としてわざとらしいところがあるので、この放送が挿入されたことが事故というよりかは、フェイクで作った動画事故で流れてしまったという「別の事故」の摘が上がっている。local58っぽいというわけではないのだが、そもそも放送事故に「ぽい」も何もあったものではない、という当たり前の確認をしておく。

関連動画

関連商品

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/local%2058

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

Local 58

7 ななしのよっしん
2018/12/06(木) 20:41:44 ID: 8wtA9dSoat
Local 58に似たチャンネル
https://www.reddit.com/r/local58/comments/969szd/youtube_channels_similar_to_local_58/exit
8 ななしのよっしん
2018/12/20(木) 14:26:51 ID: wcmDF64ahL
新作出たけど英語読めないからよくわからなかった
9 (省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
2018/12/21(金) 18:44:51 ID: ST+HIlpEAd
>>sm34345555exit_nicovideo

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
10 ななしのよっしん
2019/01/08(火) 15:52:55 ID: oDP44of96c
どんだけ電波ジャックされまくりなんだlocal58だらしねぇな…と思ったけど
今回のRealSleepは局の正規番組っぽいし、local58自体が何か怪しい所あるんだろか?
11 ななしのよっしん
2019/01/23(水) 15:51:31 ID: /AMyCZrT0e
Local58、内容が不気味なのはり尽くされてる通りだが、昔アメリカに住んでた人間としては、80-90年代当時のローカルテレビロゴとかジャンクション(局名告知)の画面デザインとかの「それっぽさ」の再現度の高さに驚嘆する。ほんと当時っぽいんだわ。
あげくShow for Childrenでは1920年代のカートゥーンの作まで再現してるあたり、Kris Straub氏の映像制作スキルはほんと尋常じゃない。
12 ななしのよっしん
2019/01/29(火) 20:31:13 ID: dbCnLe9j00
Kris Straubというクリエイターyoutube投稿したネタ動画
日本国尊厳維持局」は、これを元ネタとして日本版として作られた。
13 ななしのよっしん
2019/01/30(水) 14:50:29 ID: i4KGLJVHDF
クリス・ストラウブで実際に検索してみると漫画家の名前が出て来たね
まあ多分違う人なのだろうけど
14 ななしのよっしん
2019/03/24(日) 22:24:20 ID: X3Gp/GJHsa
このシリーズ作ってるクリス・ストラウブ氏は漫画家であってるし、キャンドルコーブの本の作者でもあるゾ
15 ななしのよっしん
2019/08/11(日) 23:08:34 ID: OtRDBRkXaD
フォロワーのChannel 7がAnalog Archivesとしてリニューアル
https://www.youtube.com/channel/UCFK_a9FW9BdtumHxTLaAV_Q/featuredexit
16 ななしのよっしん
2019/08/14(水) 10:56:42 ID: ZPkW+OLV5O
Local 58とはズレるんだけど、国家尊厳維持局のような
「死ぬことで敵に屈しないことを示す」っていう概念ってアメリカにあるの?
日本だとバンザイクリフの例とかあるけど
というか現実の尊厳を管理するような機関はあるのだろうか
(あったとしても自殺を呼びかけるようなものじゃないだろうけど)