今注目のニュース
「ハムリンピックの練習中かな?」「これは金メダル」 一生懸命よじのぼるハムちゃんにほのぼのしちゃう
Rockstar GamesがPCゲーム配信プラットフォーム「Rockstar Games Launcher」をリリース、ランチャー乱立時代の波に乗る
どっちを選ぶ? カルディ「コーヒーの日」セット、今年は珍しいアニマル柄だよ~!

のび太の東方紅魔郷単語

ノビタノトウホウコウマキョウ

掲示板をみる(929)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

大長編ドラえもん のび太の東方紅魔郷とは 2009年2月28日よりWEBサイト天つ空なるひと」にて連載されている同人漫画作品であり、ニコニコ動画にも動画版が投稿されている。

筆者はPNらくらく。なお、言うまでもなくドラえもん東方Projectのどらち側の関係各位とは全く認められていない非公式作品である。

概要

2008年6月、らくらくはピクシブに「映画ドラえもん のび太の東方紅魔郷」というネタ画像投稿し、そこそこの評価を得る。この時考えたアイディアを元に同年12月頃から行き詰まっていたゲーム制作の気らしとしてまず小説という形で書き始める。しかし、小説ではにも読んでもらえないと考えたらくらくはいっそのこと漫画として描いてみることを決意する。

そして2009年2月28日より連載が開始される。3月4日朝目新聞に紹介されてから2週間でサイトに4万ものアクセスが集中し、評価を得ている。東方2次創作作品というよりはドラえもん大長編という要素にウエイトを置かれている。作画はもちろんのこと、実際の大長編とほぼ同じテンポ物語を進めている。予定では180ページ以上の大作になる予定だが、作者現在銭的な問題で生活が不安定のため、また様々な事情から完結に至るには非常に難しいと思われる。

作者東方を全く知らない人間でも楽しめるような作品にしたいとして、東方の設定を全て一から説明していくつもりである。事実作者サイトには「東方よくわからないが面い」などのコメントも多い。この作品から東方興味を持ってもらえれば幸いと発言している。ただし、事実東方には「公式設定」というものがいに等しく作品、原作ZUNの発言時期によって供述が曖昧だったりするのでこの作品で解説されていることが公式設定と認識するのは危険である。更に、外の世界博麗神社などの描写は東方原作サイドどその詳細はく、作者の独自の見解と演出による所も多いため注意が必要。例えば外の世界博麗神社にはの置物があるという描写があるが、原作サイドにはこのような描写は一切存在しない。

作者藤子不二雄ファンサークル、ネオユートピアに10年以上の会員歴を持ち、この作品にて「ドラえもんらしさ」と「面さ」を追求したいとしている。

キャッチコピーは「飛び越えろ!現実幻想界線!(ボーダーライン)」「信じてみよう。この世界のスコシフシギ」

ストーリー

突如として姿を消し、そして突如として戻ってきた外の世界東方側ではなく、々の世界)の博士テレビ記者会見で「自分は幻想郷という妖怪達の楽園に行っていた」と発言する事から幕を開ける。それをきっかけにしてドラえもん達は夏休み自由研究として「隠し」をテーマ博麗神社に向かう。この行動を監視する幻想郷妖怪八雲紫(やくも ゆかり)は彼等との接触を図ろうとする。

果たしてが言う「この外来人は破滅と希望徴」とは?幻想郷ドラえもん達が待ち受ける運命とは一体!?

余談

物語夏休みの最中という設定だが、ドラえもん達はというより冬服に近い。これは作者全なミスである。その他、作画の面では髪型など割といい加減な部分も多い。

あやややや!!」「ジャジャーン」など東方を詳しく知っている人にしか分からないマニアックネタが数多く存在する。また、作中に登場するキャラマニアックネタも多い。例えば冒頭の博士SF短編集のニューイヤー調行のバンボルグ博士である。

動画版の次回予告は何故か全く接点のない格闘ゲーム版の北斗の拳BGMを使用している。

ちなみにエンディングに関わることなので詳細は説明できないが、とある東方公式作品にドラえもん(らしきビジュアル)が登場するCG霊夢が「ありがとうドラもん!!」と言うセリフが存在する。(ただしネタとしての演出が強い)つまり、ドラえもん東方公式幻想入り版権キャラクターと言えなくもない。ただし霊夢ドラえもんのことを事前に知っているとなると話がややこしくなるので、この作品ではその事実視して霊夢ドラえもんなど全く知らないということで話は進む予定である。

が、しかし、著者のブログから、著者の都合上高い確率ドラえもん幻想世界に入る前後の話の時点でこの漫画が終了するとの予告がされているため、続くかは定かではない。

炎上

い話が、欠・借済のため、らくらく本人が

  • 「今度の例大祭東方の有償ゲームを頒布するので作者を助けるつもりでゆっくり買っいってね!」
  • 「これが売れないと銭事情でのび太の東方紅魔郷の続きが描けないかも~」

とのことだったが、その有償頒布すると言っていた同人ゲームに使われているドット絵データが、別の東方同人サークル黄昏フロンティア」の素材変して断使用したものであることが発覚、「他人のふんどしけか」と炎上した。

  1. 同人活動なのに拝義を前面に押し出した記事をブログ開していた(他にも借や住民税滞納など)
  2. 黄昏フロンティアの「加工・変原則禁止」と明記された素材変加工して断でゲームに流用していた
  3. その変加工した後のドット絵素材を「ご自由に使用ください」とHP上で勝手に二次配布(三次配布?)許可していた。(Pixivにおいても、ドット絵開しており、同じように無断転載・加工はご自由にとの記述をプロフィールにてしている)
  4. 上記の加工ドット絵を「黄昏フロンティア素材は今回は不使用」とついて同人ゲームに使用し売ろうとしていた
  5. 以上が摘されだした後、「多方面にご迷惑をかけるから」を名動画削除およびブログ開化を行った

大体はこのような点が今回の炎上の問題とされている。 1.の要素だけなら同人全体にも言えることなのでそれ単体では大した事態ではなかったのだが、3.と4.あたりはいくら二次三次創作が認められる世界といえ言わずもがなアウトである。そして 5. 最悪のタイミング削除や非開化に踏み切ってしまった(掲示板>>141-)ことにより、ウェブ魚拓exit取得などにも拍がかかり後戻りできない状態になってしまったと考えられる。

作者は一連の騒動の後、ニコニコ動画からは手を引くが漫画自体は自サイト(天つ空なるひと)で書き続けます。」と発言し、トップページもそれに合わせた漫画に変えたものの、その後サイト閉鎖同人委託ルートもほぼ全滅している。

詳しく書いていくと、東方同人界問題についての話になってしまいのび太の東方紅魔郷からどんどん逸れていくので続きはこちらのまとめWikiexit、および当記事下部の掲示板で思いっきりどうぞ。

外部リンク

関連動画

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/09/18(水) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/18(水) 22:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP