今注目のニュース
死んだ彼氏が“脳”だけになって戻ってきた――“脳”と暮らす彼女の創作漫画が切ない
「出産に立ち会えない…」軍人に飛行機チケットをプレゼント
指原莉乃、「何とも言えない」評判を発見し苦言 「なんでそうなるのか」

アヌビス神単語

アヌビスシン

掲示板をみる(195)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
なんと!妖アヌビス(-1)は
呪われていた!
 

アヌビス神とは、エジプト神話に登場するの一柱である。冥界とされる。

当稿では、漫画ジョジョの奇妙な冒険」の登場人物(スタンド)について述べる。
エジプト神話及び「ジョジョの奇妙な冒険」以外の関連作品については、アヌビスを参照。

この概要、近くでよく見ると・・・ すげぇ美しいぜ・・・  抜いてみるか・・・

ジョジョの奇妙な冒険・第3部スターダストクルセイダース」に登場するスタンド
スタンドといっても、本体は500年前のキャラバンサライというエジプト鍛冶の男で、論とうの昔に死亡している。スタンドのみが彼の作ったの中に宿っており、自らを握った者を士として操る「妖」である。
とある博物館の倉庫内に保管され続けていたところをDIOに持ち出され、その恩義からDIOに忠を誓っている。

「絶対に・・・ 絶~~~~~~~~~~~~~~~~~~っ対に負けなあああああいィィ」が口癖で、漫画ではを握った本体が顔にを込めながら台詞の吹出しにはひたすら「~~~~~~~~~~~~~~」が続く事で溜める動作を見せているのが印的。
しかし戦闘では、戦うごとにパワースピード共に強さを増していくという驚異的な戦闘を持ち、承太郎にも「策や術を使わない『正統派スタンド』」と評されているほど。

アヌビスポルナレフ

アヌビス神のは後述するとして、作中では飼いの青年チャカに自らをから抜させ操り、ポルナレフを襲撃するがポルナレフの「とっておきの裏技」でチャカの首元をで貫かれ戦闘不能に。

しかしに収まった状態でポルナレフの手に渡り、続いてアヌビス神はポルナレフ達が訪れた床屋人(カーン)を操って再度襲撃。先のチャカ戦闘を経てシルバーチャリオッツの動きや間合い等のデータを取り込んでパワーアップを果たしており、ついにはポルナレフを圧倒するまでに至るも承太郎を襲った際に真剣白刃取りっ二つに折られ、2度敗北

だがそこで、割って入ってきた警官との騒動を経てやがては偶然の事故から折れたを抜いたポルナレフスタンドごと操り、ついには彼く「とっておきのダメ押し」戦法としてシルバーチャリオッツ&アヌビス神の二刀流戦法を披露、承太郎スタープラチナすらも上回る速でついには承太郎の胴にを突き刺し、一度は勝ち誇ってみせた。ものの、承太郎を切らせてを絶つ最後のラッシュ攻撃でそのものをバラバラに破壊され、ついに敗北となった。

・・・ように見えたが、2度戦闘でヘシ折られ残っていた切っ先部分で通りがかりの少年を操り、承太郎の背後から切っ先を投げつけ最後の反撃を試みようとするが、偶然通りがかった(子供が捨てたキャンディを拾いにきた)イギーに足を躓かせた事で攻撃は失敗、自身もあらぬ方向へ飛んでいってしまい、最後はナイル河の底へ沈みあとは錆びて朽ち行くだけの運命となり、再起不能となった。
(河へ沈んだまま再起不能となる、という決着は後の第7部に登場する「マジェント・マジェント」とも似ている)

上記の通り少々マヌケな最期ではあるが、ポルナレフ承太郎を(DIO以外で)かつてないほどに追い詰めた敵として、第3部に登場する敵スタンドでは人気が高い。

ちなみにスタンドの像は、エジプト神話に登場するイメージ通りの姿(半人半)をしている。

ジョースターを殺せ! ポルナレフをブッた切れ 承太郎をまっぷたつにしろッ!

アヌビス神
【破壊:B / スピード:B / 射程距離:E / 持続:A / 精密動作性:E / 成長性:C】
スタンド。本作で最初に登場した、「スタンドが本体から独立し単独で存在するスタンド」である。
自らが宿るから抜いたり、触った者の精を支配して、凄腕の使い(=自らの本体)として操る事ができる。精を支配した相手は剣術の心得がない一般人だろうと達人級のの腕を身に着け、さらにはの前に障物(生物でも)があってもそれを透過して向こうの標的のみを直接るという技も使う。透過させずにそのまま一両断する事もでき、アヌビスの意志一つで使い分けが可の切れ味もまた鋭く、ポルナレフの横幅以上に径が太い石柱をっ二つにしてしまえるほど。
またに収まった状態では、はアヌビス神が選んだ者でなければ抜する事ができず、大人が数人がかりでから引き抜こうとしてもビクともしない。
何よりこのスタンドの最大の特徴として、「一度戦った相手の攻撃・動作を璧に記憶できる」「持ち戦闘不能になっても、持ちが変われば復活できる(しかも以前の戦闘を交えた相手の動作も取り込んでいる)」というがあり、戦えば戦うほどパワースピード・技量などが際限く強くなっていく脅威のスタンド
最初にポルナレフシルバーチャリオッツと交戦した時で既に互(もしくは、互以上)の戦いぶりを見せたばかりか、やがてチャカの後に床屋カーンへ持ちが変わるとチャリオッツでも防御のみで手一杯になるほどサイヤ人ばりの成長ぶりを見せており、後のシリーズを顧みてもこれほどの成長性の高いスタンドは滅多に見られないだろう。
そのためを振るう本体が戦闘不能にされるまでは敵の動きをいくらでも記憶でき(アヌビス神にく、『覚えた』『取り込んだ』)、相手からの攻撃も璧に見切ってしまう。
また精を支配した相手がスタンド使いであった場合は、そのスタンドも併せて発揮できるようだが、こちらはポルナレフを操った際に彼のスタンドであるシルバー・チャリオッツアヌビスと同じく「(武器)を操る」スタンドだから、とする意見もあった。
もっとも、アニメオリジナルの描写としてスタープラチナに肩の甲冑を破壊され「なるほど羽毛のように体が軽くなった、こういう使い方もあるのか」という台詞を発しているため、直前まで実際に戦う事でポルナレフスタンドの使い方を覚えた為なのかもしれない。(スタンド使いを操っても、そのスタンドがどんなを持ちどんな使い方なのかを知らないままだと使いこなせない可性が高い?(一応、上記のパワーアップ要素を持ちながら成長性が高くもなく低くもないCであることを明できる要素にはなっている。))
自身がスタンドの本体といえるため、全に勝利するにはを破壊するしかない。
弱点があるとすれば、自身はスタンドと関係のないなどで錆びる恐れがあること、射程距離が短いうえに、素での遠距離攻撃手段が多くないことなど。
ちなみに、近くにいる人間の精を支配するにあたり「運命を操って人が自分を抜させたくなるように仕向ける」ような描写も見られるが、こちらの詳細については不明。
何にしても、博物館の倉庫へ長年眠らせられていた理由が大体わかった気がする。

ゲーム作品における、妖刀アヌビス

ジョジョの奇妙な冒険(対戦格闘ゲーム)

アヌビスポルナレフ

対戦ゲームでもアヌビス神に関わったキャラクターが使用できる。
無印版では『チャカ』のみの登場だったが、「未来への遺産」ではチャカに加え『カーン床屋)』『アヌビス二刀流ポルナレフ』も使用可になった。

アヌビス系統のキャラクターに共通する性として、相手の攻撃を捌いて反撃する技を持ち、一度捌いた技は「覚えた」事になり、以降はガード中にボタンひとつで反撃ができる悪とも言える性を持つ。反則じみているというもあるが、それでもスタンドと本体の同時攻撃などの怒涛のラッシュをぎきるのは難しく、基本的には地で堅実な戦いが要される。
それ以外の部分(性や使用技など)は基本的に、3人のキャラクターごとでそれぞれ異なる。

アーケードモードの個別ストーリーはそれぞれ展開が異なり、チャカの場合はDIOに反旗を翻して殺させ、カーンの場合はDIOには勝てないと判断して忠を誓い続け、ポルナレフの場合は全に暴走して殺人鬼となってしまう。

ディアボロの大冒険

こちらでは「床屋カーン」及び「アヌビスポルナレフ」が敵キャラとして登場し、さらにアヌビス神のDISCが装備品として登場している。
いずれもエボニーデビルレッドホットチリペッパーと同じくダメージを受けると逆上し都度、攻撃が上昇するを持っており、ダメージを与えれば与えるほど強化されていくため攻撃を受けずに倒すのが肝心。特に中盤エリアで登場するカーンは攻撃上昇に加え痛恨の一撃も繰り出すので、アイテムを出し惜しんでいるとごっそりHPを減らされる事になる。耐久も割と高めで、装備DISCによっては逃げる事も考えた方がいい場合もあるだろう。
そして高難易度ダンジョンの終盤エリアに登場する敵キャラアヌビスポルナレフは、チャリオッツと妖アヌビスによる2回攻撃を仕掛けてくる。

また妖アヌビスの場合は当記事冒頭で記載したとおり(?)デフォルトで呪いがかかった装備DISCとなっているため一旦装備してしまうと解呪するか特殊な方法で外す(もしくは、破壊する)まで外せなくなる。
ただし攻撃は他のスタンドDISC較しても高く、手頃な攻撃用DISCいなら装備するのも悪くないかもしれない。尚、シルバーチャリオッツDISCと同時に装備すると共鳴効果「達人二刀流」が発動し、常時2回攻撃が使用できるという強な効果を得る。(チャリオッツが攻撃DISCならば、チャリオッツと合わせて3回攻撃が可な場合もある。)
そして、DISCを装備時は「投げた物が敵や(障物)を貫通して飛んでいく」というが使用できる。このDISCを装備して物を投げればフロアを越えてナイル河まで飛んでいき、投げつけてダメージを与えるアイテムならば、敵が直線状に並んでいれば複数の敵に同時にダメージを与えられる(特殊な効果をもたらす物なら、命中した敵全てに効果は適用される)。
DIOはナイル底に沈んだ。」なんてのは多分、もが一度はやらかすミス

ちなみに本作において、床屋カーンが(同じフロアで出現する敵キャラたちとべて)一回り強なのは、作者が上記の対戦格闘ゲームにてカーンが自分の使用キャラだったからという裏話をった事がある。

担当声優

一度見た動画はたとえアカウントが変わったとしても、絶対に…
絶対に絶対に絶っ… ~~~~~~~対に!見にいくのだああああああァァ

やったッ! 買ったッ! 在庫を仕止めたッ!

ゲェーッ あ・・・ あのサムネはッ! コミュニティだァーッ
ま・・・まさか!うそだろォーっ このままだとコミュに飛び込んじまうぜーッ

お願いだ、おれを関連項目まで連れて行ってくれ
まっ待て!見捨てないでーーッ  ヒィィィィィ 孤独だよーーッ

 アヌビス二刀流ポルナレフ

マライア(バステト女神) 

掲示板

  • 193ななしのよっしん

    2019/03/31(日) 14:43:05 ID: HWAlYaQH3F

    時停めされるとDIO自身の動作を見切れないまま、
    気が付いたらワンパンされた状態になるから、
    アヌビス神敵やな・・・。

  • 194ななしのよっしん

    2019/04/02(火) 08:00:35 ID: YMyQ1lU2hJ

    スタンドゾンビスタンドで表現の方向性は違うけど
    本体が死んでもスタンドだけが呪いのように残ってる、
    敵のパワースピードを学習してそれ以上のパワースピードで襲いかかる、
    本体が既に死んでて体がないから活動する為に他人の体を乗っ取る、
    って特徴はちょうどアニメに出てきたノトーリアスBIGと共通してるのよね
    最後にに沈んで決着がつくのも一緒(本体が死んでいる以上、殺せないから封印するしかない)

  • 195ななしのよっしん

    2019/06/09(日) 19:47:02 ID: vD6djrOcSa

    アヌビス神は最初博物館の警備員あたりをつかってDIOを襲撃したけれど、時止めで返り討ちにあってから逆に忠を誓うようになったって感じかなあ。

急上昇ワード

最終更新:2019/07/20(土) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/20(土) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP