ウィナーズサークル単語

ウィナーズサークル

2.8千文字の記事
掲示板をみる(18)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ウィナーズサークルとは、

  1. 競馬場で、一着とその関係者を表する場所の中央競馬及び日本での通称。賞典台。
  2. 上記に由来する名の1986年まれの競走馬芦毛

本稿では2について記述する。 

概要

アイネスフウジンモンテプリンス・ファスト兄弟を輩出した*シーホーククリノアバー*グレートオンワードという血統。
シーホークはともかく、地味である。一応半ダイオライト記念勝ちこそいるが、当時としてもかなり流から外れた血統と言えなくもない。

それというのも、 彼が生まれた栗山牧場(現・ユタカファーム)の所在地はなんと茨城県江戸崎町(現・稲敷)。美トレーニングセンターの隣町とはいえ、産の流から外れるどころじゃない地域にあったことと関係ではないだろう。

7月福島デビューするが4着に敗退。12月まで自重した後、中山で復帰するも2連続2着と詰めの甘さを見せるがダート未勝利戦を勝ち上がる。
この後、ダート条件戦でまた2着続きとなるが、皐月賞前に条件戦を圧勝で突破。賞が不安視されたものの滑り込みで皐月賞に出走。

この年のクラシックの中心はサクラホクトオーで間違いないと思われていたが、彼はに致命的に弱いという弱点をし評価を下げていた。
そしてこの年の皐月賞は大馬場がとんでもないことになってしまっていた。しかしホクトオーが大敗した弥生賞を圧勝したレインボーアンバーはその走の反動で脚を痛めて離脱するハメになっており、更に前戦の重賞を連勝したようなもおらずと大混戦となった。
結局ホクトオーが1番人気に推されたが、2番人気には弥生賞3着以外特に実績のないアンシストリーという大混戦となっていた。
そんな中、ウィナーズサークルも前走ダートとはいえ圧勝したのが評価され7番人気それなりに高い評価を得ていた。 レース営から移籍して来た3番人気ドクタースパートが泥田んぼ馬場を突き抜け快勝。
ウィナーズサークルは泥田んぼ馬場が幸いしたのか2着に走。やっぱりサクラホクトオーは沈没した。 
そして、この2着でダービー出走をほぼ確実にし、日本ダービーへ向かう。

この年のダービー皐月賞にまして大混戦となった。まずサクラホクトオーは二連続大惨敗で全に失墜。5番人気にまで評価が落ち込んでしまった。
ならば皐月賞が中心かと思われたが、ドクタースパートハワイアンイメージ二世とでも思われたのか4番人気にとどまり、1番人気パーソロンラストクロップで、今となっては懐かしい関西秘密兵器称号を背負った三連勝中、しかし重賞実績皆無ロングシンホニー、
2番人気クライムカイザーで、皐月賞は頓挫があり出られず休み明けのNHK杯を3着した共同通信杯勝ちイネルブレーブ、3番人気皐月賞2着のウィナーズサークルという並びになった。ちなみに皐月賞で2番人気に推され3着のアンシストリーは怪で離脱していた。
しかし、ロングシンホニーも単勝6.0倍たまたま推せそうだったからなんとなしに押し出された感じの1番人気であり、サクラホクトオーまで単勝オッズは10倍を切っていた。
ダービートライアル勢はどうした?と思うかもしれないが、当時OPの青葉賞は8番人気が、NHK杯に至っては11番人気勝利するなど人気サイドが総崩れになる展開で勝ちが評価されず
関西の当時最終便である京都4歳特別を人気サイドで勝ったスターサンシャインで断念しその後引退という事態に陥っていた。
つまり、史上稀に見る低レベルでの大混戦となってしまったのである。 今こんなメンツになったら某大掲示板で始まる前からレーススレが乱立するレベルである。
そんなレースは中団から抜けだしたウィナーズサークルがNHK杯2着ながら1着より人気のあったリアルバースデーを抑え優勝。 第56代にして芦毛茨城県として史上初のダービーとなったのである。
ビワハヤヒデゴールドシップすらダービーは勝てなかったことを考えると、彼は凄まじい事をやったとも言えるのだが…
その後、菊花賞路線に進むが菊花賞で惨敗。レース後故障が発覚し引退した。 

引退後は種牡馬となったがステイヤー血統と見做され不人気々に第一線から退く事になった。晩年はモンテプリンスがいた事で有名な茨城県岩間町(現・)の東京大学大学院学生科学研究科付属牧場に繋養。東大牧場ではダービー芦毛であることに加えて人懐っこい性格であることも手伝って大変可がられたという。
2016年8月没。

余談

様々な史上初の記録を持ち、翌1990年アイネスフウジンダービー制覇でシーホークの産駒ダービー連覇の起点ともなった彼だが
現代での評価はおっそろしいほど低い。 というのもとにかく周りが弱すぎるのと上下の世代が強な個性を放つ強い世代だったのがいけないのであろう。
彼の世代で古になってGⅠを勝ったのはオサイチジョージのみという体たらくであり、ウィナーズサークル自身も怪があったとはいえ、菊花賞路線で勝てなかったり現役も短いため
オペックホースのように連敗記録こそつくったがタフに走ったわけでもなし、さりとて同じく競走馬として短命に終わったアグネスフライトのようにドラマ性もない。
彼が話題に出るのは上記二頭などと史上最も弱いダービーを競う時くらいである…

とはいえ、ひたすらに祟られたダービー前までもスターサンシャインらがリタイア、ダービー後も当時ダービー出走さえ出来れば後は野となれ山となれという時代の気が残っていた時期とはいえ
それを勘定に入れても脚をぶっ壊した素質が続出したこの世代は不運に見舞われたとも言える。
なんにせよ、情けない世代のダービーという事もあり評価が好転する気配は今のところはない。 

血統表

*シーホーク
1963 芦毛
Herbager
1956 鹿毛
Vandale Plassy
Vanille
Flagette Escamillo
Fidgette
Sea Nymph
1957 芦毛
Free Man Norseman
Fantine
Sea Spray Ocean Swell
Pontoon
クリノアバー
1977 栗毛
FNo.21-a
*グレートオンワード
1971 鹿毛
Sir Ivor Sir Gaylord
Attica
Princess Isabelle Prince Chevalier
Isabelle Brand
*クロシェット
1958 鹿毛
Mossborough Nearco
All Moonshine
La Cloche Le Lavandou
Angelus

クロス:Firdaussi 5×5

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/05/25(水) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2022/05/25(水) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP