今注目のニュース
がん検診結果の誤通知で女性が死亡 「問題が起きた理由」に非難殺到
「ゲーム部」運営会社、メンバーの声優変更を認める
【サトシ超人説】「ピカチュウを肩に乗せて歩く」ってよく考えたらキツくない? → 検証してみたら肩こりどころじゃ済まなかった

オワタ式単語

オワタシキ

掲示板をみる(169)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

オワタ式とは、操作キャラクターが一度でもダメージを受けると即死となる状態でゲームをする縛りプレイの一種である。命名者はおっくMAN氏。由来は人生オワタの大冒険である。

エミュレーターチートを使って体の最大値を1にしている場合が多いが、オフシャルでオワタ式に準ずるルールステージモードを搭載するソフトもある(一撃死ソフトで残機設定を0にしても、オワタ式になる)。

当然ながら、難易度は跳ね上がる。そこにさらに倍速プレイを追加するとんでもない人もいる。

となるゲームジャンルアクションが最も多く、格闘ゲームシューティングなどがこれに次いで多い。その一方、どのタイトルであろうと基本的にダメージを受けることが前提で設計されているRPGのオワタ式はほぼ無理ゲーと言って差し支えない。ただし、ターン制を採用しているローグライクゲーム不思議のダンジョンなどに関してはこの限りではない。
ゲームタイトルとしてはロックマンGTASAなどが有名である。

チートを使わずゲーム自体にも即死モードがない場合は、「ノーダメージ縛り」としてプレイすることになるだろう。ただ動画としてみる場合、「ノーダメージ縛り」は大抵成功した「ノーダメージプレイ」の動画がほとんどだが、「オワタ式」の場合は失敗シーンをあえてカットせずありのままのプレイを見せているものが多いと思われる。死亡しまくりながらも徐々にコツやパターンをつかみ、あるいはスキルの上達によって難所を切り抜けていくという過程も楽しめるのが「オワタ式」プレイ動画の特徴と言えよう。

公式オワタ式の一例

また「レベル1固定」、「難易度を最高にする」等の制限・設定により、どうやっても被ダメージが最大体えるなど事実上オワタ式(あるいはそれに準ずる状態)になるタイトルもある。

関連動画

関連コミュニティ

 

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/19(金) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/19(金) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP