ガンダム開発計画単語

ガンダムカイハツケイカク

  • 0
  • 0
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ガンダム開発計画とは、『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』の劇中で登場する計画である。

概要

未曽有の大戦である一年戦争地球連邦軍が多くの犠牲を払って辛うじて勝利してから3年。戦後の復の一環として、コロニー再建計画と新たな兵器MSモビルスーツ)による戦術の見直しが行われた。

特に後者青天の霹靂の如く現れ、覚ましい活躍と共に連邦勝利に導いたRX-78-2 ガンダムの後継機を造り、連邦ジオンの技術を融合した次世代機の開発及び検証がこの計画の的だった。先の戦争で戦死したレビル将軍の後継者にしてジョン・コーウェン中将責任者として、機体開発をジオニック社やツィマッド社などのジオン系軍需企業を合併し、巨大企業になったアナハイムエレクトロニクスとの共同で行う事になった。

まず最初の試作機にして0号機であるブロッサム製作。だがブロッサムは一つの機体に多くの機を盛り込んだ弊で、パイロットが性を引き出せなかったという反省点から一つの機を重点的に特化した機体を作るコンセプトに切り換わった。以後の開発は連邦系装備を手掛けた先進開発事業部(クラブワークス)とジオン技術者が多く在籍する第二研究事業部の二つの事業部に委託される。その結果、前者は1号機と3号機を、後者2号機と4号機を製作される事になる。

計画内で開発された機体一覧

通称は『試作〇号機』や『〇号機』を呼んでいるが、開発スタッフの多くは女性な為か
コードネーム名前で称されるのがこれらの機体の特徴である。

RX-78_GP00 ブロッサム
同計画にて開発された最初のガンダム。右側に索敵用レドーム、左側に大ビーム・ライフルと多な武装を装備されているが、実戦投入時のパイロットへの負担が予想以上に大きく、性を活かしきれなかった為、以後の開発方針に大きく変更する事になった。

RX-78_GP01 ゼフィランサス
かつてのRX-78-2の長所である機動・汎用性をさらに発展した機体。コアファイターや後のムーバブルフレームを採用されている。後にジオン残党との戦闘で大破し、RX-78_GP01/Fb フルバーニアンとして修される。

RX-78_GP02A サイサリス
同計画で開発された機体の中でも独特なフォルムを持つ機体で、当初はバズーカを用いた武装切替を持つ ガンダム顔のドムとして設計されたが、それでは戦局を変えるには不十分として戦術核による殲滅戦に変更された。バックパックを核弾頭収納に使われているため、大ラスターを両肩部に付けられているのが特徴。

RX-78_GP03 デンドロビウム
同計画で開発された機体の中で最もインパクト大きく、ロマンの塊とも思える機体。全長100mを越すコンテナユニット・オーキスとそれを使いこなすコアとなるガンダムタイプステイメン (RX-78_GP03S)の二つで一つの機体となっている。またコックピット内部もRX-78 NT-1 アレックスで試験的に採用された全周囲モニターを本格的に取り入れている。

RX-78_GP04G ガーベラ
肩の大ブースター背中のシュツルム・ブースターを使っての宇宙空間での戦闘に優れた機体。コンセプト1号機と重なっている為にフレーム完成した段階で中断されたのだが・・・

計画の末路と後の影響

連邦軍とアナハイムとの共同開発で運用方法が異なるガンダムを数機造られたことで本計画は成功したかに見えた。

だが、地球圏でのジオン残党の最大勢デラーズ・フリート』が事前情報漏洩されてしまい、オーストラリアトリントン基地襲撃による試作2号機強奪事件から端を発するデラーズ紛争へと引き起こしてしまう。これにより南極条約(終戦後にジオン公国の解体が行われた為に事実効)で禁止されている核兵器製造を密かに行っていたという糾弾や コロニー落とし阻止失敗と連邦軍の威信を著しく低下するという事態に陥ってしまう。この機会とばかりにジーン・コリニー大将ジャミトフ・ハイマン准将保守がコーウェン中将に全責任を押し付ける形で、粛清という政治勝利を獲得し、本計画で次ぎこんだ大な予算を用いてU.C.0083 12月4日ジオン残党狩り的とした精鋭部隊、ティターンズを発足。 デラーズ紛争を引き起こす要因となった本計画と計画内で開発されたMS達はその後、U.C.0084 3月10日公式の記録により殺され、 全てがかった事にされるという苦い結末を迎える。
 

RX-78 GUNDAM

GP01/Fb

GP02A

GP03

-登録抹消-


だが、全に消え去ったわけではなく本計画で培った技術は後のMS開発に大きく貢献する事になる。
ムーバブルフレームやEパック方式のビーム・ライフル、小化したI・フィールド、 さらにはMSとMAの特性を持つ第3世代MSへと立たないけど大きく貢献する結果を生み出す事になる。

U.C.0099、アナハイム社が16年前に開発したとされるGPシリーズの存在を同社によって、表される。これによって、一年戦争グリプス戦役の間を繋ぐ機体として注される。

関連動画

ガンダム開発計画に関するニコニコ動画動画紹介してください。

関連商品

ガンダム開発計画に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2020/03/25(水) 17:02:35 ID: wV8M2o6Zj+

    資料の一部はUC99年に開されてたという設定
    あくまで一部(それも開発中写真とか)なので、完成品とは差異が大きいけど
    デンドロとか全然違う

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/09/25(金) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2020/09/25(金) 17:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP