シーマ・ガラハウ単語

シーマガラハウ

  • 5
  • 0
掲示板をみる(318)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

シーマ・ガラハウとは、OVA機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」に登場する人物である。
通称:シーマ様

概要

CV真柴摩利

ジオン公国軍突撃機動軍所属で階級は中佐ジオン公国軍海兵隊艦隊(後のシーマ艦隊)代理官。

薄幸の美熟女

一年戦争時には務の上に破壊工作虐殺等の汚れ役という海兵隊官を押し付けられ、その仕事内容から仲間内からも蔑まれていた(但し、コロニーへのガス注入は自ら好んでやった訳ではなく、それによりトラウマを負う等、後々まで彼女を追い詰める一因となる)。
戦中は多大な戦果を上げたにも拘らず昇進できず(※諸説あり。別項を参照)、故郷も奪われ(ソーラ・レイ改造された)、挙句に終戦時には部下を含めアクシズへの亡命を拒否された。

その後、やむを得ず宇宙海賊等で部下達と共に4年程何とか生き抜いていたところへ、エギーユ・デラーズからデラーズ・フリートへの招聘を受ける。もちろん先の事情から既にジオンに対する忠心等はさらさらかったが、自分達の安住の地を得る為のチャンスと捉えてデラーズ・フリートに参加、自らの的の為に策謀をめぐらして各地を奔走する。
しかし、空気の読めない男共から幾度も邪魔を受け上手く行くどころか、最後のより所であった母艦リリー・マルレーンを破壊された上に、部下達も大半が殺され、自身もGP03デンドロビウムメガビーム身で乗機を刺、そのまま零距離射撃で消滅するという凄惨な最期を遂げる。

母艦を破壊された後、「そうかい、一年戦争で何もかもくしたと思っていたが・・・そうかい、こうも身ぐるみ剥ぐかね・・・情けないね・・・」と独り言ちる。結局彼女は汚れ役のまま、何も手に入れることが出来ずに宇宙となった。

PS2専用ソフト機動戦士ガンダム めぐりあい宇宙」では、彼女焦点を当てたシナリオが用意されている。原作では悲劇的な最期を辿ったが、ゲームでは最後まで生き残り、ティターンズの特務部隊に編入される。これでようやく幸せを掴んだかと思いきや、現実はそう甘くなかった。スペースノイドだからか、ティターンズでも汚れ役を押し付けられ、嫌気が差したシーマは人知れず出奔。その後、行方不明になった。結局、穏な生活は手に入らなかった。

パーソナルデータ

注意 : 身長や年齢は公式設定として開されている資料は確認できていません。情報みにせず、自分で資料を探して調べた方が良いでしょう。

身長 : 不明(絵柄から算出した推定値は190cm前後?)

キャラクター身長較表にはコウ・ウラキ178cmと記載されているが、頭髪から靴底までを含んだ絵柄の基準線に対して178cmと振ってあるため、実際の身長176~177cm程度と考えられる。他の人物の身長は資料を実測した較値となる。

ガトーを195cmとする説が流れているが数値として記載された資料はい。絵柄から算出した推定値は195cm程度になるが、これは頭髪から靴底までの基準線間を実測した値から算出されていることから193~194cm程度がベターと考えられる・・・が、あくまでも絵柄からの推定値にしか過ぎない。

シーマガトーと同じ195cmなんだぜ!なんて言われてますが、対表の絵柄ではヒールを履いた上での高さがガトーよりも低くなっている。間違ってもガトーと同じなんて事はいので要注意です。

コウ1 シーマ1 コウ2 シーマ2
設定 178cm - 178cm -
実測値 57.5mm

63mm(頭髪からヒールまで)=195cm

61mm(頭髪ヒール含まず)=189cm

78mm

84mm=191.7cm

ヒールを含まないが俯瞰絵

年齢 : 不明(ただし35歳の可性がある)

※5話の資料にシーマ装や表情の設定画があり、その一部に「年齢は35才.... ....オバサンです。」と記載されている。ただし設定画にちょい書きされているだけであり、公式設定として取り上げられたことはない。

階級

一年戦争開始時の階級については諸説があり、内容も中佐少尉まで幅広い。基本的に中佐であった話が(ゲームドラマCD等を見ても)一番多いが、一部のゲームには少佐のものもある。
尉官であったという意見も散見するが、海兵隊艦隊は少なくとも一年戦争前には既に編成されており、代理とはいえ常勤業務としての着任である事を考えると、その艦隊官という役職に尉官が任命されるというのは(官が殉職する等の緊急事態が発生し、一時的に代行する場合や、コネ等による掛着任の場合を除けば)非常に考えにくい。
また部下のデトローフ・コッセルがこの時大尉であったようなので、最低でも佐官クラス(准佐はいので中佐少佐)にはなっていただろうと推察される。

一番説の多い中佐であったと仮定すると、昇進はかった事になる。しかし、開戦時から艦隊官として様々な作戦に従事し、終戦までのMS撃墜スコアも56機でエースパイロットに数えられる彼女は、その作戦上の性質はさておいて、大戦期間中を通じて多くの戦果を挙げていたと考えられる。
従って、同時期におけるジオン公国軍の昇進状況を考えると、出身地の事もあって彼女を含め海兵隊そのものに対する上からの評価(功績とは別の意味で)は全体的にかなり低かった(使い捨てな便利な駒程度の認識)と思われる。
特にジオン公国の場合は専制政治という政治体制のため、政と軍の分目が曖昧(と言うよりはいに等しい状態)であり、上流階級に嫌われると昇進し難い(もちろんその逆もある)。

因みに、シーマ艦隊の本来の艦隊ソーラ・レイの開発責任者であるアサクラ大佐で、こちらも一年戦争通じて昇進していない。彼の場合「本来技術士官である為戦功による昇進が難しい」、「ギレン閥の人間なのでキシリア配下の突撃機動軍で栄達は望み薄」、「キシリア自身が少将なので突撃機動軍内での階級層が下にスライドしている」などの原因が考えられる。
大佐の下に同格以上の代理を着けるわけにもいかず、これがシーマの階級も固定された原因のひとつかもしれない。配置換えと言う解決策が取られなかった点も、彼女シーマ艦隊への評価がどのようなものだったかを想像させる。

まあ、突撃機動軍及びその配下の地球攻撃軍に関しては、佐官・将官の上下はあまり意味を持たない場合が多いのだが。師団長・艦隊を務める大佐中将の上位の職責に、それより下の少佐少将がいることがしくない。

なお、非戦時であった一年戦争開始前の段階で、若くして佐官クラスになっていた者は特権階級(そのお気に入りも含め)を除けばほとんどおらず、男性ばかりで軍隊の総人数が少ないジオン公国軍において、有なコネも30代そこそこで中佐になっていた彼女スーパーエリートであったと言っても過言ではない。そんな彼女が何故「汚れ役」に回されたのかは非常に疑問で、やはり何らかの「意思」が何処かで働いたのではないだろうかと考えられる。
戦争さえなければ将官まで上り詰めた可性があり、彼女の言葉にもある通り、一年戦争彼女から多くのものを奪ってしまった。

毒ガス事件

一年戦争開始直後に行われたサイド1・2・4に対するガス差別攻撃に参加するが、海兵隊には催眠ガス、あるいは催ガスの類と説明されており、艦隊官である彼女自身もガスとは知らされていなかった(ただ使用方法や量については多少疑問には思っていたと言う話はある。しかしまさかガスそのものとは考えていなかった模様)。そのため使用直後に何のガスかを知る事になり、余りショックで茫然自失、一時恐慌状態にも陥る。

……という説が流布しているが、これは『ギレンの野望』のムービーシーンネタ元。実はガス描写の初出で、サンライズ製作監督・脚本はOVAでも監督・脚本を務めた今西氏)のドラマCD宇宙蜉蝣』では、注入初期段階からはっきり「G3ガス」と明言されている。こちらでは海兵隊ペレーターが最初こそ淡々と進捗を報告していたものの、致死濃度に達したあたりから艦隊全体に動揺が広がっていく様子が描かれている。

その後この作戦トラウマとなり、以降自責の念からか延々と悪夢を見続け、作戦から4年以上経過した後でも悪夢にうなされるシーンがある事から、その時に負った彼女の傷の深さが分かる。

また、この事件以降は常に汚れ役ばかりをやらされ続けたせいもあり、内情を知らない正規部隊からは忌み嫌われていく事になる。

人間関係

キシリア・ザビ

ザビの長女でシーマの属するジオン公国軍突撃機動軍の官。階級は少将ジオン公国軍海兵隊を創設はキシリアによるものである。

一説にはシーマに期待をかけていたという話もあるが、多くの謀臣を抱えており、あるゲームではコロニーに対するガスの使用について何のく、「海兵隊の独断」とギレン・ザビに報告するなど、その後の海兵隊に対する扱いからしてもとてもそうとは思えない行動をとっている(このゲームアニメ本編との矛盾が多々あるので、これを以ってキシリアの見解とすべきかは断定できないが)。

艦隊創設からその後の扱いまで、シーマの転落人生を決定付けた原因的な人物。

アサクラ

ジオン公国軍の技術将校(1st作中のソーラ・レイ発射シーンギレンからの「ゲルドルバ照準で発射」を受けオペレーターたちに示した人物)。階級は大佐ジオン公国軍海兵隊艦隊官。シーマ海兵隊員の直接的な上だが、その部下達の故郷であるマハルコロニーをソーラ・レイに変えた人物でもある。

海兵隊の艦隊官だが彼自身はギレンであるため、キシリア・ザビ配下の軍属となる事自体が不満だった上、海兵隊の内情が酷かった(全員ハル出身の荒くれ者達)ために赴任を拒み、シーマを代理官に任命(彼の独断かは不明)して自身は任として対処した。暗部に深く関わっていた事から、戦後拠隠滅と責任転嫁に奔走、その一環としてシーマ艦隊のアクシズ受け入れを拒否した。

ただ、暗部に深く関わってきたとはいえ、ギレンの彼はキシリアにとって信用たる人物だったとは思えず、ギレンに知られたくないような破壊工作虐殺等の海兵隊に対する示を、わざわざアサクラを通して実行させたかは疑問の余地がある。また戦争中はギレン直轄下でソーラ・レイの建設、及び管制の責任者を務める等、その他の業務で較的多忙な身であったことから、彼に海兵隊揮命系統に直接的に携わるような時間的余裕があったとも考えられず、状況的に見ても役職だけで実質的な揮命は直接キシリアが行っていたとの推測もある。

も、破壊工作虐殺等は、一週間戦争是としてジオン軍結集の上で実施しているので、ジオン軍最高官であるギレンに知られたところで弱みになりえるものでもない。そもシーマ艦隊の悪名が友軍内でいている時点で、「知られたくないような」と言う前提が成り立たない。また、ソーラレイに関しても建造開始はジオン側の負けが込んでからの一年戦争末期の話で、それを以って多忙とするのはいささか理がある(とは言え、本音は自身を任としたそれなりの建前として、何らかの職務に当たっていたと推測はされ)。

エギーユ・デラーズ

ジオン公国軍残党部隊の一つであるデラーズ・フリート官。階級は中将。(一年戦争時はギレン・ザビの親衛隊艦隊に所属し、階級は大佐。)

0083年、作戦の戦確保のためにシーマ艦隊をデラーズ・フリートに招聘、地球連邦政府に対して宣戦を布告を行い作戦を決行すものの、戦争終局間際にシーマの裏切りに合い、殺される。

シーマ艦隊をデラーズ・フリートに参加させた後、シーマに対して特に警はしていなかったようで、最終局面までかなり自由に行動をさせており、直接的な裏切りに合うまでに何らかの対策を施していた様子はい(反撃の余地もく、簡単に旗艦の艦を制圧されている)。

シーマ艦隊を招聘した時の会話や、アナベル・ガトーシーマを導くと発言をするなど、デラーズとしては方法こそ非ではあったものの、ジオン公国勝利のために尽していた部隊と(一般将兵の悪感情にべれば)較的良い方向には評価をしていたものと思われる。

アナベル・ガトー

ジオン公国軍残党部隊の一つであるデラーズ・フリートに所属。階級は少佐。(一年戦争時はドズル・ザビ宇宙攻撃軍に所属し、階級は大尉。)

シーマ艦隊をデラーズ・フリートに招聘する事に強く反対しており、招聘後も一定の警はしていたようだが、作戦メンバーであった事やデラーズの説得もあり、作戦に集中する。しかし結果としてシーマデラーズ殺を止める事は出来なかった。

シーマが裏切った際に「獅子身中の」と言い放っていることから、特に内情を把握していたわけではなく、単純に一般的に知られているシーマ艦隊の所業や、シーマの表面的な性格からくる偏見から、軽蔑、警していただけのようだ。

グリーン・ワイアット

地球連邦宇宙軍所属。階級は大将シーマ艦隊の呼びかけに応じて極秘会談を行おうとするが、会談に関する情報アルオンに通達されていなかった(ジョン・コーウェン中将の閥と敵対関係にあったためか)ため、任務中であった同艦によって意図しない妨を受ける。その後作戦の核攻撃で旗艦ごと消滅させられた。

少々軽薄な英国紳士だが、一応紳士として信義は大事にしていたようで、会談を潰された際に少なくともシーマを逃がそうとし、このことからシーマに「良い男だったかも」と評された。シーマと交渉を持った連邦側将校としては一番まともな部類に入るため、この交渉でうまく事を進める事がシーマに取っては最良のになったかもしれない。

エイパー・シナプス

戦艦アルオンの艦長。地球連邦宇宙軍所属。階級は大佐。軍属としてはで優秀だが、政治々にはからっきしであったことや、2号機追跡任務によってほぼ常に戦地に出ずっぱりであったこと、直属の上であるジョン・コーウェン中将ワイアット大将と敵対閥にあったことなどが災いし情報を得られず、前述の通りシーマワイアットとの極秘取引を意図せず妨してしまい、結果としてシーマ不幸のどん底に突き落とすこととなった。

戦後に命違反の罪と艦の私物化の罪によって裁かれた上、デラーズ紛争の全責任を押し付けられ、銃殺刑に処される。ある意味では、シーマと同じような筋をたどることとなった。

部下達について

海兵隊の部下達とは非常に良好な関係にあったようだ。故郷(全員サイド3の3バンチコロニー・マハルの出身)や遇が一緒な事もあっただろうが、部下達を見捨てることもく、悪名高いシーマ艦隊の官として責任を取り続けた彼女の人望によるものが大きいのではないだろうか。

デラーズ紛争終局間際の混乱の中でも部下達は最後まで彼女を裏切ろうとはせず、必死に守ろうと懸命に戦ったが、GP-03によって一方的全滅させられた。

主な搭乗機

麾下艦隊(シーマ艦隊)

関連項目

関連動画

関連お絵カキコ&静画

関連商品

この記事を編集する
流行語100

掲示板

  • 316ななしのよっしん

    2020/11/13(金) 21:30:58 ID: 3Q8emPUvCS

    ほんと不憫、裏切りは待遇として仕方がなかったそもそも裏切ったのは(汚名被りの捨て駒として扱う)のは上の判断
    一人なら幾らでもやり方はあった・・・ただ部下が居てそれを見捨てるのはかつての上と同じではないかと見捨てず、海賊まがいの業から部下の今後の生活のために足を洗い、永住権をめる

    部下が万全にに着陸するためにガイドビーコンをし、それをの前で壊され、最期に刺しされるべきキャラクターではなかった・・・
    自暴自棄になりかけそれでも部下と支え合い、最期の希望として永住権を・・・実際渡った綱の細さといい途中で切れてもおかしくはないがあと数歩まで進んだ進みきったからな・・・

    悪女といったやつは許さない

  • 317ななしのよっしん

    2020/11/15(日) 02:51:35 ID: 1qYORs3Rx8

    褒めること最優先なせいで悪役を少しでもマシに見せかけようとする某事典で、予測不能回避不可能な運命を背負ってるこの人と、クズが同列視されてるのを見てマジでキレそう。

    いややっぱキレてるな……

  • 318ななしのよっさん

    2020/11/26(木) 21:30:58 ID: bZI8xAQMue

    リベリオンでの生存確定おめでとうございますシーマ様
    ガンダムエース読んでたらラストに出てきてくれてビビった

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/12/03(木) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2020/12/03(木) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP