今注目のニュース
電車内で「おしっこ」と宣言した酔っ払い 車内は一瞬で地獄絵図に...とある男性の衝撃体験
「デビューまで半年から数年」を「最短即日デビュー」に短縮 マンガ家デビューへの道のりが変わる、LINEマンガの新たな取り組みとは
「金を返せ、さもなくば…」 女性のヌードをSNSにアップした男に実刑判決

シュテファン・ノイマン単語

シュテファンノイマン

  • 0
  • 0
掲示板をみる(6)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

シュテファン・ノイマンとは、「銀河英雄伝説」の登場人物である。

舞台 銀河英雄伝説外伝オーベルシュタイン篇」のオリジナルキャラクター。演者は岸祐二

概要

パウル・フォン・オーベルシュタイン違いの

帝国軍の秘密諜報組織「ハウンド」のフューラーとして極秘諜報揮したが、第7次イゼルローン要塞攻防戦の際、イゼルローン要塞駐留艦隊旗艦に乗艦しており戦死した。

秘密諜報組織「ハウンド」

あぁ、ら軍のものは……まぁごく一部の、その存在を承知しているものだけだが、
蔑んでオーベルシュタインと呼んでいる。

―ビットナー少将

ゴールデンバウム朝銀河帝国軍は公式には諜報機関を持たない。だが、その代替となる諜報組織を個人的に所有する一族が存在する。正式名を持たず便宜上「ハウンド」と呼ばれるこの組織も、そういった秘密諜報組織の一つであり、代々下級貴族オーベルシュタインの当が世襲で引き継いでいる。

ルドルフ大帝の御世以来諜報組織として四世紀半にも及ぶ歴史を持つだけあってその調は高く、監視映像記録の調から簡単な暗殺までこなす。また非公式な存在とはいえ国家の下にある組織であるためか、偽の身分で軍内部に潜入することもできる。

もとより帝国内では貴族社会のしがらみが強く、場合によっては公式憲兵隊を動かすことが難しい案件も存在する。ゴールデンバウ末期における「ハウンド」はそういった政治的に危険な「汚れ仕事」に使い立てされる組織であり、その存在を知るごく一部の帝国軍人からはオーベルシュタインと蔑まれる存在である。

経歴

シュテファン、おまえがこれからはパウルとなり、足となってささえるのだ。

オトマール・フォン・オーベルシュタイン

幼い時、民の出であった交通事故で失い、オーベルシュタインに引き取られて養育されることとなる。

実ははかつて「ハウンド」の機関員であり、シュテファンは「ハウンド」の長オトマール・フォン・オーベルシュタインとの間に成した子だった。オーベルシュタインの嫡男として生まれたオトマールの子パウルが生まれつき「劣悪遺伝子」である盲目であったことから、代わりの次代フューラー補としてオーベルシュタインに引き取られたのである。母親はこの時、交通事故を装って殺されている。

オーベルシュタインで育つことになったシュテファンウルに「兄さん」と慕われ、義眼で身体も弱い嫡男パウルを支えるために強くあることが「生きている意味」であると教えられて育った。代々「ハウンド」を率いる武門のとして、その当は強くあらねばならなかったのである。

オーベルシュタインの「表」と「裏」。
これまで代々の当がひとりで担ってきたことを、これからはおまえたちふたりで分担するのだ。

オトマール・フォン・オーベルシュタイン

その後、義が病死すると「ハウンド」のフューラーを継ぐ準備のため士官学校入学帝国軍人となる。中佐まで昇進して退役し、オーベルシュタインの「裏」を統括する人間として「ハウンド」の実質的なフューラーとなった。

宇宙795年、シュテファンオーベルシュタインの「表」であるパウルを経由して「ラインハルト・フォン・ミューゼルの身辺調」を命じられ、これに着手。「猟の鼻」によってラインハルトの野望を察知し、調の結果その的が単に位人臣を極めることではなく「ゴールデンバウム王の打倒」にあることを確信する。

だが、それを上層部に伝えるかどうかをめぐりパウルと対立。自身の生まれもった障ゆえにラインハルト英雄視するパウルも、シュテファンの説得に最終的には折れたかに見えたが、その報告書はパウルの手で差し替えられ、結局上層部に伝わることはかった。

世の中には、大のを生かすために小のを殺す、そういうことも必要なのだよ。

―シュテファン・ノイマン

ラインハルトの調自体はそこで終了となったが、パウルイゼルローン要塞駐留艦隊部に転属すると、シュテファンも要塞内にいるという内通者の調のため身分を偽って駐留艦隊の旗艦へと配属される。そして同盟軍がイゼルローンに迫り駐留艦隊が出撃、艦隊の行動を巡って官ゼークトと対立し艦を追い払われたパウルは、彼を追ったシュテファンに本心を吐露する。

ウルはなおラインハルトの近辺を嗅ぎ回る「ハウンド」を粛清しようとしていた。が思っていたよりはるかに「オーベルシュタインの当」に相応しく育っていたのだ。だが「猟には猟の誇りがある」とったシュテファンはパウルの脱出の誘いを断り、に手をかける。だが彼は撃たなかった。「となり足となりささえ」たを撃つことなど出来なかった。そして彼はに最後の言葉を残し、自らの頭を撃ち抜いた。

おまえはその、冷仮面を脱ぐな!それが、としての最後のはなむけだ……!

―シュテファン・ノイマン

能力・人格

「ハウンド」の揮者として鍛えられただけあって、彼と「ハウンド」の諜報は極めて高い。

ラインハルトの野望を調する際には、の監視カメラルドルフ大帝像のにあると言われている監視カメラと思われる)の膨大な記録を全て調し、6年前の映像からラインハルトキルヒアイスに話しかけているシーンを見つけ出し、その唇の動きから内容が「ルドルフに可だったことが、おれに不可能だと思うか?」という大逆罪にも類する不逞な野望であったことを看破してのけている。

性格は温和で、パウルの良きであった。普段から冷仮面を被るパウルもシュテファンとであれば笑い合うようなこともあり、その会話からも互いに頼りにしている様子が伺える。とはいえ「ハウンド」の長として十分に冷な一面も持ち、オーベルシュタインの「知りすぎた」メイドをかつてオトマールにしたように交通事故を装って消すといったことも「大のを生かす」ためと然と行う。

事実母親父親に殺されたようなものではあるが、そのことについては決して恨んではいない。オーベルシュタインに養育されていなければそのまま貧乏民の子として育って徴兵され、20歳にも満たず戦死していただろうと推測し、自身を引き取り、士官学校へ行かせ、「ハウンド」の実質的なフューラーという地位まで与えてくれたオトマールにむしろ恩があると話している。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/23(水) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/23(水) 21:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP