今注目のニュース
投票所入場券に「性別」載せる必要はある? 自治体でバラバラ...「削除」署名も
魚卵うめぇ!深海920メートルの海底で、魚の卵をむさぼるハングリーなカニのレア映像(アメリカ)※ツブツブ注意
VTuber「ゲーム部」声優、やっぱり変わっていた 運営社が発表、残る2人も変更へ

レディストーカー単語

レディストーカー

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

レディストーカー』とは、クライマックスが開発しタイトー1995年4月1日に発売したスーパーファミコンゲームソフトである。『~過去からの挑戦~』という副題も付いているため、正式なタイトルは『レディストーカー~過去からの挑戦~』となる。

ゲーム自体の評価は低くないのだが、それとは別に「エニックスの有名ファンタジーRPGドラゴンクエストIV 導かれし者たち』の関連作品となるはずだった」という噂話でもよく知られている(後述)。

概要

クライマックスが開発しセガ1992年に発売したメガドライブソフトランドストーカー皇帝の財宝~』の流れをむ作品である。ジャンルは一種のアクションRPG

主人公斜め上から見下ろすような画面形式(いわゆる「クォータービュー」、ちなみにこの言葉は日本ゲーム業界で生まれた和製英語らしい)を採用している。この方式によって、スーパーファミコンというハード限界もありグラフィックのほとんどがドット絵で構成されているにもかかわらず、立体的な間を表現している。本作のパッケージではこれを「立体RPG」と呼んでいる。

ストーリー

主人公レディ」はとある大持ちの嬢である。だが、とんでもないおてんばであり父親を悩ませていた。業を煮やした父親レディ大人しくさせようとついに庭の離れに閉してみたが、なんとレディをぶち破って脱走してしまう。

しかしそこに、レディ教育係・兼・庭師魔法使いでもある老爺「ヨシオ」と、コック・兼・ボディガードで回復魔法も駆使する青年「コックス」が慌てて駆けつけてきた。彼らとの一着の後、レディヨシオやコックスを引き連れたまま冒険の旅を始めることになった。

レディすのは、かつて「キングバロン」という存在が魔物を強大化させる研究を行っていたという伝説の残る「デスランド」。このにはキングバロンに由来すると言われる遺跡や財宝が数多く残されており、それにくらん人間が数多く訪れては命を落とすために「デスランド」という名が付けられたのだ。

そして船に乗ってデスランドにたどり着いたレディヨシオ・コックスの三人は、デスランドの探索を開始するのだった……。

タイトルの意味について

「レディストーカー(LADYSTALKER)」という本作のタイトルは、「ストーカー」と言う言葉に「執拗につきまとう者」という強いマイナスイメージが付いてしまった今となっては怪しげにタイトルになってしまった。しかし本作は上記のように「ランドストーカー(LANDSTALKER)」の続編であり、そして主人公が「レディ」という名の女の子に変更となったために「レディストーカー」というタイトルになっているだけである。

そして「ランドストーカー」の方も「ランド」(土地、地面、陸地、世界)に続く「ストーカー」であることから、「付きまとう者」という意味としては不自然である。英単stalk」には「気取って大股で歩く」「闊歩する」という意味があるため、「ランドストーカー」は「大地を闊歩する者」という意味であったのだろう。そう考えると、本作のタイトルの「レディストーカー」は「レディであり、闊歩する者」といった意味合いになるのではないかと思われる。

日本で「ストーカー」が「つきまとう者」という意味として広まりだしたのは1995年ごろ、定着したのは1996年ごろであり、本作の発売よりわずかに遅かった(「ストーカー」の記事も参照されたい)。発売がもう一年か二年遅ければ、タイトルが変更になっていたかもしれない。

関連作品

『ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』との類似点

ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』(以下、ドラクエ4と略す)をプレイしたことがある人が本作をプレイすればおそらくでも気づくことだが、本作はドラクエ4(一部はドラクエ5)を彷彿とさせる要素を大量に含んでいる。

類似点のさらに具体的で詳細な較は、Shingo Endo氏により制作開されている個人ウェブページレディストーカーとドラゴンクエストの共通点exit」を参照されたい。

これらの類似点と、開発を行ったクライマックスの設立者である内藤寛がかつてドラクエ4の開発会社であったチュンソフトに所属しており同作のメインプログラマーも務めていたことから、様々な憶測を呼んだ。

よく言われている噂話は、ドラクエ4の「第三章 武器屋トルネコ」の主人公トルネコ」を役としたスピンオフ作品『トルネコの大冒険 不思議のダンジョン』のように、「アリーナ」「ブライ」「クリフト」を役とした正式なスピンオフ作品となるべく制作されていた……というもの。

関連動画

関連商品

関連リンク

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/07/18(木) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/18(木) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP