今注目のニュース
片寄涼太、自分の人生が「ただごとじゃないことに」と実感した瞬間
高嶋ちさ子、ホテルにわざと忘れ物をする外国人観光客に激怒 「すぐに捨てろ」
関わりのない人から嫌われる、という意味不明な状況 「挨拶しても無視されて憂鬱…」

トルネコの大冒険 不思議のダンジョン単語

トルネコノダイボウケンフシギノダンジョン

掲示板をみる(204)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

トルネコの大冒険 不思議のダンジョンとは、チュンソフト企画・開発し、エニックス(現:スクウェア・エニックス)が製造・販売したローグライクゲーム

ニコニコ動画では、作品に応じて「トルネコの大冒険」「トルネコの大冒険2」「トルネコの大冒険3」「トルネコ」「トルネコ1」「トルネコ2」「トルネコ3」などのタグが使われることが多い。

ドラゴンクエストシリーズ本編と同じく、全ての作品のパッケージイラスト鳥山明音楽すぎやまこういちが担当している。

概要

トルネコ ネネ ポポロ

チュンソフト風来のシレンシリーズを立ち上げるにあたって、「ローグライクゲーム」というゲームジャンル日本の一般のゲームユーザーに普及させる的で企画された作品である。
その為、開発当時の一般のゲームユーザー染みが深かったドラゴンクエストキャラクターを用いて作られた。

ドラゴンクエスト4」の登場人物、武器商人トルネコが本シリーズにおける主人公
トルネコの妻のネネ、息子ポポロ要な人物として登場し、明るいトルネコ一家イメージができあがったシリーズでもある。

シリーズ作品(括弧内は発売機種)

トルネコの大冒険 不思議のダンジョン(SFC)

チュンソフトによる不思議のダンジョンシリーズの記念すべき第一作。
内容は「ローグ」とほぼ同じ、しかし「ローグ」を底的に、遊びやすく、分かりやすく、でも楽しく遊べるように設計されている。
後に大ヒット作となり、「ローグライクゲーム」というジャンル日本ゲームユーザーに浸透させることに成功した。
この作品が存在しなければ、現在の『不思議のダンジョンシリーズ』は存在しないと言っても過言ではない、歴史的作品である。

ドラゴンクエスト・キャラクターズ トルネコの大冒険2 不思議のダンジョン(PS,GBA)

第2作チュートリアルが丁寧であり、『不思議のダンジョン初心者にも問題なくオススメできる作品である。
前作で搭載が見送られたシステムが多数搭載された。

」「合成」「お店」「泥棒」などのシステムが『風来のシレン』より逆輸入された。
その他にもドラゴンクエスト本編より転職システムが採用され、トルネコの本来の職業である商人以外に、「戦士」「魔法使い」でのプレイが可となり、遊びの幅が大きく広がった。

またハード移行に伴い、グラフィックも大幅に強化された。
レイモデルのようなイメージで建物のグラフィックが作成されており、本作のオープニングムービークレイアニメを彷彿させるものとなっている。
なお、本作の為に多数のイメージイラストが描かれているが、これらのイラスト鳥山明の手によるものではなく、アニメーターの中勝洋によるものである。

オリジナル版のPS版『トルネコ2』には本来意図されたゲームバランスを乱す装備品の増殖を可とするアイテムが存在することや、ある隠しアイテムの効果が発生しないバグが存在することなどについて批判されることがあるが、バランス調整されたGBA移植版では増殖アイテム削除され、隠しアイテムバグもきちんと修正されている。

製作の総揮をとった中村光一GBA版の公式ガイブックにてGBA版『トルネコ2』を「ディレクターカット版」と表現しており、一部アイテム特定の敵に対する効果や、装備品の性、価格にも若干の変更が加えられている。

ドラゴンクエスト・キャラクターズ トルネコの大冒険3 不思議のダンジョン(PS2,GBA)

第3作にして、現時点での『トルネコの大冒険』シリーズの最新作。
クリア後に出現するダンジョンシリーズでも最難易度と言われている。
またクリア前のダンジョン難易度も総じて高く、『不思議のダンジョン初心者にはあまりオススメできない。
「理不尽なマゾゲー」と批判されることもあるが、決して攻略不可能というわけでもない為、ハマれば中度は最も高いと思われる。ある意味1000回遊べるRPGとしての完成形とも言えるかもしれない。

トルネコシリーズで初めてドラゴンクエスト本編のようなフィールドマップが採用されており、本編で用意されているダンジョンの他にも、フィールド上で遭遇することのできる「エンカウントダンジョン」という要素が追加された。

また、トルネコ息子であるポポロも本作で初めてプレイヤーキャラクターとなった。ポポロ父親トルネコと異なる点として「ダンジョンで出会うモンスター仲間にすることができる」というものがあり、多種多様なモンスターの固有能を活かしてダンジョン攻略していく。

グラフィックPS2ソフトとして製作されたことで、全面的に3D化されるなどの向上が見られる。
前作『トルネコ2』同様、イメージイラストを中勝祥が担当している。

本作にもGBAへの移植版が存在する。ハードの性の制約ゆえかグラフィック3Dではなく、『トルネコ2』のような2Dで製作されている。
こちらもGBA版『トルネコ2』同様にバランス調整がされた他、 GBAオリジナルダンジョンがいくつか追加されている。

登場人物(?)

関連動画

BGM

プレイ動画

実況プレイ動画

TAS

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/17(月) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/17(月) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP