二百三高地単語

ニヒャクサンコウチ

2.0千文字の記事
掲示板をみる(65)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

君の祖国

日本と呼ばれる

二百三高地とは、1980年8月2日開された東映配給日本映画である。二部構成185分。

田利雄監督作品。主題歌さだまさし防人の詩」。 

教えてください この世の概要と記されるものを

日露戦争における順攻囲戦をモチーフ若干フィクションを交えつつ
史実におおよそ忠実に日露双方の攻防戦を描いた大作映画

企画開の3年前よりスタートし、紆余曲折を経て脚本家笠原和夫によって大筋のストーリーめられる。

大筋としては、実在陸軍木希典を中心に、徴兵された民間人やその家族敵国ロシア軍側の描写も織り交ぜている。CGなどい時代であるため、当時としては非常に精度の高い模型や実際の火を用いて撮が行われ、要塞なども当時の資料を基に忠実に再現され、迫ある戦闘シーンとなっている。休憩前に展開される死体の山を彷徨い歩く小賀少尉シーン主題歌効果も相まって生々しくも悲壮感に溢れ非常にリアル。終盤では兵戦のシーンも描かれ、陥落のである旭日旗を巡る攻防戦は潰しまで描かれるほどエグイ描写もある。

一方で、ロシア軍兵士家族があり、彼らもまた「人間である」ということが随所で描かれ、決して勝った戦争映画なので「敵国悪人である」といった描き方をしていない。

民間人の描写も秀逸で、オリジナルキャラクターでこそあれ、徴兵によって引き裂かれた子や人という、おそらく当時実際に多発したであろう今生の別れも描かれ、それに苦悩する一線の兵隊たち、とやはり彼らも「人間である」ことが強調されている。

行は大成功を収め、17.95億円もの配給収入を記録(製作予算は15億)、'80年の邦画第3位の記録となった(なお、4位は15.5億円で「ドラえもん のび太の恐竜」だったりする)。

名場面名台詞とされるものも多く、故・夏目子による「美しい日本 美しいロ・・」と書き、泣き崩れる場面や明治天皇に戦果を報告する大将シーンなどが有名。
その中でも、中盤でロシア捕虜の通訳をしていたあおい演じる小賀少尉台詞日本映画史ひいては、戦場に赴く一兵士の心情を著した屈名場面とされる。

以下はその台詞 

「最前線の兵には、対面も規約もありません。
 あるんは、生きるか死ぬか。それだけです。
 兵達は、死んでいく兵達には、国家も軍官も命も軍規も、そんなものは一切縁です!
 灼熱地獄の底でとなって焼かれていく、苦痛があるだけがです!
 その苦痛を、部下達の苦痛を……木式の軍事で救えるがですか!?
 それなのに、部下やご息を死地に駆り立てながら、敵兵に対して、人を守れと命ずる軍官のお考えは! 自分には理解できんがです!!」 

なお、終盤に児玉源太郎揮により、最少の犠牲者により、順要塞陥落を達成し、木希典と地知幸介による揮の無能さと、それに伴うあまりに多すぎた犠牲者という描写があるが、現代ではこれは史実上、誤りではないか?と摘するもある。この描写自体は司馬遼太郎小説が大元であり、これといった歴史上の確は取られていない。(しかし、木邸が投石を受けたり、大切腹や辞任を要する者が現れた描写は事実であり、木自身が日露戦争後に妻と共に自害したのも、映画ラストで記されるとおり本当の話である)。

また、二百三高地が果たしたとされる「順艦隊殲滅のための観測点」としての役割も現代では疑問視されている。既に開戦において順艦隊艦は外洋戦闘不可能なるほどの損を受けており、二百三高地、ひいては順要塞の攻略的とされていた「順艦隊の殲滅による制権の獲得」は既に達成されていた可性が高いといわれている(しかし、その事実日本側は諜報工作把握することが最後まで出来なかったため、「やらないわけにはいかない」作戦であったというのも真実ではある。また、順戦で木と第三軍が武名をかせたことは、後の日露戦争の陸戦における最終決戦・奉会戦においていくらかのを与えていることも無視はできない)。

ニコニコにおいては、「防人の詩」の動画にこの映画タグが貼られることが多いが、上記のように、決して笑えるような映画ではないことを肝に銘じておいてほしい。おそらく、意味がわかった上で観ると号泣する。私事ながら筆者は、小学校社会科の授業でコレを観たが、何故か戦闘シーン全員が大爆笑という異様なにした。だが、もう一度言う。決して笑えるネタではない。
地上波放送などで流れるような映画ではないが、戦争がすぐそばに迫ってきている現代日本人にこそ、今一度見直していただきたい映画である。

全ての関連動画に 限りがあるのならば

関連商品は買えますか

関連コミュニティは入れますか

二百三高地に関するニコニコミュニティ紹介してください。

私の大切な関連項目も 逝ってしまいますか

この記事を編集する

掲示板

  • 63ななしのよっしん

    2020/04/18(土) 16:39:52 ID: uoHimWtj7O

    主観入りすぎなのは大百科だしいいとして
    >戦争がすぐそばに迫ってきている現代日本人
    ここはいらないんじゃないか、なんかそういう事実があるんだったらわかるけど
    >>62
    それだったら坂の上の雲も入れるべきでは?

  • 64削除しました

    削除しました ID: 50CQoJb6tg

    削除しました

  • 65ななしのよっしん

    2021/05/29(土) 20:19:48 ID: VL2O0ekJDP

    リアルで関わるのをご遠慮願いたいのは対案も出さず文句つけるのだけはいっちょ前のなんだよなぁ……

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/10/04(火) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2022/10/04(火) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP