削除厨単語

サクジョチュウ

4.2千文字の記事
掲示板をみる(163)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(204)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

削除厨」とは、「削除」という言葉に、「中学生(中坊)のように幼稚な行いをする者」という意味のネットスラング厨房」の略称「厨」を付けた言葉である。

なにかを「削除」する者を非難するときには広く使いうる言葉であるが、この場合「オンライン百科事典にて記事を消すことしかしない悪質なユーザー」をすときに用いられる。

概要

Wikipediaなどのオンライン百科事典では、様々なユーザーが書き込んで記事を作成するのだが、削除厨と呼ばれるユーザーは、自分が不要と判断した内容を削除する事しかしない。本来、消す必要性のあるものは「企業や個人等に対する暴言と言った誹謗中傷」「実在する人物に関する個人情報」等の書いてはいけない内容であるが、削除厨が削除する内容は消す必要性が感じられない内容までもを削除しようとする。
このようなユーザーは、に自分に不都合な内容を消すために言い掛かりを付けて削除する。また書いてある情報とは別に、単に更新履歴の上からいちゃもんを付けるために巡回する事を日課としていたり、古い記述を権威と感じ新しく編集を加えられる事を記事への冒涜と感じるなどの基準によって活動する者もいる。 当然編集合戦が発動し、最悪差し戻ししたユーザー通報されて規制を受けることも。

対義に「存続」というものがある。立項基準が較的緩いニコニコ大百科ピクシブ大百科では見かけない言葉であるが、立項基準・削除基準が定まっているWikipediaでは何でも削除に反対する人に使われることがある。

特徴

  • 編集は文章の削除のみ

自分にとって不要な内容の文章を見つける事と、それを削除するは優れているが、項・記事を作成したり他ユーザーが立てた記事に追記するといった「書く」事はまずやらない。このように削除する程の時間を有しているがそれを記事の追記・編集に使うことはほぼない。

「出典がない」「誹謗中傷」というように、記事の削除編集時のコメントや編集についての議論になると規約に反する内容の旨をする。
そもそもルール違反なため大抵の場合はこれが通る。しかしこれは相手を黙らせる為のマジックワードとして使われることが多く、きちんと調べた他の利用者がいれば通らないことも。

なおWikipediaでは出典のない立項は禁止されているため、削除厨でくとも使われている誹謗中傷(出典なき批判)に至っては見つけ次第即時削除加筆者も即時ブロック(裁量ブロック)があり得る(過去ウィキペディア財団が実際に訴訟されたことがあるため、なるべく訴訟リスクを避けるようにする方針となっている。他の方針は「遵守」だが、これは「厳守」となっている。)ので注意。

記事にはページコメント欄等の掲示板が設置されており、そこで編集に関する相談や議論をする必要があるが、意見をめる前にすぐに削除する姿勢を持つ。 掲示板を使用するとしたら削除したことへの報告くらいである。なおWikipediaでは「対話拒否」とされ投稿ブロックへのレールが敷かれる。

話し合いをする姿勢を見せる者もいるが、基本的に相手のを否定して自分の意見を正当化する。自分の意見が論破されても自らの意見を曲げることは一切しない。場合によっては相手を悪者扱いして批難しだす。Wikipediaでは「いつまでも「納得」しない」とされて上に同じく。

身の保全のためか、削除用のサブアカウント、いわゆる副垢に切り替えて削除する。
大抵そういったアカウントは単純な名前で、それ処かお気に入りユーザー・マイピク投稿作品・ブックマーク作品がほぼゼロであるなどの特徴があり見分けやすい。多重アカウントの利用について厳しい制限のあるWikipediaではバレ次第即ブロック、怪しいの段階ですらコメント依頼行きである。

例え戻されても即座に消す。そして相手が諦めるまで削除し続ける。この場合編集合戦となり、差し戻しユーザー側が通報を受けて規制され、相手が管理者の権限を持つ者であればその場で規制を受ける場合があるために、削除厨にを付けられた項諦めるしかない。Wikipediaには同一アカウントが3回同一記事を差し戻した際に短期ブロックがかかる「スリー・リバート・ルール(3RR)」というものが存在するためこの問題は発生しづらいが、場合によっては記事が保護状態になることも。また個人に粘着している場合、やはりブロック依頼に連れて行かれる。

削除する内容

削除する理由の中で最も多いとされる内容。
問題のある人物や作品に対して酷評や批判される理由が具体的に書かれる事があるが、その内容を「この記事の内容は明らか誹謗中傷になる。」「中立性の欠ける誹謗中傷になるから削除するべきである。」と言って削除する。 
その姿勢が更に過になると「○○という書籍で実際に書かれていた」というように出典が存在したとしても、誹謗中傷と見なし削除する。

ただし、批判誹謗中傷の差はわかりにくいものであり、自分では正当な批判と思っていても他者からは誹謗中傷に見えることも多い。Wikipediaではこういった内容は特に削除されやすい(理由は上述)。

Wikipediaに多く見られるケース。特に情報や状況拠を基にした記事は格好の餌となる。

とはいうものの、Wikipediaでは最も重要な方針として「検証性」と「独自研究は載せない」というものが存在しており情報やら状況拠などのみを出典に加筆するとほぼ間違いなく消される。そういった内容を理矢理に記述しようとすると加筆者の方がコメント依頼やブロック依頼を出されるので注意。出典として使えるものにもある程度の基準が存在し、「信頼できない情報」を出典に記述した場合やはり消される。

逆に「出典が信用できない」などと難癖をつけて消そうとする削除厨もいるが、そういった利用者はやはりブロック依頼に出される。

  • 内容が膨大となった記事

百科事典では様々なユーザーが自分の意見や考えを出し合い、様々な内容が書き込むまれ、そして一つの項完成する。 しかし折角色んな人達が築き上げた内容を見辛いからという理由で削除する。実際に雑多な内容になっている場合を除く。
差し戻そうとするユーザーが現れると「記事として見辛いから整理したんだ」と自らの削除行為を正当化する。

アニヲタwikiなどではあまりに膨大になった記事は分割されることが多い。

  • 内容の少ない記事

逆に内容が少ない場合でも発生する。立てられて日の浅い記事、またはピクシブ百科事典のようにタグとして多く使用されているが未だに立ててい為に執筆依頼を立てられた記事も存在する。しかし、そういう記事も「一行記事」「立て逃げ記事」「内容を書いてから立てろ」と強硬にして削除する。

内容が少なすぎることは問題であることは違いないため、あまりに長期に渡って少ないままだと本当に削除されることもある。

アニヲタWiki(仮)で見られるケースで、アニヲタWiki(仮)Wikipedia等のMediaWikiと同様のカテゴリタグというシステムが存在し、各記事に検索タグを付けることができるが、ニコニコ動画よろしく実用性のためのタグよりもほぼコメント欄で書けと言わんばかりの必要性の感じられないタグが大量に付けられる記事が存在する。
そしてそのような記事に付けられているタグを他の記事に真似して付けようとすると、タグ荒らしと見なし削除する。論「○○の記事に使われていたから」としても聞き入れてもらえず、「それな○○の記事に使われているタグを消すべきでは?」と依頼しても「その記事は自分には関係ない」「その記事内の問題だからそっちで解決するべき」として取り合おうとしない。
なお、このタグ削除は先編集権というルールが設置されているYourpediaでも発生したらしく、管理者は先編集権無視してタグ削除がされた記事を削除された状態で保護を掛けるという処置をしている。(最も、誹謗中傷普通に書かれているYourpediaで管理者は規約を守るといった、まともを管理をしているとは言い難いが。)

  • タグとして使用されていない記事

ピクシブ百科事典で時々発生するケースで、ピクシブ百科事典では当初、記事を作れるのはタグとして使用されている単のみだった。後に仕様が変更されタグくても自由に記事を作ることが出来るようになり、自由に専門的な記事を作成出来るようになった。 しかし削除厨はそのような記事を完成度が高くても「ピクシブ百科事典はこういう専門的な内容を書くサイトではありません」と難癖付けて削除してくる。

該当する人物や作品をまとめた一覧記事や記事によっては書かれている○○一覧に、該当する人物や作品が追記されることがある。そのような記事に該当作品や人物が追記された場合、「この一覧○○は当てはまりません」として削除する。例えば、ヤンデレの記事で「ヤンデレキャラ一覧」の部分に○○追記したとき、「○○は当てはまりません」と言い削除。そして他の内容は当てはまるから消さないという姿勢を見せる。

関連リンク

以下は、様々なオンライン辞典サイトの「削除厨」やそれに類するものの記事。

ちなみに「ルールに基づいて削除していく」ことが較的重視されるWikipediaには「削除厨」単体の記事はなく、「厨房 (ネット用語)」の記事exitへのリダイレクトになっているのみである(2021年10月18日現時点)。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/01/22(土) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2022/01/22(土) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP