今注目のニュース
兄から結婚相手を紹介された女性 まさかの人物に「認めたくない」と怒り
「なんでんかんでん」川原ひろし社長は、なぜ復活できたのか?
「自分には失うものがない!」 既婚者よりも独身に目立つ理由とは

地球連邦単語

チキュウレンポウ

掲示板をみる(298)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

地球連邦とは、架の作品に登場する地球上の国家を統合する組織である。

地球を中心としたスペースコロニー、ステーションやその他恒星系などを含める場合もある。

概要

未来から数世紀後の地球と言うイメージを作成するために使われることが多い名称であり、発祥は現在国連が発展したとするものから、地球内で戦争の結果成立したもの、また外宇宙の脅威に対して統合したものまで様々であり、設定されていないものもある。地球という単位が用いられているため、それに対する別の概念(火星などの異スペースコロニーなどの宇宙居住地域など)が多くの場合存在する。

構成はその名の通りに基本的に地球人類で、同じ人類同士、また同じ連邦内でありながら生誕地で差別が横行するものもあれば、あっさり地球外生命体が普通に入っている場合もあり千差万別である。

作品的には差別環境があったほうが話が大きくなるので、それを扱うものが基本。
また、何故か硬直化した全体主義的な政体が多い…が、有能だと話が始まらない。

初めての登場は小説宇宙の戦士』か『スターシップトゥルーパーズ』。

アニメSF作品では地球連邦軍や地球防衛軍等の軍事部門のみが登場することが多い。

類似する名称

「地球連邦」と同じような意味合いで様々な呼称が各種フィクションなどで設定されており、細かい単の違いを含めるとその種類は非常に多い。

な例として地球連合地球政府などをはじめ、「統一」「統合」「平和」「連盟」「世界」などの単が用いられる傾向にある。ちなみにトララーというボードゲームでは、地球人類がソロマニ人として扱われているため、ソロマニ連邦と言う呼称が使われている。

さらに、英語の名称も作品によってさまざまだったりする。
特に、ガンダムシリーズ宇宙世紀作品では略称United Nation(U.N.)からEarth Fedration(E.F.)に変更されており、旧略称OVAポケットの中の戦争』やプラモデルマスターグレード(MG)の初期シリーズなどで見ることができる。

ガンダムシリーズにおける地球連邦

ガンダムシリーズにおいては地球全域をまとめる国家として地球連邦、あるいは地球連合など名前で組織が設定されることが多い。一般的にガンダムシリーズで単に「連邦」と言うと多くの場合で宇宙世紀舞台とした作品に登場する地球連邦及び地球連邦軍の事をす。

宇宙世紀における地球連邦

ほぼ全てのシリーズにおいて地球圏を治めている最大勢で、ある意味宇宙世紀最大の嫌われ物組織である。

ジオンコロニーを落としたり、全面戦争を起こしたりといった悪行に出てもなお、スペースノイドの間には反連邦の姿勢とそれらを行うジオン残党やその他反連邦組織への一定の支持が集まるのだから、一体どれだけの事をやっているのかと気になる所だが、多くの場合「腐敗している」とまとめられるのみで具体的な所行はさほど描かれていない。

Zガンダム』ではティターンズによる非人的行為が描かれ、その他に外伝作品などで多少の悪行が描写されることもあるが、判明している範囲では未だに釣り合いが取れていない状態である。・・・もしかしたら知らない過去に余程歴史的な悪事でもやらかしていたのかもしれない

具体的な時期は明言されていないが、宇宙世紀以前に誕生したとされ、首相や議会があるなどの一応の民主政体が存在しているが、多くの作品では軍の影が強く、連邦軍とも同一視されることが多い。またロボットアニメと言うこともあって政治的描写は少なめで官僚義や日和見義が蔓延っているとされ、連邦行政地方毎の状況などの具体的な部分も曖昧なまま具体的表現は避けられている。

宇宙世紀0079のジオン公国との一年戦争を機に何度も反連邦組織との紛争を繰り返しているが、宇宙世紀100年代以降にはそれまで強硬に認めなかったコロニーの自治すらなし崩し的に認める状態となり、結果コロニー同士が争う宇宙戦国時代を招いている。U.C.0153年の『Vガンダム』の時代になると全体的な軍備も旧式化が進むなど弱体化が著しい状態となっていた。その後の連邦について描かれたアニメは存在していないが、U.C.0203年を描いた『ガイア・ギア』では内部組織マハの反乱を招き、さらに未来の『G-SAVIOUR』では、コロニーとの全面戦争が起こり、U.C.0218年に崩壊したとされている。

その他に地球連邦が登場する作品

特撮作品

アニメ作品

ゲーム作品

関連動画

  

関連商品

  

関連項目

掲示板

  • 296ななしのよっしん

    2019/07/20(土) 20:44:31 ID: yJ3l9tl2ww

    ジャブローていう名詞が何から取ってるのかずっと気になる
    ブラジル内陸にそういう地名あんのかと思ったけど
    流石にシャンバラの捩りじゃねーだろしなー

  • 297ななしのよっしん

    2019/07/21(日) 09:14:50 ID: BtThJOwYse

    >>296
    Wikipedia先生によると最初御大シャングリラにしたかったけど安先生要出典)に反対されて捩ってジャブローにしたみたい
    ちなみにシャングリラシャンバラモデルにしたから強ちシャンバラの捩りってのも間違いではない感じ?

  • 298ななしのよっしん

    2019/09/06(金) 03:20:52 ID: nGj/1Sl1Pu

    >>290
    その事例は政体の崩壊であって国家は崩壊しているわけじゃいでしょ

    そもそも新しい政体に生まれ変わるためには既存の政体の崩壊は不可避だし(そうでないと二重政体という問題が起きる)

    むしろ国家地方毎の統治からから中央政府への集権化へと一貫して規模は大きくなっているわけで

急上昇ワード

最終更新:2019/10/14(月) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/14(月) 17:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP