宇宙の戦士単語

ウチュウノセンシ

1.9千文字の記事
掲示板をみる(6)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

宇宙の戦士』(うちゅうのせんし、Starship Troopers)とはアメリカSF作家ロバート・A・ハイラインによるSF小説である。1959年発行。1960年ヒューゴー賞受賞。邦訳は矢野によるもの、内田之によるものがあり、いずれもハヤカワ文庫SFより刊行。

概要

地球連邦(the Terran Federation)が支配する地球人類と地球外生命体との宇宙戦争における主人公ジュアンリコの訓練及び戦闘メインストーリーとし、これと行して「政治市民の在り方」といったテーマが描かれる。

宇宙戦争作品としては、強化armored suits)と呼ばれる宇宙戦闘用の装備を登場させたことにより、後の多くのSF作品にを与えた。強化を着て戦う兵士は機動歩兵Mobile Infantry)と呼ばれる。なお、作中の戦場は全て地球外であるが、機動歩兵などを運用する組織は陸軍Army)、宇宙艦艇を運用する組織は海軍(Navy)と呼称される。

政治に関する設定については、「軍歴のある人間のみに職に就く権利及び参政権が与えられる」といった法制度や、作中で軍人・元軍人からられる軍隊や暴力を肯定、美化する政治思想などが論争を引き起こした。この政治思想は、主人公高校では「歴史道徳哲学」(History and Moral Philosophy)という科で、退役軍人の教師により講義される。

世界観

1987年に始まった英露同盟と中国ヘゲモニーの大戦争により地球は壊滅的な被害を受けた。20世紀の終わりには、各政府は崩壊した。

この戦争により地球の秩序は崩壊したが、その後軍事政権の地球連邦が成立した。先述の通り軍歴の人間には公民権が与えられない法制度となっているものの、一方で人種や性別による差別はない。

地球地球外生命体による攻撃を受け、作中の時代において南や北都市が壊滅した。

あらすじ

高校生主人公ジュアンリコジョニー)は将来についての具体的な計画を持っていなかったが、友のカールクラスメイト少女カルメンシータが軍に入隊すると聞き、の反対にも関わらずその場の勢いで志願を決めてしまう。

ジョニー高校卒業後、希望した兵科の適正がかったため、最も過酷とされる機動歩兵に配属されることとなり、キャンプキューリーにてズイム軍曹の下で猛訓練を受けるようになる。そしてその時に、人類と地球外生命体の戦争が始まった。ジョニーは死者も出るほどの過酷な訓練をどうにか終了する。

その後ジョニーは兵員輸送艦ロジャーヤングのラスチャック愚連隊所属の機動歩兵となり、上官や同僚が戦死する中、戦場をくぐり抜け、軍曹まで昇進する。尚も自身の将来に明確な展望を持っていなかったジョニーであったが、同じ隊の仲間の言葉を受け、士官をすことを決める。妻を敵の攻撃により失った後、自らも機動歩兵になっていたとも再会し、このことを深く喜ばれる。

士官学校の最終試験を終え、臨時の" third lieutenant "という階級(なお中尉は" first lieutenant "、少尉は" second lieutenant ")となったジョニーは、ズイム軍曹を部下として、再び戦地に赴く。この作戦ジョニーはまずまずの働きをするが、ズイムは的確な判断により大きな戦果を挙げる。これによりズイムはジョニーより先に士官となった。ジョニーは一度でもズイムより階級が上であったことがあるということを、とんでもないことだと思った。

少尉となったジョニーロジャーヤングリコ愚連隊の隊長として、そして今度は自分が見習い補生を導く立場として、戦場へと出撃して行った。

実写映画

1997年実写映画化された。日本でも開されたが、日本でのタイトルも原題のまま『スターシップトゥルーパーズ』だったため、『宇宙の戦士』と気付けなかった人も多いのではないだろうか。

また、実写化に際しては対昆虫エイリアンとの宇宙戦争部分がクローズアップされたが、残念ながら小説の挿絵で描かれたような機動歩兵の強化は登場しなかった。

2019年までに実写映画シリーズは第3作まで作られ、その後はフルCGで2作の続編が作られている。

日本でのアニメ化

1988年日本サンライズによってOVAアニメ化されている。

『宇宙の戦士』にを受けて『機動戦士ガンダム』を制作したサンライズアニメ化を手掛けることには因縁を感じざるを得ない。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 4ななしのよっしん

    2022/02/21(月) 23:19:27 ID: 8aKsr+gDQP

    デュボア中佐の「タダで貰った1等賞よりも、自で取った6等賞の方が価値がある」ってのはずっと自分の座右の銘にしてる
    そういう含蓄にも富んだ1冊だと思うわコレ

  • 👍
    0
    👎
    0
  • 5ななしのよっしん

    2022/08/12(金) 22:24:24 ID: wp40UNn7GE

    暴力を美化なんてしてなくて、必要なツールならタブー視せずに制御しろという(思考実験の)話なんだけど
    何十年経っても未だに本文のような解説が見られるあたり凄く社会科学SFしてる

  • 👍
    0
    👎
    0
  • 6ななしのよっしん

    2022/10/22(土) 09:25:46 ID: 1EUA/5FS4E

    終盤の艦隊軍曹ネタバレはさすがにせたほうがよくない?

  • 👍
    0
    👎
    0

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/02/03(金) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2023/02/03(金) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP