変なおじさん単語

ヘンナオジサン

2.3千文字の記事
掲示板をみる(36)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

変なおじさんとは、お笑いタレント志村けん」の演じるキャラクターである。

いはそこから転じて、容姿や素行が奇妙奇な中年男性しても用いられる。

何だチミはってかぁ?そうです、私が変なおじさんです。

志村けんの持ちネタの1つ。テレビ番組「志村けんのだいじょうぶだぁ」で第1回の放送から登場して以来、「バカ殿」「ひとみ婆さん」と並んで志村の演じる代表キャラクターとなった。

シミのある顔と口周りの、さらにラクダシャツ・股引き・巻きという奇抜な容姿が特徴で、近年では変なおじさんの顔(イラスト)が全身にプリントされたラクダシャツを着ている。ちなみに変なおじさんが登場した当初は、装は特に決まっておらず普通装であった。

そんなおじさんが、若い女性の多く集まる場所(コント内容によって毎回内容が異なる)に出没しては、女性達に絡みはじめ悲鳴をあげられた挙句、女性の悲鳴を聞きつけてやってきた田代まさし現在ダチョウ倶楽部肥後克広が担当)が現場に駆けつけ、「どうしましたか!」をかけると女性「このおじさん、変なんです~!」と返す。
そして田代まさし「何だキミは!」ねると、「何だチミ(ツィミ)はってか?えぇ? そうです、私が変なおじさんです!」名乗り「変なお~じさんだから、変なお~じさん・・・」と一人歌いながら踊り出す様に周囲は然となる中、次第に冷静になってきた人々が咳払いなどをすると志村も周囲の雰囲気を読み、最後に「だっふんだ!」台詞を発する事でその場の全員がズッこけたりヘンテコに踊り出したり、はたまたガラス割れるSEが入るなどのオチで締められる、という一連の流れが変なおじさんというコントの基本形式である。
上記の基本形に加え、コントによって様々なネタが付加されたり、また志村も最初は別のキャラの役でやって来たのが途中から変なおじさんに変身したり、テレビに顔が半面ずつしか映らない状態で「右半分は変なおじさんで左半分は別のキャラ」といった感じに2人のキャラが同時に出てくる事もあった。

他にも研ナオコ「変なおばさんに扮してコントに一緒に登場していた事があった(一度だけ、倍賞千恵子も変なおばさんに扮して志村と共演した事がある)ほか、近年では深夜番組「変なおじさんTV」で優香「変なおじさんのとして登場した事もあった。両者とも、装は変なおじさんのそれに準拠したものとなっている(なお、志村研ナオコ版の変なおばさんマジ浣腸をされた事がある)。

ちなみに途中の「変なお~じさん・・・」の歌は、沖縄ミュージシャン喜納昌吉&チャンプルーズ」の代表的な楽曲『ハイサイおじさん』の替え歌である。また、オチ台詞の「だっふんだ!」は、上方の天才落語家と呼ばれた桂枝雀の噺の中に、偉い人がクシャミをするシーンがあるのだが(咳払いのシーンという説もある)、それが志村には「だっふんだ」と聞こえたのが面かったらしく、コントに取り入れたという。

一度だけ、「変なコイおじさん」というのが登場したことがある(コイケとは当時のだいじょうぶだぁのスタッフ名前)。

ドリフ大爆笑にて、変なおじさんのが出演したことがある(志村が変なおじさんと同じメイクハチマキをしている)。また、加藤茶扮する甥っ子も登場した。

志村自身も変なおじさんというキャラクターには思い入れがあり、「ひとみばあさん」「バカ殿」とともに好きなキャラクターに挙げていたり、自身の半生や当時思っていたことをった著書のタイトルを「変なおじさん」と名付けたりしている。志村く、変なおじさんは「自分の分身であり、願望でもある」とのことである。

 

現代でも、年齢や世代を問わずに幅広い層に人気を集めているキャラクターであり、「志村けんのだいじょうぶだぁ」が終了した後も「志村けんバカ殿様」をはじめ志村が出演している番組などでも時折見受けられる事だろう。

このおじさんたちも、変なんです~!

フィクション作品の変なおじさんについて記述。志村けんと直接の関係はいが、作品中で「変なおじさん」と呼ばれている人々を紹介。(下記以外にも、変なおじさんが登場する作品があれば随時追記願う。)

ゼルダの伝説 神々のトライフォース
砂漠への中に、自らを変なおじさんと名乗る変なおじさんがいる。話しかけても何も喋らないが隣の立て札には「はなしかけないでください」「立て札を抜いたりしないでください」と書かれており、立て札を引っこ抜くと「どうして・・・」と言いながらリンクの後ろを付いてくるさまには多くのプレイヤーが驚かされたことだろう。
一度は「いいふらす」を選んでみたい。
リトルプリンセスシリーズ
シリーズ主人公の1人(小川健太郎)に変なおじさんと呼ばれてしまった魔王がいる。
ランスシリーズにおける、魔王ガイの事)
ガンダムビルドファイターズ
機動戦士ガンダム」で登場したランバ・ラルによく似た、ラルさんという没のおじさんが登場する。素性の知れない貌ゆえ、視聴者のみならず作中のキャラクターにも変なおじさんと呼ばれてしまった事がある。

この関連動画、変なんです~!

この関連商品、変なんです~!

このコミュニティ、変なんです~!

だっふんだ!!(関連項目)

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/05/24(火) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2022/05/24(火) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP