岡部元信単語

オカベモトノブ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(19)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

「岡部元信」(おかべ・もとのぶ ? ~ 1581)とは、東海地方戦国武将。今川臣、のち武田臣。別名は「岡部元綱」「岡部長教」「岡部幸」など。

概要

東海一の取りと言われた今川義元の重臣・岡部氏の一族であり、桶狭間の戦いにて織田信長に敗れた君・義元の首を取り戻した事に定評のある戦国武将。

滅亡後は武田に仕え、高天神の戦いで玉砕して果てた。

もっと評価されるべき今川臣・岡部正綱(関係は諸説ある)。

生涯

今川時代

駿河の岡部氏は、藤原工藤の流れをくむ入江清綱の子・泰綱が鎌倉時代駿岡部郷(現在岡部町)の地頭となり「岡部」を名乗ったことからはじまる。

岡部親綱は今川督争い(倉の乱)にて今川義元支援した功績から重臣となった人物で、岡部元信は岡部正綱と共に義元に仕え、尾の要衝・鳴海を守った。

1560年、京都へ上しようと西進を始めた今川義元が、尾のうつけ(後の第六天魔王織田信長の奇襲により田楽狭間にて敗死。元信は鳴海織田軍に対抗していたが、義元の首と引き換えに開し、亡き君と共に駿河に帰した。

  • その際、戦功がいまま帰するのをプライドが許さなかったのか、帰途中にあった刈谷を攻撃して、水野信近(大の方の)を討ち取っている。この時の元信の忠義と奮戦には氏感謝している。

武田時代

同盟を一方的に破棄した武田信玄駿河侵攻によりファンタジスタ今川氏真駿河を追われると、岡部元信・岡部正綱兄弟は信玄の配下となり、遠江・高天神となった。

・正綱と共に高い評価を得ていた元信だったが、武田信玄織田信長との同盟を破棄し、徳領へ攻め込んだことから悲劇が始まる。戦いを始めた信玄はほどなく没して武田勝頼の代となるが、勝頼の戦いぶりは最初こそ順調に見えたものの、1575年の長篠の戦い信長に大敗してしまう。これにより武田は一転低下してゆき、守勢にまわることになる。

以後、何度となく徳川家康が高天神に攻め込んできたが、歴戦の強者である元信は天然の要を活かして耐え続けた。1580年、家康は周辺支攻略して兵糧攻めに転じる。元信は抗戦しつつ本に援軍を要請するが、武田にはすでに援軍を派遣する余裕はなく次第に追い詰められていく。元信らはを明け渡して退却しようと交渉を始めるが、信長武田の内情を読んでおり、家康に降伏を拒否するよう要請(事実上の命)。このため交渉のは断たれ、本多忠勝榊原康政鳥居元忠徳川家康旗下の勇将達の一斉攻撃を受けた高天神は、900名の兵のどが玉砕し、岡部元信は大久保忠教彦左衛門)の軍に果敢にりこんで戦死した。

1548年の第二次小豆坂の戦い以来、長きにわたり織田と戦い続けた人生であった。

  • 遠江最後の拠点である高天神を失った事、援軍を出せず見殺しにしてしまった事が、武田の崩壊を決定的にしたのは言うまでもない。
  • 天神の戦いではごく僅かながら生き残った者もおり助命されているが、一、石元泰だけは家康の個人的な恨みで切腹となった。

※その他「岡部元信」の詳細についてはWikipediaの該当記事参照の事。exit

補足:家族関係について

岡部正綱と岡部元信は兄弟、という説が流布しているが、これは正綱の・長教が元信の別名であるという説明によるもの。一方、系図の上では正綱のは久綱、元信のは親綱で別人であるとされる(久綱と親綱は又従兄弟であり同族)。みんな色々名している上に、資料によって諱だったり通称だったりするのでぶっちゃけどれが正しいのかよく分からない。ただ、元信は1542年時点で既に活動の記録があり、のはずの正綱の生年も1542年なので、ここは矛盾してしまう。

なお信長の野望では、理由は不明だが「親綱→久綱→元信&正綱」という親子関係であり、元信がになっている。

戦国大戦

コスト2で武統率6、気合・攻という兵種と噛み合い難い特技、計略の精鋭弱体術もサポート向きでがっかりSR筆頭だと当初は嘆かれた…が、そんな事は全然かった。

一見低いように見える統率は精鋭計略を持つ味方で一番高く、更に2つの特技もマウント時には優秀な働きを見せ、更に更に精鋭弱体術は自身の武+3かつを当てている相手の武-3が試合の1/3程続く…つまり差6の援護射撃を延々相手は食らう羽になるのだ。極めつけに宝で射程を限界まで伸ばして大砲取れば戦場すべてが射撃範囲(通称・置部)。固定砲台として凄まじい優秀っぷりで、今川の精鋭計略筆頭とも言われ、の正綱を大きく引き離す使用率を長らく誇ってきた。

1.10ではより優れたなんていねぇ!とばかりに正綱が環境により一気に使用率を伸ばしすぐに規制されたが、別にこのカードが弱くなったわけではなく、また今日もどこかで敵を射殺している彼を見ることができるだろう。

関連動画

▼「やよまこあるところに岡部あり」でも空気も読めるナイスガイな「今川の野望」

補足

信長の野望」(PCシリーズにおける岡部元信の力一覧。

初期より続く今川エース。初期は脳筋気味だったが、シリーズを経るたびに知略も強化されて知勇兼備の名将になってきた。特に狭間後の今川にとっては朝比奈さんと並ぶ重な戦闘要員である。

軍事 内政
戦国群雄伝(S1) 戦闘 35 政治 31 61 野望 41
武将風雲録(S1) 戦闘 62 政治 40 58 野望 48 教養 52
覇王 采配 64 戦闘 73 智謀 42 政治 40 野望 48
天翔記 戦才 150(A) 智才 88(B) 政才 86(C) 64 野望 48
将星 戦闘 75 智謀 49 政治 38
烈風 采配 60 戦闘 68 智謀 40 政治 35
世紀 采配 68 智謀 36 政治 15 野望 69
蒼天 統率 70 知略 40 政治 15
下創世 統率 68 知略 40 政治 15 教養 48
革新 統率 76 武勇 73 知略 45 政治 17
統率 80 武勇 78 知略 65 政治 17
創造 統率 80 武勇 74 知略 71 政治 36
大志 統率 82 武勇 76 知略 82 内政 37 外政 52

関連商品

関連項目

関連コミュニティ


この記事を編集する

掲示板

  • 17ななしのよっしん

    2017/12/02(土) 12:50:13 ID: V+UtA1Dvcb

    岡部元信岡部正綱兄弟は信玄の配下となり、遠江・高天神となった。

    こことあるけど、じゃなくて将が正しい。
    それと、将になったのは長篠の戦いの2年後の正5年2月なので時系列が間違っている。

  • 18ななしのよっしん

    2018/07/25(水) 15:36:32 ID: dDFTmKZcWB

    大志だとついに顔グラも新調されたな
    名実顔共に全盛期から没落期まで今川を支える名将と言ったところか

  • 19ななしのよっしん

    2019/07/21(日) 23:37:19 ID: K0/PBIoV0T

    静岡市の本覚寺に岡部元信の墓があるが、そのお寺さんには同時にもあったりする。
    ちなみにその、もともとの所有者の不幸が重なりお寺に奉納されたのだが、中に事故りまくり最後には山門にぶつける始末だったとか。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/04/13(火) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2021/04/13(火) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP