今注目のニュース
1種類だけじゃなかった。最強の電気を放つ種から最弱の種まで、奥深いデンキウナギの世界。
仲良い友人が真似してくる ヒートアップ止まらず「さすがに断った」
人気YouTuber・シバター、坂口杏里に「月100万円保証」

必殺仕置屋稼業単語

ヒッサツシオキヤカギョウ

掲示板をみる(4)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

必殺仕置屋稼業とは、朝日放送(現・ABC)が制作し、1975年4月5日1976年1月9日までNETテレビ(現・テレビ朝日)系列で放送された時代劇必殺シリーズ』の第6作である。全28話。

オープニングナレーション

一筆啓上、火の用心
こんち日柄もよいようで、あなたのお命もらいます
人のお命いだたくからは、いずれ私も地獄
右手(めて)にを握っていても、にわか仕込みの南
まずはこれまで、あらあらかしこ

ナレーター光子

概要

裏稼業から足を洗っていた中村主水は、ある、若い男が人ごみの中で手際のいい殺し行ったところを撃、その若い男を追うが見失ってしまった。
そして後日、北町奉行所から南町奉行所へと転属となったの前に、がかつて「仕置人」だった事を知っているという「おこう」と名乗る女性が現れてに殺しの依頼をするが、はこれをとぼけて拒否し続けた。

しかし、頼み人が殺されてしまったことで、していた裏稼業への復帰を決意。
駒が足りないと感じたは、自分の知り合いである湯屋の釜番「捨三」、その捨三の知り合いの怪力の破僧「印玄」を仲間にし、そして殺しを撃した事での命を狙っている先日見失った若い男「市松」を対決の末に仲間にした。
ここに仲良し5人組(仕置人)でも義兄弟(仕留人)でもない、いつ裏切られるか分からないギクシャクした関係のチーム「仕置屋」が誕生した。

前作『必殺必中仕事屋稼業』が番組途中で朝日放送TBS系列からNET系列にネットチェンジして時間帯変更したことや、類似番組『影同心』(TBS)の存在で視聴率が落ち込んでしまい、それを危機に感じたスタッフが、を三たび登板させたのが本作である。

これまで、がいてもいなくても成り立つ回があった『必殺仕置人』、糸井貢が主人公と言っても過言ではない『暗闇仕留人』と、は「要所要所では頼りになるポジション(縁の下の持ち)」と言ってもよかったが、本作では抜きでは成り立たないため、シリーズ3作にしてようやくが本当の役になったという感がある(ただし、エンディングでは市松役の也がトップ表示で、役の藤田まことは起こしのトメ表示。これについては、藤田がごねてシリーズしかけたという話もある)。

登場人物

とりあえず仕置屋のみ。
順番に関しては、エンディングの表示順で紹介する。

市松演:
美形だが氷の心を持った一匹殺人マシーン
表稼業は細工師だが、表稼業よりもむしろ裏稼業で稼いでいると言ってもよい。裏稼業では、で標的の首筋を刺す(大抵は刺した後にを折って中に入れ込む)仕置技を持っている(折りを使うこともある)。
仕置屋として活動しているが、他の殺し屋の依頼で殺しを行うこともある。
そのものと言ってもよい仕置屋(殺し屋)活動時とは違って、子供に対しては優しく接している。
最初は仲間(仕置屋)を含めて他人のも信用していなかったが、最終的には殺人マシーンから心のある人間へと変わっていった。
印玄演:新
怪力だが躁気味の破僧。
との初対面では、を割って怪力アピールした。普段はアジト(風呂屋の釜場)から女湯をのぞいたり、仕置前に女郎とアレをしたりするほどの女好き。
仕置技は標的を屋根の上まで連れて行き、背中を押して転落死させるというものだが、それは過去に自分に体関係を迫るほどになった母親とその愛人二階から投げ捨てて殺したことが起因している(仲間告白後は、他の技も使うようになる)。
捨三演:渡辺篤史
普段は湯屋「の湯」で釜番をしている仕置屋の密偵。
の以前からの知り合いであり、がかつてアレ(裏稼業のこと)をしていた事も知っていた。
に大恩あるらしく、のためには「たとえ火の中、水の中」といった感じで危険な偵察任務にもついている。
ちなみに、仕置屋崩壊後は同様に足を洗わず、新たに「キザで嫌味な優男」を加えて「仕業人」として裏稼業を続けていくことになる。
おこ演:中村玉緒
上方訛りの髪結いの女人で、にがめついところがある仕置の仲介人。
が以前に「仕置人」をやっていたことを知っており(事前に調べ上げた?)、それをネタを再度裏稼業に復帰させた。ただ、普段はとしか接しないせいか、以外のメンバーのことをよく知らず、そのため仕置屋のメンバーが標的の仕事を持ちかけてくることもある(十中八九、標的が変更になるが)。
そして、最終回おこうの言葉がその後のを決定づけたと言っても過言ではない。
中村主水演:藤田まこと
北町奉行所から南町奉行所へ栄転となった(凄腕の)町方役人。
貢の死をきっかけに裏稼業から足を洗っていたが、出会ったおこうのひと言で裏稼業に復帰することになる。
本作からは、「仕置(仕事)」を「生きていくための稼業」と割り切るプロ殺し屋になっていく。
まあ普段は義・せんの密命を受けた下っ引き・吉につきまとわれたり、裏では市松と対立することが多かったりと、心の安まる日はないのだが…。
ちなみに最終回では、ある失態をわざと犯して屋敷勤務に格下げとなり、減ってしまった食い扶持を稼ぐために捨三や新たな仲間キザで嫌味な優男」と共に「仕業人」として裏稼業を続けていくことになる。

サブタイトル

話数 サブタイトル 放送日
第1話 一筆啓上地が見えた 1975年7月4日
第2話 一筆啓上が見えた 1975年7月11日
第3話 一筆啓上紐が見えた 1975年7月18日
第4話 一筆啓上仕掛が見えた 1975年7月25日
第5話 一筆啓上が見えた 1975年8月1日
第6話 一筆啓上霊が見えた 1975年8月8日
第7話 一筆啓上邪心が見えた 1975年8月15日
第8話 一筆啓上正体が見えた 1975年8月22日
第9話 一筆啓上偽善が見えた 1975年8月29日
第10話 一筆啓上姦計が見えた 1975年9月5日
第11話 一筆啓上悪用が見えた 1975年9月12日
第12話 一筆啓上魔性が見えた 1975年9月19日
第13話 一筆啓上過去が見えた 1975年9月26日
第14話 一筆啓上不義が見えた 1975年10月3日
話数 サブタイトル 放送日
第15話 一筆啓上欺瞞が見えた 1975年10月10日
第16話 一筆啓上法が見えた 1975年10月17日
17 一筆啓上裏芸が見えた 1975年10月24日
第18話 一筆啓上不実が見えた 1975年10月31日
第19話 一筆啓上業苦が見えた 1975年11月7日
20 一筆啓上手練が見えた 1975年11月14日
21 一筆啓上迷夢が見えた 1975年11月21日
22 一筆啓上狂言が見えた 1975年11月28日
23 一筆啓上墓が見えた 1975年12月5日
第24話 一筆啓上血縁が見えた 1975年12月12日
25 一筆啓上不倫が見えた 1975年12月19日
第26話 一筆啓上脅迫が見えた 1975年12月26日
第27話 一筆啓上大が見えた 1976年1月2日
28 一筆啓上崩壊が見えた 1976年1月9日

主題歌

哀愁
作詞片桐和子、作曲平尾昌晃編曲竜崎孝路、歌唱:三音
※歌唱の三音子は、第24話にゲスト出演している。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

  • 2ななしのよっしん

    2017/05/23(火) 00:17:11 ID: KTJnUbB8Nr

    業人セットで最も好きな必殺。
    EDのの表情+トメ起こしクレジットは秀逸としか言いようがない。

  • 3ななしのよっしん

    2017/11/24(金) 16:57:44 ID: UVXDyOEJg9

    再放送で欺瞞観たんだけど、ラストの血は綿引のか山田さんが自分で切ってしまったのかわからなかったのでか解説頼む
    そのシーンで終わったのは明らかに「このエピソードで書くことはこれ以上一切ない」ってことだろうけど

  • 4ななしのよっしん

    2019/08/30(金) 14:33:42 ID: QLUSLk3Kaq

    あれは山田さんの自害だと解釈した。
    師匠から託された子をうまく育てられなかったうえに体関係を結んでしまい、最終的には殺させたとなれば・・・

急上昇ワード

最終更新:2019/09/16(月) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/16(月) 23:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP