今注目のニュース
指原莉乃、離婚報告で涙ぐむSHELLYに最高の一言 「さすがだ…」
ワクワク地球外生命体、木星の衛星エウロパで水蒸気噴出を確認、液体の水の存在が明らかに(NASA)
Amazonのやらせレビューと戦う「サクラチェッカー」はなぜ生まれたか 開発者に聞く背景やサクラレビューの見分け方

月影(遊戯王ARC-V)単語

ツキカゲ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(349)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

月影とは、アニメ遊☆戯☆王アーク・ファイブ」の登場人物である。CV坂巻学

概要

魔一族出身のデュエリストで、見た通りの忍者に日影(CV坂巻学・二役)がいる。
己の一族には強い誇りを持っており、普段は冷静沈着だが一族の名を罵倒されると明確に怒りを露わにするなど、意外と感情的な場面も。

舞網チャンピオンシップジュニアユースクラスデュエル塾所属のデュエリストとして日影と共に参戦。1ターンキル宣言をしてきた方中ミエル1ターンキルし返す大人気なさを見せ、上位8名まで勝ち上がる。

実は共々赤馬零児に雇われたデュエリストであり、その依頼の下バトルロイヤル乱入したセレナの護衛を行っていた。セレナを連れ戻しに紫雲院素良率いる融合次元の刺客・オベリスクフォースが攻めてきたときは、自らのライフを大幅に削った上でオベリスクフォースの猛攻を防ぎ、セレナ黒咲隼ターンを回す活躍を見せた。
なお、この時素良を邪魔しに参った食い止めていた日影は敗れてカード化されており、それでも任務を成功させたを誇りに思っていると本人はっている。

そのネタ的な見たから一時的なゲストキャラかと思われたが、まさかのランサーズ入り。OPやED・公式サイトキャラ紹介にも登場するという大出世を遂げた。

シンクロ次元に転移して暫くは出番がなかったが、忍者らしく唐突に登場し、セキュリティ逮捕されそうになった羅を一で救いだす活躍を見せた。
再登場前から零児と接触があったようであり、零児羅に付き従う形でランサーズの他メンバーと合流。
当初はフレンドシップカップに出場する予定はなかったが、羅がシンジ・ウェーバーとの対戦を拒絶したために代打として参戦し、周囲を驚かせた。アイエエエエ! ニンジャ!? ニンジャナンデ!?
この対戦の際、零児からは「デュエルを極めた実戦」と称されている。が、対戦相手のシンジからは執拗に傍若人なトップスに重ねられ、関係ない魔一族まで罵倒され、ひたすら八つ当たりを受ける形になってしまっている。護衛対のはずの羅には、「負けろ!」と執拗にかれている始末。ヤンナルネ・・・。
決闘自体は五分に進めるものの零児からの示により敗北し地下送りとなった。が、高速移動術により2話後には当然のように地上に帰ってきていた。

先述の通り地下で密偵として活躍し、得た情報零児に報告する最中、羅が自分の意思を示す際にしゃがんで羅と視線を合わせる紳士的な面を持つ。
また、同話にて揺れる遊矢の下に羅からの伝言を伝えに行く際、たる零児に対する疑念の拭えない遊矢に対し、仕えるに対する自らの視点からの評価を遊矢に伝え、彼の疑念をらした上に、手紙という形で遊矢の言葉を柊柚子に届けた。一話にして遊矢が抱えている多数の問題に解決策を与えたのだ。この忍者ちょっと優秀すぎる。

その後、一時はである紫雲院素良と一触即発の雰囲気になりかけるも、保護していた柊柚子の言葉により敵対の態度をめ、オベリスク・フォース襲来の危機に奔走した時は、その素良に窮地を救われ、本人も「恨み言は繰り返さぬ」の言葉とともに共同戦線を敷く。
一連の危機に対してこの忍者は、セレナ羅を一時の隠れ場に避難させる、地下のランサーズに救援を呼びに行く、その過程で拘束された黒咲隼拘束煙幕からのクナイで解く、という、黒咲とは別の意味で獅子奮の活躍を見せた。一人で状況を覆すような活躍というわけではないが、この忍者が居なければ最悪何も上手く行かなかったという忍者らしい大活躍を見せている。

ED3において他のランサーズメンバーが様々なコスプレ姿を披露する中、忍者スタイルを貫き通す。ランサーズだけに。その出で立ちはの日影と対になっており、日影が右利きなのに対して月影左利き5D'sイリアステル以来、全生身の人間としては史上初の左利きデュエリストである。

余談だが日影・月影CVを担当した坂巻学アフレコ時、マスクをしている感を出すためにマスクを2枚着けて収録に臨んだexitという。

使用デッキ

当然といえば当然だが、【忍者デッキを使用。
既存の忍者カードは使用せず、黄昏忍者シンゲツ》を始めとした「黄昏の~」と名のついた忍者や「幻影法」を特徴とした独自の忍者デッキとなっている。

バトルロイヤルオベリスク・フォースを相手に立ち回った際は、永続法を活用し、相手の猛攻を底的にシャットアウトし後続の攻めに繋ぐという身を挺した戦術を披露。元々戦術的に日影とのタッグも視野に入れていたようであり、彼は守りを担当するようである。
単体での実を期待された「月影vsシンジ・ウェーバー」戦では、ライディングデュエルにも関わらずD・ホイール速度に匹敵するその身体で、時にバイクから降りて自分の足で走ってアクションカードを荒稼ぎし、手札のカードコストダメージを与え続ける永続魔法《幻影法-手裏剣を酷使。また、黄昏忍者シンゲツ》を2体並べることにより攻撃をシャットアウトする戦術や、忍者ノーコスト生するモンスター黄昏忍者将軍-ゲツガ》を使用。戦術を振りかえればやっていることはロックバーンだが、アクションデュエルという環境を活かした極めて手なロックバーンといえよう。
結果的に言えば月影敗北したが、攻撃を受ける直前、どう考えても発動可アクションカード《回避》を確保しており、それを使用していれば勝利は難しくない状況であった。零児く彼の敗北も計画の内であり、わざと負けた可性が高い。流石はランサーズ結成以前から零児に起用されていた魔一族といったところか。
その後、オベリスク・フォース三人との対決では危機に割って入った素良の戦術を即座にサポートし、1ターンキルに貢献した。支援役としての戦術はオベリスク・フォースにも通用する、作中屈サポーターである。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

  • 347ななしのよっしん

    2019/05/24(金) 21:20:13 ID: aJ060gLP02

    人間関係や因縁を尽くぶん投げるこの作品ではしくの敵の素良に謝られて和解した稀有なキャラよね

    まあ彼も素良か和解したところ見てない(自分たちも見てない)から、急にどうしたんだこいつ…ってなるだろうけど

  • 348ななしのよっしん

    2019/05/28(火) 23:31:18 ID: 4Nl/bdLZqh

    なんだそのアンチな見方

  • 349ななしのよっしん

    2019/10/07(月) 11:12:02 ID: kaZg98fFXR

    ただの脚本にとって便利な具でキャラクターとして必要だった点ってないよね
    なにしても面倒ごとは忍者に解決させとけばいいかって感じで
    月影に限った話じゃないけど主人公周りにさせるべきことを他にさせすぎ

急上昇ワード

最終更新:2019/11/23(土) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/23(土) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP