玉井大翔単語

タマイタイショウ

1.5千文字の記事
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

玉井大翔(たまい たいしょう、1992年6月12日-)とは、北海道出身のプロ野球選手投手)である。現在北海道日本ハムファイターズに所属。

概要

小学校から軟式野球を始める。

旭川実業高等学校では硬式野球部に所属し、1年からベンチ入りする。3年には甲子園大会に進出したが、初戦で敗退した上に試合出場はなかった。

東京農業大学北海道オホーツクに進学し、1年からリーグ戦に出場。リーグ初戦では開幕戦史上初のノーヒットノーランを達成した。1年は5勝を挙げ、最優秀投手賞とベストナインを受賞。2年、13年、14年MVPを受賞した。プロからも注される存在となったが、プロ志望届は提出しなかった。

新日鐵住金かずさマジックに所属し、中継ぎとして1年から登板日本選手権ではJR九戦で登板し、勝ち投手となった。2年都市対抗野球大会で先発を務めたが、敗戦投手となった。

2016年ドラフト8位で北海道日本ハムファイターズに入団した。背番号は54。

日本ハム時代

2017年は開幕を二軍で迎え、5月28日に一軍に昇格。その日の福岡ソフトバンクホークス戦では4番手としてデビュー。1回失点だった。6月2日阪神タイガース戦で高校時代に立てなかった甲子園のマウンドで1回失点と好投し、プロ勝利を挙げた。1年は24試合に登板し、1勝2敗1ホールド防御率2.59だった。


2018年は開幕を二軍で迎え、4月10日に一軍に昇格。クライマックスシリーズ前に一軍登録を抹消されたため、ポストシーズンでの登板はなかった。40試合に登板し、2勝3敗2ホールド防御率4.13だった。


2019年は初めて開幕を一軍で迎えると、チームショートスターター戦術により出番が急造し、中継ぎとしてフルシーズン一軍でプレーチーム最多の65試合に登板し11ホールドを挙げ、防御率2.65の好成績を残した。


2020年も開幕からフルシーズン一軍で投げ、6月末から8月下旬まで20試合連続失点などもあり、石川直也の離脱もあってセットアッパーとしての起用が多くなった。最終的に49試合に登板宮西尚生と並んでチームトップタイの21ホールドを挙げた。

プレースタイル・人物

スリークォーターのフォームから放たれる直球の最速は147km/h。変化球スライダーカットボールカーブフォークシュートと多

井口和朋とは東京農業大学北海道オホーツク加藤貴之とは新日鐵住金かずさマジックでのチームメイトだった。

趣味映画鑑賞。

成績

年度別投手成績

年度 球団 登板 先発 完封 勝利 敗戦 セーブ ホールド 勝率 投球回 与四球 奪三振 失点 自責点 防御率
2017年 日本ハム 24 0 0 0 1 2 0 1 .333 24.1 7 12 8 7 2.59
2018年 40 0 0 0 2 3 0 2 .400 48.0 13 40 24 22 4.13
2019年 65 0 0 0 2 3 0 11 .400 62.0 22 34 22 18 2.61
2020年 49 0 0 0 4 4 1 21 .500 41.2 18 29 17 16 3.46
NPB:4年 178 0 0 0 9 12 1 35 .429 176.0 60 115 71 63 3.22

関連動画

募集中

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/22(水) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/22(水) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP