今注目のニュース
『24時間テレビ』加藤浩次、着ていた英語Tシャツが話題 「翻訳したら…」
『24時間テレビ』ノブコブ吉村を襲ったハプニングに騒然 「心配…」
あおり運転殴打事件でドラレコ販売2.3倍増

直通特急単語

チョクツウトッキュウ

掲示板をみる(22)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

直通特急とは、複数の区間・事業者に乗り入れる特急の事である。

運転形態としての直通特急は他事業者でも見受けられるが、大体のケースでは「○×ライナー」等の名称であり本項で述べる
山陽・阪神直通特急のような種別・表示での「直通特急」は他事業者では見受けられない。
(ググッても上位は山陽電鉄阪神電鉄間のものしか見当たらない)

なお、同地域の競合であるJR西日本の場合「直通快速(DirectRapidService)」という表示種別が後に新設された。

概要

山陽・阪神直通特急

阪神大震災により乗客をJRに大幅に奪われた起死回生策として1998年2月15日に誕生。
山陽姫路から阪神梅田まで100km弱の区間を1時間半で結ぶ。
もともと神戸高速鉄道が開通した際に線路自体は阪神阪急・山陽は繫がっており、姫路-大阪
の運転は可では有ったが、開通後30年近く経った後に実現した。
当初は「姫路ライナー」「大阪ライナー」の副票を掲示していたが、姫路-大阪間を結んでいるということが
沿線に浸透したということで掲示はなくなり「直通特急」の表示のみとなる。

山陽電車平日データイム15分間隔に対し、阪神は10分間隔で特急が走っていた為、
神戸高速鉄道区間で全をする種別と一部のみ停する種別にて運転調整を行い褄を合わせている。

開始当初は山陽と阪神特急運転間隔の最小倍数から30分に1本の運転間隔で種別表示は直通特急であった。
この直通特急は好評を博したため、5030系中間増備等をもって増発が行われる。
しかし30分間隔より運転本数を増やしてしまうと最小倍数から外れるのでダイヤが不均等となるか、どこかで
運転調整と言う形で長時間停を行い褄を合わせる必要が生じた。この運転調整を行う方の直通特急は
神戸高速鉄道線内は全する事にし、直通特急と表示することで運用された。

直通特急の開始で阪神沿線に山陽5000系/5030系が乗り入れる形となり、また乗り入れ区間の
使用料相殺のため車両率が山陽2:阪神1となった為、阪神線内でもクロスシート率が上昇。
競合するJR221系/223系も転換クロスシートでもあったので評判がよく、結果その後新造された
阪神9300系および更新工事が行われた8000系は転換クロスシートが導入された。
ただし、近鉄に乗り入れる予定の9000系/1000系はラッシュ対策で従来通りロングシート

ニコニコ動画内では直通特急区間でも特に線路が横の明石-舞子間の電車バトルのように
競い合う併走シーンが多数うpされている。
阪神電車車両も、自社線内は105Km/hが最高速度だが、山陽の特に舞子西区間は
高速直線が体となる為110km/hで走行する。自社線よりも乗り入れ先のほうが速く走れる
ある意味ほくほく線みたいなものかも。
また準大手私鉄なのにアーバンネットワークに果敢に立ち向かっている為「西の京急タグ
付いてみたり・・・・。

2009年3月のダイヤ改正が発表

今回の正では、新規停として

全時間帯 月見山駅 (JR須磨海浜公園駅 に対抗)
一部種別 (直通B特急) 須磨寺 東須磨 西代 (神戸西部微妙善)
一部時間帯 (通勤時間帯) の宮 (パナソニック姫路液晶工場)

また、通勤時間帯の荒井駅の本数増加・時間帯が延びる

という内容が発表された。

直通特急については直通特急より停山陽線内では3増える形となり、
須磨以東、三宮まで各駅停車となる(予定)
実際のところ、今まで高速神戸駅で3分近くロスタイムを起こして阪神ダイヤ褄合わせをしているので
その分、止まらないに停し、今まで通過の利用者へ乗チャンス提供するダイヤでは有るが
トータルタイム変わらないものの、須磨から三宮まで各駅停車となった場合の心理的影
多いのではないかと、某掲示板などでは「山陽オワタ\(^o^)/」とかなんとか

なお、従来明石駅須磨駅で緩急接続していた普通車との接続は取りやめとなった
中間地点である霞ヶ丘駅での通過退避となる。
これも実際のところ須磨駅明石駅で、5分以上の待ちぼうけを普通車が行っていた為、正後
所要時間自体は短縮するが、特急で緩急接続が出来ない(隣のホーム電車が居ない)
事による心理的影で、某掲示板では「山陽オワタ\(^o^)/(ry

この正は、阪神なんば線に連動したものであり、阪神本線ダイヤも相当変わってしまったため
掲示板では(ry

まぁ本当にオワタ\(^o^)/状態になるかどうかは頃に新快速と、併走バトルをする快速の混雑度の
上がり具合で判るのではないかと・・・ちなみに新快速は全12両化しますwww

の宮のパナソニック工場は、急気減速に伴い、当初より投資規模が小さくなった為
の宮よりも別府に停させたほうがよかったのかもしれない。
なお停本数が増えた荒井駅および別府駅神戸製鋼の高砂・加古工場の最寄り
荒井駅にはその他、三菱重工の工場およびその関連会社が集中しており、近年他のとは異なり
利用者が数割伸びたということで停本数が増えた模様。

ただこれだけ停めるのであれば、現在休止中の急行を復活させ直通急行とかの表記のほうが
よいのではないかとか・・・実際、現在直通特急(特にラッシュ時に運転されるもの)の停は、
運転休止前の急行(ラッシュ時の直通特急との違いは、妻鹿別府江・西新町・西舞子に停し、
舞子公園屋を通過の実質3差)と近似している。

特急にしては停まり過ぎという事で、翌年ぐらいに近鉄特急近鉄社長の念願どおり乗り入れた場合、
現在の直通特急は降格されるのかもしれない。 

そして、2010年現在直通特急

須磨-須磨寺-見山-東須磨-宿-西代-高速長田-大開-新開地-高速神戸-西元町-元町-三宮

という13連続停を行い、プラスして通勤時間帯はの宮、荒井屋にも停する運用を行った結果、
隣接競合するJR西日本神戸線普通(西明石以東快速)」よりも時間がかかるという特急らしからぬ状態に陥った。

連動の種別表示器では「ト」ではなく「フ」とSANTICSにまで普通車扱いされる始末である。
ここに「特急=特に急がない」という新種別の地位を確かなものとした。

阪急(臨時)直通特急

阪急電車神戸本線神戸高速鉄道東西線を介して山陽電鉄本線と繋がっており、神戸高速鉄道開通時は相互乗り入れとして、山陽須磨公園~阪急六甲までが相互乗り入れを行っていた。ただ、阪急梅田まで山陽が運転することはなく、また逆に阪急(宝線車両)が山陽姫路まで運転する事はかった。この為現在に到るまで、阪急で「直通特急」の表示種別は存在していなかったが、2010年より宝線(神戸本線今津線)~京都線嵐山の臨時直通運転の表示種別が「直通特急」となった。フォントも山陽の直通特急と同様のもの。従来は「臨時」等の表示であった。

バリエーションを広げながら十年をえて運用され地域に浸透し、競合のJRも「直通快速」を表示するようになった事から、表示種別としての抵抗感が下がったという事も考えられる。

このように「幕」が準備された為、仮に宝線の車両のうち6両編成化が可で、山陽の列車線を未だ搭載している車両を回す事が出来れば、阪急梅田-山陽姫路間の直通特急も「臨時」で設定は理屈の上ではできるようになった。(山陽及び京都線車両体が神戸線より大きい為、御影以東~阪急梅田を走行出来ない事から、仮に現行車両で直通運転する場合片乗り入れになる)

も、阪急の現状から考えると、運転する事はまずいと思われるがw

 

関連動画

 

 直通特急+通勤時間帯の停増(の宮・荒井屋)という最強の組み合わせをアナウンスしたら・・・

関連商品

直通特急に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

直通特急に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/25(日) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/25(日) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP