今注目のニュース
『スッキリ』母親への“抱っこ紐外し”に怒りの声 「殺人未遂では…」
西内まりや、写真加工をやめた結果 ファンは衝撃「これやばい…」
【数土直志の「月刊アニメビジネス」】ゴールデンタイムから「ドラえもん」「しんちゃん」が消えた理由

山陽電鉄単語

サンヨウデンテツ

掲示板をみる(42)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
曖昧さ回避 山陽電気軌道』(現在サンデン交通バスグループ)とは違います

山陽5030系阪神9300系と山陽5030系山陽3000系山陽3000系

山陽電気鉄道株式会社(東1部:9052)とは、兵庫県南部 姫路市から神戸市を結ぶ路線を有する準大手私鉄である。
通称は山陽電車・山電(さんでん)。スルッとKANSAIネットワーク路線では最西部分に当たる。

なお、動画タグとしては通称名のほうが利用者に染み深いので「山陽電車」がとなっている。

概要

本線と支線(網干線)の2路線を有する。

ほぼ全区間がJR西日本山陽本線アーバンネットワークJR神戸線)と競合関係にある。
特に明石舞子舞子公園)間では、JRと線路が全並走しており北側は電車でD的な並走バトル、南側は明石海峡大橋などの風景車窓から楽しむことができる。

山陽の最高速度は110Km/hではあるが誤差として115Km/hまで飛ばせるため223系快速と日々バトルするという意外と熱戦が繰り広げられる区間である。
ちなみに乗り入れている阪神電車車両ホームグラウンドである阪神電鉄本線よりもスピードが出せたりする。

しかし、垂-須磨間は路面電車として開業した頃の名残と段丘等の地理的要因で80Km/h台の速度制限が続くため、その横をJR新快速快速普通などに抜かされることから「遅い」とイメージされがちである。
姫路舞子公園間は表定速度的にはそう悪くない値で7080km/hをたたき出してはいる、山陽が遠回りのルートを走っている事を加味すると、新快速並にく走っている・・・のだが、舞子公園以東ではJRの倍の所要時間がかかっており、この区間の利用者は特に先入観とイメージマイナスに大きく影していると考えられる。
舞子から西で本気だす路線である。
加えて、JRは運賃が格段に安く、新車両を次々と投入することから、「高い」「ボロい」というイメージもつくことも・・・(3000系の運用は2014年50になる)

沿線に豊富な人口を抱えていながら先述の件や播磨工業地帯の衰微などで利用客の低迷が続いていたが、
1Dayチケットなど、乗り放題などの企画切符にもを注ぎ、近年は乗客も増加傾向に転じている(新聞報道など)。
また、播磨工業地帯において鉄道通勤促進のために直通特急の停を増やすなど対策を打っている。
荒井駅ではついに高砂駅との乗降客数が逆転してしまった。荒井駅の利用者が数割以上のハイペースで伸びた為である。間は閑散としているが晩は特急が停まる意味を感じさせる利用者数である。

2012年5月から列車運行システムSANTICS」の更新に伴い、17において行先案内表示器の設置・更新や到着・・通過メロディの採用を順次導入。メロディは、JR東日本京急など首都圏駅メロディを手掛けた編曲ギタリスト塚博氏が、関西圏では初めての作編曲を行った。明媚な沿いを走行するイメージを織り込んだ。(西の京急化)

2016年からは最新鋭の6000系が順次投入されている。3両編成を基本とし、2編成組み合わせた6両の直通特急/山陽特急から3両の普通車まで様々な運用をこなせる車両である。また山陽電車では初となる半自動ドアスイッチも設置されている。

乗り入れ

阪神電気鉄道

阪神電鉄阪神電車)と直通特急にて山陽姫路から阪神梅田まで両路線の本線全線に渡り直通運転を実施。
こちらも1Dayチケットにより山陽・阪神区間1日全路線乗り放題となっている。
が多い事と、先述の区間を中心に速度を抑えた運転をしており、概ね競合するJR快速姫路西明石普通)と同程度の所要時間となるため、130Km/hで爆走する新快速にはっ向勝負はせず、新快速見捨てられたしない地域の乗客をターゲットとするなどの戦略を取っている。
で購入できる価格で較する場合、山陽・阪神(1Day)のほうが数割お得となる。

阪急電鉄

かつては阪急電鉄神戸本線の一部区間(阪急六甲)も乗り入れを行っていたが、阪神との直通運転開始時に阪急三宮まで山陽電車が乗り入れる形に縮小。
山陽・阪神区間が基本6両を最長とするのに対し阪急は10~8両のため6+2+2両で運用する必要が出る事がな理由といわれている(西代板宿明石は8両対応準備工事済み)。

近畿日本鉄道

2009年阪神なんば線の開業により近鉄と山陽はレールで結ばれた。近鉄としては山陽まで乗り入れて私鉄最長区間の特急運転を行う展望を持っている、が定期運用ではなく臨時運転となる見込み。

運用種別

山陽電鉄本線
山陽電鉄網干線

利用可能乗車券

 PiTaPaICOCAなどの全交通系ICカードが利用できる。2017年ICOCAICOCA定期券を発売する予定である。
 また、スルッとKANSAIカード(エスコートカード:山陽が発行)等の磁気カードも利用できるが、2017年3月末に販売終了し、翌年1月末に利用対応を終了する予定となっている。

鉄道以外の事業

路線バス事業(神戸市区・明石内)は100%子会社山陽バス運営している。
2011年までは電直営だったが(一部高速バスなど除く)、ついに分社化されてしまった。
もともとはいすゞのカタログカラーであった黄色バスが特徴である。
営業エリアは坂の多い住宅街であることもあり、終日混み合っている路線が多い。
2012年3月17日からは止された明石市営バスの一部路線を引き継ぎ、黄色バス明石駅前にも進出した。

さらに須磨近郊にて須磨山上遊園を子会社運営
日本一となったカーレータ(sm4165313exit_nicovideo)などで登ると山上展望台から神戸明石峡を一望できる。
最近では間の営業もに行われ六甲山よりも近くで万ドルの夜景が鑑賞できる。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

有りましたら登録をお願いします。

関連項目

準大手私鉄一覧
新京成電鉄-山陽電鉄-泉北高速鉄道-北大阪急行-神戸高速鉄道

外部リンク

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/09/21(土) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/21(土) 20:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP