那須与一単語

ナスノヨイチ

  • 2
  • 0
掲示板をみる(39)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

那須与一資孝(なすの・よいち・すけたか)とは、平安時代末期の武将である・・・・・・と伝えられる人物。

概要

下野那須の武である那須氏(元は須藤氏を名乗り、その太祖藤原道長の六男・長とされている)の初代・太郎資孝の十一男として生まれ(与一とは「(十)あまり一」という意味)、源氏の棟梁の一族である源義経に仕えたというの達人。源平合戦当時は督を継ぐ前で「宗」(むねたか)と名乗っていたとされる。

物語』などの軍記物に登場し、義経討伐につき従った。屋の戦いでは後述する扇の的のエピソードを作るなど矢の名手であり、すぐ上の十郎為(ためたか)以外の全員方だったのに加え、為も後に義経と対立して逐われたため、たちを差し置いて那須氏第二代当になったが、若くして亡くなったといわれている。しかし、彼の実在を立する確かな資料は残念ながら見つかっておらず、伝説上の人物である可性もある。

扇の的

中学高校古典の教科書にも載っている『物語』の「扇の的」のエピソードが有名。

簡単に言うと、合戦が始まる直前に、敵軍が舟の上に的を持ち出して「ほぅれ~、この的打ち抜いてみろよぉ」的なことをした。それを与一が射抜くことになって、「オーマイガッ、失敗したべー」とかいろいろするも、何だかんだで成功してやったー的なお話である。ちなみに当初は十郎為が射ることになっていたものの怪のため棄権したが、射撃の腕前は与一宗よりこのの方が上だったとか。那須兄弟マジヴァイ

更にそれを見て感動した!敵方のお偉いさんも着ずに踊り出し、義経「よく分からんけど、この際射殺しちゃえば楽じゃん」 与一「えっ。なにそれこわい義経「ほら与一、く!」てなことがあってこれも見事に首筋ぶち抜いて殺ったー的なお話が続く。九郎判官マジヴァイ

と言ってしまえばまあアレだが、これは単なる座に留まるものではなく、実は戦いを前にその趨勢をに問う厳然たる占でもある。もこのエピソード自体は後世の創作の可性もくはないが事実であった場合、両軍への心理的は決して小さくなかったはずだし、与一が失敗即自害というほどのプレッシャーに悩んでいたのも頷ける。

創作作品の中の那須与一

日本史の中でも屈の使い手とされることが多く、彼の名前を冠したアイテムなどが多数の作品で登場する。

また、作中のの名手のことをして「○○の与一」などと異名が付けられることもある。

ファイナルファンタジーシリーズ

最強クラスとして「よいちのゆみ」「与一の」が登場。初出は『ファイナルファンタジーⅡ

信長の野望シリーズ

近年の作品ではが得意な大名の固有技術として「与一の」が登場。「信長の野望」の記事も参照。

ドリフターズ(漫画)

生死不明になった際に異世界に召喚され、同じく召喚された織田信長島津豊久と行動を共にする。詳細は「那須与一(ドリフターズ)」「ドリフターズ(漫画)」の記事を参照。

義経ちゃん剣風帖

義経ちゃん』は女子高生静流用する眼鏡に転生した源義経ら転生者が巻き起こす、小野寺浩二のバトルアクションコメディ漫画。与一(転生者)は前世で「扇の的」のプレッシャーに心身を蝕まれて世したために、全てを強要した義経に深い恨みを抱く敵として登場する。転生後も矢の腕は確かだが、相変わらずプレッシャーに弱い。

新世紀エヴァンゲリオン

劇中で第5使徒ラミエルを倒す為の「ヤシマ作戦」は与一が扇の的を射落とした屋の戦いが元ネタのひとつ。「新世紀エヴァンゲリオン」「ラミエル」の項も参照。

終わりのセラフ(漫画・VOMIC・テレビアニメ)

早乙女与一は、ちょっと見は可愛いらしい顔立ちの気弱な男子だが、呪装備「月光韻」を執れば遠方の敵も一撃必中で打ち抜いてみせる勇敢な日本兵士で、主人公の数少ない親友の一人。もっとも原作く、名前の由来は那須与一ではないらしい。「終わりのセラフ」の項も参照。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/10/24(土) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2020/10/24(土) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP