藤原道長 単語

20件

フジワラノミチナガ

3.7千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

藤原道長(ふじわらの みちなが、966~1028)とは、平安時代中期の貴族である。

概要

藤原兼家の五男。藤原彰子藤原頼通藤原摂関の最盛期を築き上げた人物として知られる。

長は初めから順調な人生を歩んできたわけではない。むしろ若い頃は、政治的にほとんど立たない存在だった。長が生まれた頃、政治の実権を握っていたのは・兼藤原伊尹であり、尹の死後も兼は下の・兼通との権争いに敗れ、長く不遇だった。兼はその後、花山天皇を退位させて孫の一条天皇を即位させて実権を握るが、藤原道隆藤原道兼、そしての嫡男で甥の藤原周らの昇進に遅れをとっていた長を、当時が後に最高権者になると予想していただろうか?

長の人生に転機をもたらしたのは、兼の相次ぐ病死である。当時長は、大納言の地位にあり、内大臣だった周の下位であった。しかし、一条天皇・詮子(藤原兼家)は長を強く推し、さすがの天皇母親には勝てなかったのか、長を内覧・右大臣に任命する。さらに周が花山法皇矢で狙撃するなどの不祥事を多発して自滅、太宰府に流されたため、長が遂に藤原の頂点に君臨したのだった。

その後、左大臣を経て、一条天皇長の長女・子の間に生まれた孫の王(後一条天皇)が即位すると摂政に就任。後一条天皇・後朱雀天皇一条天皇子の子、後一条天皇)、後冷泉天皇(後朱雀天皇長の六女・嬉子の子)と、3人の天皇の外祖となった(但し、長は後一条天皇の御世に亡くなっている)。

一条天皇が即位して2年後、長は四女の威子を天皇へ入内させる。この祝いの宴で長は、かの有名な「この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば」を詠んでいる。満月のまま欠けることがないが世の謳歌する長の自信満々ぶりがえるが、この記録を残したのは長のはとこで生涯のライバルだった藤原実資が記した日記「小右記」である。元々本来の藤原嫡流だった実資は、内心で長の栄を苦々しく思っていただろう。なお、長は法成寺を建立したことから御堂関白と呼ばれているが、実際には関白に就いてはいない長の日記「御堂関白記」は後世の呼称である)。

江戸幕府の八代将軍・徳川吉宗は、生まれは不遇だったが、相次ぐの死によって紀伊の当となり、遂には征夷大将軍になるなど覚ましい出世を遂げたことから、当時吉宗長の生まれ変わりと言われたこともあった。実際、この2人は様々な面で共通点が多く見られる。

実は負けず嫌い!?

歴史書「大」「栄花物語」の中心人物だけあって、長の逸話はとても多い。彼がまだ少年だった頃、はとこで同じ年の藤原公任が幼い頃から秀才と謳われており、・兼は「自分の息子達は任に足元も及ばず、を踏むこともできないだろう」と嘆いた。それを聞いた長は「任のどころか、顔を踏んづけてやる」とした。果たして、後に出世した長に対し、嫡流から外れた任はその元で仕えることとなった(漫画うた恋い。」で任がドMになったのは、だいたいこの話のせいである)。

また、花山天皇の時代のこと。天皇肝試し兼・長に命じた。は豊楽院、兼は仁寿殿長は大極殿に行くこととなったが、は「気味の悪いがする」、兼は「大入が見えた」と言い、途中で逃げ戻ってしまう。これを笑った天皇だったが、遅れて戻ってきた長は、大極殿までちゃんと行ってきて、その拠に大極殿の柱を削り取って来たと述べた。翌日、長が持ってきた柱の削り取った部分を持って行くと、ピッタリとはまったと言う。

更に時代が下り、甥の周が催した矢の競射大会を行った時、これに参加した長は、周と直接矢で勝負した。通例なら身分の高い人物が先攻になるのだが、周より官位の低い長が先攻となった。的に当たった矢の数は長の方が二つ多く、ちょうどこれを見ていたギャラリーは、周の面に関わると思い、試合は二試合増やした延長戦へともつれ込んだ。延長戦は周に勝ちを譲ってやれと言うの思惑が面くない長は、八百長勝負なんてやってられるかとばかりに、かえって本気を出してしまう。まず「自分のから天皇や后が生まれるなら、この矢よ当たれ!」と言って射ると、は的のどん中に命中した。周は長の迫に圧倒されて外してしまい、続く二つの矢で今度は「自分が摂政関白になるなら、この矢よ当たれ!」と長は言い、またしても矢は的が割れるくらいの強いん中に当たった。はあわてて試合を止めさせ、観客はざめしてしまったという。「先攻=負け」という死亡フラグは、長に全く通用しなかったのだ。

これらのエピソードはいずれも歴史書「大」が出典となっているが、いずれも最終的に政治の敗者となった人物がかませ犬になっているため、長の功績と偉大さを強調するために、後世に作られた話とも考えられる。ただ、長は勝ち気すぎる性格が災いして、若い頃に・兼から勘当されたという話も残っており、彼の政治手腕を見ても強気な性格だったことは確かなようだ。

権力者の寂しい晩年

しかし栄を極めた長も、望月の歌を詠んだまさにその時が人生の頂点だった。その後次第に、長の人生には満月きを遮るが如く、暗が立ちこめるようになる。

まず、長女・子と、三条天皇に入内した次女・妍子との対立である。一条天皇ぎ、後一条天皇・後朱雀天皇の即位によってとなったが、子は意外なことにを痛めて産んだが子より、一条天皇と定子との間に生まれた継子の王を可がっていた。自分が入内したことで苦しい立場となり、若くして命を失った定子への罪滅ぼしとして、王を引き取って養育し、藤原行成がこれをサポートした。そのため、王を差し置いて、が子・王を立太子、続いて天皇としたことを心苦しく思っていたらしい。

そして、後一条天皇の即位ので犠牲となったのが、三条天皇である(詳細は当記事を参照)。血縁関係の薄い三条天皇は、長にとって邪魔な存在だった。妍子との間に皇子が生まれれば良かったのだが、生まれたのは女子だけだったので、眼病や宮中の火事など難を付けて、三条天皇を退位させてしまう。子も妍子も、の性急で強引なやり方に反発し、子の溝は深まる一方だった。

しかし本当の悲劇はここからであった。病気がちになって長が出してから6年後、王(小一条院・三条天皇の子)にいだ三女・寛子が病死、その翌には王(後の後朱雀天皇)にいだ六女・嬉子が、王(後の後冷泉天皇)を産んですぐに急死してしまう。2年後には、との関係が冷え切っていた次女・妍子も死去、死の直前に出を願っていた妍子だったが、長の反対で出できないまま亡くなった。

相次いで達に先立たれた長はショックで甚だしく衰弱し、その翌年に波乱に満ちた生涯を終えた。晩年の長は極楽往生をひたすら願い、念仏に明け暮れる毎日だったという。「栄花物語」では多くの僧侶が読経を挙げる中、南を唱えながら亡くなったと記されている。しかし「小右記」では、その最期は病魔に苦しみ続ける壮絶なものだったらしい。後者の方が事実に近いだろう。その死因は、と同じ糖尿病だったとも、だったとも言われる。

後を継いだ長男藤原頼通は、平等院鳳凰堂を建立するなどに劣らぬ繁栄をしたが、に皇子が産まれなかったために天皇の外祖となれず、次第に藤原摂関は衰えていった。やはり満月は、やがて欠けていく運命だったのである。

道長と源氏物語

長は、紫式部の書いた「源氏物語」の読者の一人であった。紫式部子の女房となったのも、彼女の文才が子のサロンの質を高めるからと判断したのだろう。そして長もまた、源氏モデルの一人と言われている。第一部の後半、源氏が昔からのライバル中将と出世競争しながら、准太上天皇にまで上り詰める栄へのは、確かに長の人生と重なるものがある。そのため、第二部で源氏が老いて、寂しい結末へ向かうのを、長は一読者としてどう感じたのだろうか?

長自身は和歌よりの方が得意だったらしく、歌人としての功績は少ない。しかし、百人一首に名を残す歌人藤原氏が半数近くにものぼり長と血縁関係の深い人物もかなり多い。藤原定家も、長の子孫の一人である。また、後一条天皇から現在に繫がる全ての天皇は、長の血を引いている。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 20 ななしのよっしん

    2024/01/07(日) 20:52:09 ID: 0MNB3o75s4

    今年の大河では権謀術数を勝ち抜く政治家になるとは思えない純で穏やかな少年として登場、準主人公なので黒化する役はこの人か?。

  • 👍
    0
    👎
    0
  • 21 ななしのよっしん

    2024/01/07(日) 21:19:34 ID: pt2R/V4+/n

    >>20
    政治パートでは実質役になりそうだよね
    普段はボーっとして怒るの苦手、身分の低い者にも優しい少年がどうしたらこの世をばなんて歌を詠む権者になるのやら…一昨年の北条義時並みの変貌が見られそう

  • 👍
    0
    👎
    0
  • 22 ななしのよっしん

    2024/01/10(水) 02:26:12 ID: ANEUm6GAO1

    「この世をば」の歌を従来通りの解釈で詠むような人物になり果てるのか、それとも新解釈で行くのか

  • 👍
    0
    👎
    0

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/20(土) 09:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/20(土) 09:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP