今注目のニュース
【関連あるか】救急車のサイレン音量、じつは昭和26年から変わらず 病院への搬送時間は20年で12.3分増
式場のミスで結婚式のクライマックスが飛ばされ… 「あまりに酷い」
海外サッカーファン小柳ルミ子のガチ「toto」予想結果が凄すぎ!? 「toto」の種類から買い方までの永久保存版レクチャーもあり!

For UltraPlayers単語

フォーアルトラプレイヤーズ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(88)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

  

総てを、プレイヤーぐ。
III THE EMPRESS

  

For UltraPlayersとは、SOUND VOLTEXに収録されている(譜面が)許されない楽曲である。

概要

アーティスト cosMo@暴走P
BPM 201
難易度 SOUND VOLTEX
NOVICE ADVANCED EXHAUST HEAVENLY
7 13 19 19
REFLEC BEAT
BASIC MEDIUM HARD SPECIAL
5 8 12 12
譜面制作者(SDVX) PHQUASE ver.II PHQUASE since 20131221
ジャケット制作 Infinite II heavenly II

登場・迷言

KAC2013の「SOUND VOLTEX II -infinite infection-」部門決勝戦。
衝撃的なレベルキャップ開放とかめりあの「ボス曲そのもの」をモチーフに作られた重量感と疾走感を兼ね備えた楽曲、そしてその速度暴力に乗せて三名の譜面製作者による悪な譜面を披露し、ボルテの新時代の到来をまざまざと見せつけたBangin' Burstだったが、その三名の譜面製作者の中に『あの御方』は含まれていなかった。

しかし最優秀賞受賞楽曲、つまりLv16(旧難易度)の譜面を持つ楽曲はもう1曲用意されていた。々しくも々しいレイシス、そしてver.II進化した『あの御方』ことPHQUASEと共に登場した楽曲、それがこのFor UltraPlayersである。曲名を意訳すると「剛羅達へ」といったところだろう。
初音ミクProject DIVAシリーズラスボス担当でおなじみのcosMo@暴走Pが自身の原点となるインストを引っ提げ、その譜面を昨年のKACファイナリストをCRASHさせる気だったPHQUASEが作っているという時点で生放送を見ている視聴者、現地の参加者、スタッフ、そしてトップランカーですら嫌な予感がしたことは想像に難くないだろう。

フィナーレに相応しい壮大な音楽と共にやってきた、その予想以上にエグい譜面を見た/プレイした人から次のような戸惑いの言葉や迷言が数々生み出され、やはり今回もPHQUASEは許されないことになった。

「あのー、なんなの。フカセ氏これ?ひっ…ひどい…いちいちひどい。」(会:森一丁)
「ちょっと難しすぎませんかね?」(ファイナリスト:PICOLTEX(ぴこ))
さよなら僕の全曲PUC」「やっぱりフカセ絶対に許さないんで」 (ちゃんぽんチャンピオンXD2.BOT(えつや))

譜面

NOVICELv7Max Burning!!以来2曲の、ADVANCEDLv13EXHAUSTLv16Bangin' Burstと共に史上初の、いずれも最高レベル譜面である。

NOVICE

SDVXのほとんど全ての楽曲同様、この譜面だけは条件でプレイすることが出来る。
個人差~詐称譜面だったMax Burning!!と違い、FXチップやBTロングこそ出てくるが概ね素な配置であり、Lv5~6程度の詐称譜面。Lv6が少しクリアできるようになったら挑戦してみるのも良いだろう。

ADVANCED

12分チップフカセトラップ・片手8分交互等のEXHでも出るような難所が当然のように出現する、Lv12とLv14を足して2で割ったような譜面となっている。
クリア難度自体はLv13で適切な程度だが、 ADVの中ではトップクラス難易度であることは間違いないだろう。

EXHAUST

「挑戦者への応援ソング」とはなんだったのかと言わんばかりの、ダブルつまみ混フレ・複雑な片手処理・FXチップロングが大量に混じる鍵盤地帯等、どれか一つでも旧Lv15では最上位になるような難所で最初から最後までほとんど塗り固められた、ver.IIに相応しい譜面となっている。
かしこの難所続きの譜面でさえブレイクまでは回復、EFFECTIVE RATEでも50%程度はいと話にならない。

一の休憩地帯である、不気味な程に静かなブレイクを抜けた後は

…と言った、前代未聞の初見殺し発狂が立て続けに襲いかかる。

このような全箇所発狂とも言いたくなるような譜面だが、CHAIN数は2402とBangin' Burstとたった1CHAINしか変わらず、ゲージが非常に重い

一般解禁・INPUT条件

2013年12月27日KACファイナリスト以外もプレイできるようになった。そのINPUT条件と必要Blc[1]は以下の通り。

LOCAL MATCHINGを使わない場合、EXHAUST譜面Bangin' Burstクリア以外にLv15上位クラスの4譜面とそれ以外の20個以上のAランク以上でのクリア、そして19200Blc+最低19個のLv15の解禁に必要なBlcもしくは労が必要になるため、Bangin' Burst以上にINPUTするだけで大変な、まさにUltraPlayers(ごりら)のための譜面であろう。
やはりSDVX IIIになっても当楽曲のEXHAUST譜面に必要なBlcは4000Blcのままだが、5thKACロード開幕と共に条件緩和。累計プレー回数でも入荷できるようになっている。

そしてただでさえINPUTするのも難しい上にクリアレートが低いBangin' Burstの後に待ち構えているというな解禁条件にも関わらずクリアレートは一般解禁直後50%、徐々にレートが上がってきたSDVX II終了直前でも57%SDVX III稼働からしばらくした3月でも62%と非常に低い。
しかしそんなトンデモ譜面初見960万点台という高スコアファイナリスト両者はあっさりクリアし、2014年1月11日韓国勢のK2.TRICKが初のPUCを達成、全曲PUCにさよならしたえつやも2014年1月22日413回の挑戦でPUC、「おかえりの全曲PUC」を達成したごりらであった。

2014年1月11日の実質クリアレート

LOCAL MATCHINGによる飛ばしプレイを行っておらず、前提となる曲をクリアしたプレイヤー全員が次の曲をプレイしていると理矢理仮定した場合、次のように実質クリアレートはLv15を20曲以上Aランク以上でクリアできるプレイヤー数として11%となる。

曲(全てEXH) クリアレート 実質クリアレート
Last Concerto 76.8% 76.8%
超越してしまった彼女と其を生み落した理由 81.1% 62.3%
Hellfire 82.7% 51.5%
Black or White? 76.9% 39.6%
Bangin' Burst 57.0% 22.6%
For UltraPlayers 50.3% 11.4%

実際は飛ばしプレイによるスキップ・怖いもの見たさや、Blc不足による未プレイが含まれているため、実際はもっと高かったと考えられるが、それでもこのボスラッシュに挑戦可な人の中で当楽曲がクリア出来たプレイヤーは数人に一人のレベルであったと思われる。

SKILL ANALYZER

SDVX IIではSKILL ANALYZER皆伝ポジションとなるの栄えあるボス曲として登場。前2曲の体譜面で疲れ果てたプレイヤーをその許されない発狂で待ち構える。

が、初見とはいえファイナリストを葬ったボス曲が登場したSDVXIIIでは2曲に降格。しかしそれによって最後の発狂を耐えさえすればになれたIIとは違い、その発狂で削られたゲージのままボス曲に挑まねばならなくなったため、取得の難度は非常に高くなってしまった。

The 4th KACでは…

えつやに続くちゃんぽんを決める戦い、The 4th KACでもこの曲は注を集めることとなった。

決勝に進出したのは、上記のえつやとTRICKプレイするのは一人一曲定する武器曲と、今年の最優秀楽曲の計3曲である。が、なんと二人とも武器曲に同じFor UltraPlayersを定するという事態に。急遽1曲を抽選で選ぶことになり、その結果がなんとなんとBangin' Burst。期せずしてKAC2013舞台再現されるアツい展開になった。

これに応えるかのように、両者は一歩も譲らぬ熱い戦いを繰り広げる。2曲終了時点でその差はわずか1NEAR分。勝負は今年の最優秀楽曲"Everlasting Message"に持ち越された……だった。

熱狂と奮の中流れたその曲は、聞いたことのある……いや、間違いなくさっき聞いたばかりの、二度のFor UltraPlayersであった。スタッフが盛大にやらかした間である。結局この日Everlasting Messageが披露されることはなく、KAC決勝という大舞台で史上最大級のコンマイクオリティが刻まれることとなった。KONMAI forever

また、大会後のスペシャルライブでも三度となるこの曲が披露され、遂にはアルトラ名曲なんでという複雑な気持ちになる迷言がまたしてもKACボルテ部門から生まれてしまったのであった。詳細はアルトラ名曲なんでの記事を参照。

REFLEC BEATにて

時は流れ5thKAC明けの2月リフレクでは久々FLOOR INFECTIONにより初めて他機種へと移植された。しかも同時開催のPOLICY BREAKではあの伐折羅-vajra-と交換である。

こちらのHARDはVOLZZA勢ではまだ少ないLv12と、SDVXと変わらぬ強さを発揮。この譜面クリアすることにより、ガレージにSPECIAL譜面が入荷される。論ただのSP譜面にあらず、何と移植元同様のPHQUASE謹製エフェクト付き、しかもエフェクト部分ではSDVXにおけるつまみを再現したスライドオブジェクトが配置されている、というさである。ボルテの如く疾走感でプレーするにはうってつけなので、是非プレーしてみてはいかがだろうか。
なお、今回のSP譜面の影で、REFLEC BEAT Plusに収録済みの某スター仮面INF移植現実味を帯びてきているとも言える。

全てをプレーヤーに捧ぐHEAVENLY譜面

2017年10月12日KAC2013コンテスト楽曲の追加譜面のトリを飾る形で4曲にHEAVENLY譜面が追加され、この曲はBlaster Gateロードの最後に控える、いわば大トリに位置する。譜面担当はPHQUASE since 20131221Max Burning!!と同類の名義である。

譜面傾向は純EXH譜面の強化と言ってよい。どことなくEXH譜面の面影を残すイントロから始まり、物量や片手処理が強化された前半部、第1サビからいきなりEXH譜面の第2サビとほぼ同のつまみが、強化された鍵盤と一緒にお出迎え。リニューアルされたブレイク後のつまみ発狂を抜けた後はつまみと鍵盤の高速移動をBPM201でやらされ、EXH譜面の名物だったラストの16分交互鍵盤発狂は、「16分交互」という要素は残しつつFXとBTをより複雑に組みあわせたものに進化してゲージダメージを与えてくる。

とはいえ全体的な難易度は19最上位と言える準に収まっており、20に行けというは聞こえないのが救い。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *SDVXIIの時に当該譜面のみをINPUTする場合に必要なもの。ADV譜面をINPUTしていない時にEXHをINPUTする場合、同時にINPUTする必要がある。

掲示板

  • 86ななしのよっしん

    2019/03/04(月) 12:28:06 ID: 4wecv1lcoo

    初代ぼるてんはあるちだった…?

  • 87ななしのよっしん

    2019/03/15(金) 21:15:35 ID: 6ao0R5dKLR

    今の滅斗はボスがLv19だからIIの暴コース(現行作だと3曲ともLv18)はそれ以下ということ・・・
    そしてIIIで最初の暴コースが(エバラス重はLv19中位で滅斗ボスには強すぎるとはいえ)今だと滅斗に毛が生えた程度のレベルになっちゃうな
    いや~インフレって怖い

  • 88ななしのよっしん

    2019/03/16(土) 23:43:26 ID: H6ix9haEj2

    今の基準だとIIの暴勢はLv18の中でも最上位ですらないという現実
    そして今作の滅斗見る限り2曲に入るのかな
    https://i.imgur.com/wVsyTRh.jpgexit

急上昇ワード

最終更新:2019/12/15(日) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/15(日) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP