今注目のニュース
O型は血を吸われやすいは本当だった。なぜ蚊に刺されやすい人と刺されにくい人がいるのか?8つの科学的理由
米YouTuber「ガイルくん」(29)死去 「スマブラの反応」で日本でも人気
うどんon白米!かつや「カレーうどんカツ丼」で大量の炭水化物を一気に摂取!

Microsoft Office単語

マイクロソフトオフィス

掲示板をみる(43)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

Microsoft Officeとは、Microsoft社が開発・製造しているコンピュータソフトウェア製品群である。

概要

Microsoft社が開発しているオフィススイートで、現在のデファクトスタンダードである。

一般にOfficeと呼ばれる場合、これをすことがほとんどである。

現在のところ、Windows版とMac OS X版、Android版、iOS版がある(AndroidiOSともにタブレット対応している。)
また、一部機に限定されるが、Webブラウザ上で無料で利用できるOffice Online、1台あたり少額の額払い(年間払いも可)でフルが利用できるOffice 365提供されている。

歴史

もともとは、Officeとしてまとめて売られておらず、すでに発売されていたWordExcelPowerPointをまとめたものに過ぎなかった。そのため、Office 95まではOfficeバージョンと各製品のバージョンが異なる状況が続いた。
なお、先に発売されたのはMac OS版(1989年6月)で、Windows版は後発であった(1989年10月)。

日本語化も遅れ、1992年Windows版3.0でやっと対応、Mac版は1993年の4.2で対応した。

1995年に、Windows 95と同時発売する形でOffice 95リリース、内部バージョンも最も進んでいたWordに合わせる形で7.0に統一された。
このときにプログラム自体を32ビット化したことで、Windows 95に最適なソフトウェアとして評価され、Windows 95搭載パソコンへのプレインストール政策も推し進めたことも相まって爆発的に普及し、ライバルであった一太郎Lotus 1-2-3を大きく押しのけることとなった。
加えて一太郎Windows 95対応が遅れ、リリースされた一太郎7もとても重いソフトウェアになったことでOfficeの普及に拍がかかった。一太郎は官庁や作家を中心に固定ユーザーが多かったことで生き残っているが、Lotusスーパーオフィス2001を最後に撤退した。

2007年リリースされたOffice 2007(the 2007 Microsoft Office system) ではリボンインターフェースという新しい操作系を導入したが、操作手順が大きく変わったことで従来ユーザーからの不評を買い、Office 2003以前を使い続けるユーザーが続出した(すでにOffice 2003のサポート2014年4月に終了している)。 

また、未だに最小構成であるPersonalでも2万円をえる価格が高すぎるというユーザーの不満が続いていることを利用するかのように、近年では無料で利用できる互換ソフトApache OpenOfficeLibreOffice)が徐々にシェアを伸ばしつつある。

マイクロソフトも何も対策を講じていないわけではなく、2011年Webブラウザ上でWordExcelPowerPointOneNoteの一部機を利用できるOffice Web apps(現:Office Online)と、額払いでProfessionalエディション並の機ExchangeSharepointクラウド版、オンラインストレージのOneDriveセットに利用できるOffice 365サービスしている。
日本ではパソコンへのプレインストールによる普及が高いという理由で、コンシューマー向けのOffice 365 Personal、Home(現:Office 365 Solo)の提供がされていなかったが2014年中にサービスを開始された。

2015年9月に発売されたOffice 2016からはパッケージ版が止され、レジアクティベーションを解除してもらうPOSA方式に変更された。

また、AndroidおよびiOS端末向けにWordExcelPowerPointフルが利用できるOffice MobileとOneNoteが無料提供されている。

Office 365

Office シリーズサブクリプション版。常に最新バージョンOfficeが利用できる。額払い、年間払いがある。

庭版(Office 365 Solo)と事業向け(Office 365 for Businessなど)で区別されているが、個人でも事業向けOffice 365契約できる。

相違点

庭版は額¥1,274-で1ライセンス2PCまでインストールできるようになっているが、事業向けは額¥583より(エディションによって異なる。Office 365 for Businessの場合は972円)で1ライセンス1人合計5台までインストールできる。

庭版(Office 365 Solo)にはAccessが入っているが、事業向けではProPlusEnterprise E3のみ入っている。また最下位エディション、Business EssentialsにはオフラインOfficeは付属しない。

OneDrive(但し、事業向けはOne Drive for Businessという庭版とは若干異なるサービスとなっている。)も容量は庭用・事業向けどちらでも1TB用意されているが、庭版には検閲があり、アレゲな画像を保管していると垢BANされるのに対し、事業向けではそのような検閲がなく、アレゲな画像を保管していても垢BANされない。また99.9%品質保を謳っており、システムが長引いたりすると、利用料を返してくれると思われる。但し庭版とは違い、同期ファイル数に上限がある。

なお、アップロード転送量に上限があるプロバイダー(OCNなど。24時間当たりの上限30GB)もあるので、同期する際は転送量に注意。

主な構成製品

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

Microsoft Officeに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/27(木) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/27(木) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP