MOON NIGHTのせいにして単語

ムーンナイトノセイニシテ

2.9千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

MOON NIGHTのせいにしてとは、「アイドルマスターSideM」の楽曲である。

概要

楽曲情報
曲名 MOON NIGHTのせいにして
作詞 結城アイラ
作曲 本多友紀
Arte Refact
編曲 酒井拓也
Arte Refact
ギター 佐々木正明
ベース 小林修
BPM 141
試聴 YouTubeexit
タグ MOON_NIGHTのせいにしてexit_nicovideo
参照:酒井拓也のツイートexit

2016年7月13日に発売されたCDTHE IDOLM@STER SideM 2nd ANNIVERSARY DISC 01」に収録された楽曲である。略称ムンナイ。

歌唱ユニットは「DRAMATIC STARS」、メンバー天道輝CV仲村宗悟)、桜庭薫CV内田雄馬)、柏木翼CV八代拓)の3名。
ユニット曲としては「STARLIGHT CELEBRATE!」「DRAMATIC NONFICTION」に続き3曲にあたる。

SideMとしては初のラブソング月夜の抑えられない想いをノリのいい曲とともに歌い上げている。

この曲の試聴が開始された2016年6月20日ストロベリームーンが見える日だったのもあってか、非常に話題となった。

作詞SideMではHigh×JokerWの楽曲、ミリオンライブでは「FAKE SELF×TRUE SELF」、「Decided」を手掛けた結城アイラ

作曲はこの曲がアイマス楽曲提供となった本多友紀。編曲ミリオンライブで多くの編曲を手掛ける酒井拓也。

本多友紀は「ムンナイが好きな人にはジャニーズさんだけじゃなくて是非ともシャネルズラッツ&スターを聞いて欲しいんだなぁ...」とツイートしており、イメージとしてはそこにあるのかもしれない。

歌詞に「奪うけどいいかな」「奪わせてもらおう」というフレーズがあることから、この曲にハマることを「奪われた」と表現することが多い。今宵もドラスタに奪われる老若男女プロデューサーが後を絶たない。
その他、「幕張とLV会場ごと抱かれた」「Beitと結婚した翌日に不倫」「大量殺人事件」「うっ」「慣れろ」など、それはもうパワーワード飛び交う中曲となっている。奪われた責任取らされる月夜だって、訴えたくても弁護士が相手じゃ… 

当然ながらこの手のワードが嫌いな人もいるため動画でのコメントは程々にするのが難だろう。

歌詞をよく見ると曲の役はイケイケな人物というよりは、月夜を借りて今は大胆になったという解釈も可である。

315 St@rry Collaboration

2018年2月28日発売のアイドルマスターSideM第3巻のBlu-ray&DVDの特典ボーカルCDに収録。歌はS.E.M非公式だが通称セムンナイ。

質の関係上、より一層大人っぽい計画犯罪的な月夜となっている。

ゲーム収録状況

maimai でらっくす

2021年8月より開催されていた「アイドルマスターシリーズ×セガ音ゲーコラボ」の第2弾として、「maimai でらっくす UNiVERSE」に同年9月16日実装された。(キャンペーン告知exit

同時にミリオンライブ!の楽曲「Shooting Stars」も実装された。

GROWING STARS

タイプ インテリ
難易度 EASY NORMAL HARD EXPERT
楽曲Lv 8 13 18 26

2022年2月18日15:00 ~ 24日(木)20:59開催のイベントGROWING SELECTION -MOON NIGHTのせいにして-」のイベント楽曲として実装された。 (イベント予告exitイベントプロローグexit

IM@Sライブ

ライブでも屈人気曲。特徴的な前奏、もしくはライブで付加されることの多い特殊イントロの時点で既に観客席から歓喜の悲鳴が上がることが多い。

特に盛り上がるのが、2番の「おいで」の台詞パート。ここでも観客の歓喜の悲鳴が上がる。

会場にスクリーンがある場合、この「おいで」のところで歌唱メンバー全員アップが画面分割で横一列に映されるのが定番化している。このスクリーン演出は、「アイドルマスター シャイニーカラーズ」のゲーム内のシステムとその演出にちなんで「リンクアピール」と呼ばれている。

315プロNight! ドラマチックミーティング! Vol.2

ライブ初披露は2016年7月17日に実施されたラジオ開録音「アイドルマスター SideM ラジオ 315プロNight! ドラマチックミーティング! Vol.2」。それぞれのライブパートで、オリジナルメンバーであるDRAMATIC STARSによって披露された。

その後も大小様々なイベントで、DRAMATIC STARSによって歌われてきている。

315 SP@RKLING TIME WITH ALL!!!

2019年3月17日に開催された「THE IDOLM@STER SideM PRODUCER MEETING 315 SP@RKLING TIME WITH ALL!!!DAY3では、その日出演していたメンバーの内のフィジカルチーム寺島拓篤天ヶ瀬冬馬役)・仲村宗悟天道輝役)・高塚智人渡辺みのり役)・益山武明紅井朱雀役)・寺島惇太大河タケル役)・浦尾岳大兜大吾役)・野上翔伊瀬谷四季役)の7人により披露された。

「おいで」のパートでは、メインモニターに加えて左右のサブモニターも使い、7分割リンクアピールを達成した。

M@STERS OF IDOL WORLD!!!!! 2023

2023年2月12日に開催された「THE IDOLM@STER M@STERS OF IDOL WORLD!!!!! 2023DAY2では、765PRO ALLSTARSより平田宏美菊地真役)、シンデレラガールズより青木志貴二宮飛鳥役)・河瀬茉希桐生つかさ役)・松田颯水星輝子役)、シャイニーカラーズより八巻アンナ白瀬咲耶役)の5人のイケボ女子たちによって披露された。

前日(同DAY1)のSideMメンバーらによる「Tulip」を受けて、DAY2ではその対になる曲としてこの曲が歌われるのではないかと多くのプロデューサーらが予想し、前日の内にまだ歌われていない「ムンナイ」がTwitterのトレンド入りする事態となっていた。そしてその予想と期待は的中し、DAY2での披露に至った。

論、「おいで」のリンクアピールも健在である。ただし平田が「アイドルマスター ミリオンラジオ! #502exit_nicolive」でったことによると、当初このパート平田ソロの予定で、平田が他のライブでは全員で言っているのを確認した上で同じようにすることを提案し、この形になったとのこと。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/06/09(金) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2023/06/09(金) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP