今注目のニュース
繁殖を防ぐために遺伝子組み換えした蚊を野生に放ったところ、逆に野生種と混じってパワーアップした可能性(ブラジル)
写真アップでSNSアカウントを削除された女性が抗議 「思い出が消えた!」
『HUNTERxHUNTER』キャラをイメージしたコラボウォッチが登場!ゴンモデルの秒針はあの衝撃のシーンが…

RENT単語

レント

掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

RENTレント)とは、アメリカ合衆国ミュージカル作品・映画作品である。

原作者の急逝という悲劇を乗り越えた「伝説の初演」で知られる。

概要

初演は1996年2月13日
最初はオフロードウェイの劇場にて上演、4月29日からはブロードウェイ舞台を移し、12年4ヶロングラン演を記録した。これは歴代8位のロングラン記録である。
1996年トニーミュージカル部門を始めとした数々の賞を受賞しており、熱狂的なファンレントヘッズ」によって強く支持されている。

現在でも『RENT』ツアーアメリカ内各地で地方演され、日本を含む世界15ヶでも上演。2005年には映画化され、オリジナルキャストの大半がい踏みしている。
日本では1998年に初演。以後2017年まで合計7回上演されている。

あらすじ

プッチーニ歌劇ラ・ボエーム』を下敷きとしている。
1989年ニューヨークイーストヴィレッジでの1年間=525600分の物語

落ちぶれたロックミュージシャンルームメイト映像作家。彼らが滞納していた「賃(レント)」を払うよう要する大家
彼らを中心としてダンサー大学講師、ドラァグクイーン、パフォーマー、エリート弁護士といった登場人物の、それぞれが抱える貧困や問題を描きつつ、共に在る喜びやを歌とダンスっていく。
登場人物には性的マイノリティとしての描写のほか、HIV陽性やドラッグなどのネガティブな側面が存在し、80年代末のニューヨークでの自由奔放な世界が描写されていく。

登場人物

ジョナサン・ラーソン

1960年2月4日ニューヨーク州にて誕生。幼い頃から音楽演劇興味を持ち、楽器演奏を通じてそのに進んだ。
大学に入り作曲を始め、学生による演劇に曲を上。彼を導していた学部長に認められ、彼の書いた作品に曲が使用される事となるなど、くから評価されていた。卒業後は様々な舞台に身を置く友人らと共にルーシェアし、週末はウェイターとして勤務する傍ら、ミュージカルの脚本の執筆や作曲に没頭する。
暮らしは貧しく、暖房もないロフトでの厳しい生活が続いた。親友をエイズで失う悲しみや、つきあっていた人をレズビアン女性に奪われるなどの実体験は、『RENT』作中にて描写されている。
しかし徐々に作品が評価され、複数の賞を受賞するなど前向きな評価を得ていく事となる。

『RENT』の原となる『ラ・ボエーム』のロックオペラ1988年に構想開始。ラーソンは脚本と作曲に抜された。
その後1990年代に入り、イーストヴィレッジにおけるボヘミアニズムが衰退。その中で生きてきたラーソンは、イーストヴィレッジを舞台とした全く新しいミュージカルを作りたいと考える。そして企画者から企画そのものを買い取り、『RENT』として世に出す事を決めた。
『RENT』における曲は42曲で、通常のミュージカルべるとかに多い。だがラーソンは300曲にものぼるナンバーを作曲ジャンルにこだわらないバリエーションの広さによって、彼の非な才めて評価されている。

7年という歳をかけて『RENT』が完成し、自身にとって初の本格的なミュージカル上演を控えたラーソンだったが、1996年1月24日に体調不良を覚え、最後のリハーサルを見届けてから病院に向かう。
過労と診断されて帰宅するが、『RENT』初日にあたる1月25日未明に自宅のキッチンで倒れ、35歳の若さで生涯を閉じた。
死因胸部大動脈瘤破裂死亡の2週間前にも2度変調を覚えて病院に行ったが、誤診によって見落とされた結果の死であった。

作者の急逝により、初日の上演は不可能かと思われた。しかしキャスト全員舞台に並んで立ち、台詞や歌を演じるという「リーディング形式」による追悼演に変更された。やがて中盤に入るとキャスト奮を抑えきれなくなり、舞台上で踊りはじめ、最後まで見事に演じきった。

劇場は万の拍手に包まれ、観客の一人が

Thank you Jonathan Larsonありがとうジョナサンラーソン)

と叫んだのに端を発し、キャストも観客も皆その言葉を口にし、惜しみない感謝と哀悼を寄せた。
以来この「Thank you Jonathan Larson」は、世界各地で上演される『RENT』のカーテンコールにおいて、舞台上にスライド投影されるのが伝統となった。映画版でもエンドクレジットの最後にこの一言が表示されている。

奇しくもこの初演は、『ラ・ボエーム』の初演から数えて100の上演であった。

補足

関連動画


関連商品

関連項目

 

 

 

 

 

Thank you Jonathan Larson

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2018/10/21(日) 21:53:46 ID: YY9T9g3Caq

    めっちゃいい記事
    何度見ても序盤で笑えるし終盤でボロボロ泣ける
    やっぱ初演キャストが至高だし、ほぼその状態を映像に残してくれた映画スタッフには感謝しか

急上昇ワード

最終更新:2019/09/22(日) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/22(日) 16:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP