単語記事: Numer0n

編集

タイトルロゴ

Numer0nとは、フジテレビ系で放送されているバラエティー番組、及び番組内で行われているゲームタイトルである。2012年10月より月曜23時台でレギュラー放送中。

概要

2人のプレイヤーが1対1で互いの定した数字を当てる知的ゲーム会はバナナマンアシスタントは第5回まで遠藤子、第6回からは宮澤智(2人ともフジテレビアナウンサー)。番組名である「Numer0n」は、イタリア語などで「数字」を意味する言葉「NUMERO」と「~の人」という意味の「ON」を合わせた造で「数字の人」という意味である。

ゲームルール

対戦は1対1のターン制で行われる。
プレイヤーは初めに手持ちの0~9の数字が書かれた10種類のカードから、3枚のカードを選び3桁の設定ナンバーを作る(ただしこの時、191355など同じ数字の書かれたカードを複数使用することはできない)。

先攻後攻を決め(※1)ゲームスタート。先攻プレイヤーは、ターン時間内(※2)に3桁の数字をコールする。後攻プレイヤーは、数字をコールされるとそれをジャッジする。

ジャッジの方法は、自分の設定ナンバーと相手にコールされた数字をべて、
「数字」と「位」が合っていれば「EAT」、
「数字」のみが合っていれば「BITE」、
をそれぞれ合っていた数を付加して宣言する。
例えば自分の設定ナンバー031 の時、相手が 930コールしてきた場合、
3 は「数字」も「位」も合っているので「1EAT」、0 は「数字」のみが合っているので「1BITE」、
つまり「1EAT-1BITE」と宣言しなくてはならない。

 コールとジャッジを交互に繰り返し、相手の設定ナンバーコールし「3EAT」と宣言させたほうが勝ちである。なお、1回コールで3EATしてしまった場合は ONE CALL となる。

※1 第1回放送ではどのように先攻後攻を決めたかは放送されておらず、第2・3回放送ではカードを引き小さい数字だったほうが先攻というルールが放送された。
※2 第5回以前は制限時間1分。第6回からは1分30秒となった。さらに第7回大会より決勝戦のみ2分。

番組での大会ルール

番組ではに複数人のプレイヤーが頂点となる“King (Queen) of Numer0n”をめて競い合う大会形式で放送されている。

通常大会ルール

参加する全プレイヤー総当りの予選ラウンドを行い、上位2名が決勝に進出する(※3)(※4)
大会開始時に各プレイヤーはそれぞれ 0~4の"LOWナンバー" を1枚ずつ、5~9の"HIGHナンバー" を2枚ずつで計15枚分のカードと、後述するスペシャルアイテム6種類の内、自分が好きに選んだ3種類を与えられる。
なお、ゲームに負けると設定ナンバーに使用したカードを相手に奪われ、使える数字が少なくなるという不利な条件で次の試合に挑まなくてはならない。

予選を勝ち抜いた2名が挑む決勝ラウンドでは、設定ナンバーの桁数が3桁から4桁に増え、さらに勝利した場合自分の設定ナンバー×100円が賞として贈呈される。(最高:98万7600円)(※5)

また優勝した際の賞以外にも、ONE CALL 達成者には記念に(ヌ)メロンが贈呈されるほか、相手プレイヤーが未コールだった場合は同じくチャンスとして1回だけコールを行い、ONE CALLに挑戦することが出来る(ただし、3EATしても勝敗が覆ることはない)。

※3 第1・2回放送では4人のプレイヤーによる総当たり戦を行い、第3回放送以降では6人のプレイヤーをAとB、2つのブロックに分けて総当り戦を行った。
※4 予選ラウンドで決着がつかない場合「プレーオフ」となり、 勝ち同数のラウンド参加者全員が順番にヌメロン王(バナナマン日村)の設定した2桁のナンバーを予想してコールを行う(この際、メモ等は取れない)。最初に2EATヌメロン王に宣言させたプレイヤーが決勝進出となる。
※5 第1・2回放送では決勝戦の設定ナンバー×10円(最高額=9万8760円)、第3回放送以降では決勝戦の設定ナンバー×100円(最高額=98万7600円)が換レート。

グランドチャンピオンシップ(以下GC大会と記述) ルール

8人のプレイヤーによるトーナメント戦。1戦負けたら即敗退のルールとなっているため、通常大会における数字の奪い合いは発生しない。
大会開始時に各プレイヤーはそれぞれ0~9の10種類のカードと、スペシャルアイテム6種類全てが与えられる。
ただし、アイテムの使用は1ゲームにつき1人1回きりとなっており、アイテムの全消費は事実不可能

決勝ラウンドは通常大会の決勝戦と同じく設定ナンバーの桁数が3桁から4桁に増え、さらに勝利した場合自分の設定ナンバー×100円が賞として贈呈される。またトーナメント式のルールであるためプレーオフは存在しない。ONE-CALL達成時の副賞は存在する模様。

スペシャルアイテム

プレイヤーゲーム中にスペシャルアイテムを使用することができる。通常大会の場合、第1ゲーム開始前にプレイヤーは数種類のアイテムの中から3種類を選択して装備する(第3回までは「DOUBLE」、「HIGH&LOW」、「SHUFFLE」で固定)。装備したアイテムは一度使うとくなってしまい、以後使用不。またアイテムの使用は1ターンに付き1回のみ。

なおレギュラー化以降、強アイテムである「HIGH&LOW」と「SLASH」を2つとも選択するプレイヤーが増え、アイテム選択の個性が薄れつつあることや、予選ブロックでのアイテム乱発により決勝戦が空手での試合になりやすい、といった問題点が以前から摘されていた。
その為、第11回大会では「HIGH&LOWSLASH併用不可(どちらか片方を使用したらもう片方も使用済み扱いになる)」「決勝戦のみ予選で使用しなかった+選択装備しなかったアイテムから1つだけ使用(GC大会と同様)」という特殊ルールが施行される。

攻撃アイテム

攻撃アイテムは自分のコールする前に使用可

DOUBLE 【第1回~】
2回続けてコールできるようになるが、その代わりに自分の設定ナンバーの相手が定した位の数字をひとつ明かさなくてはならない。
HIGHLOW 【第1回~】
回により効果が異なるが、基本はHIGHナンバー(5~9)LOWナンバー(0~4)の2つの数字タイプを用いて相手の設定ナンバーを絞り込むことが出来る。
現在のルール
【第4回~】 相手の設定ナンバーの配置をHIGHとLOWの数字を使って聞きだせる。例えば自分の設定ナンバー963の時、相手にHIGH&LOWを使われると、HIGH-HIGH-LOWと答えなければならない。
過去ルール
【第1・2回】 相手の設定ナンバーの位をひとつ定し、その数字がHIGHLOWを聞くことができる。
【第3回】 相手の設定ナンバーHIGHとLOWの数字がいくつ使われているかそれぞれ聞くことができる。例えば自分の設定ナンバー716の時、相手にHIGH&LOWを使われると、2HIGH-1LOWと答える。
TARGET 【第4回~】
数字を1つだけコールし、その数字が相手の設定ナンバーに入っていれば位置を、入っていない場合は設定ナンバーに含まれていない事を聞くことができる。
SLASH 【第5回~】
相手の設定ナンバーに含まれる数字の中で、最大値と最小値の差=スラッシュナバーを聞くことが出来る。例えばスラッシュナバーが6だった場合、使用された数字中2枚の組み合わせが 6-0/7-1/8-2/9-3 の4パターンにまで絞り込める。
なお、スラッシュナバーが9だった場合は、9-0の組み合わせしか存在しない為、一気に 9 と 0 の2つが使用されていることが特定できる。またスラッシュナバーが2(4桁では3)の場合、012/123/234/……/789 といった連番が使用されていることが特定できる。その為、アイテムを装備していること自体が相手に対するプレッシャーとなる一方、ルールを誤ると自身が一気にパニックに追い込まれる可性を持つ、中~上級者用と言っていいアイテム

防御アイテム

 防御アイテムは相手のターンコールをする前に使用することができる。 ただしその優先度は攻撃アイテムナンバーコールよりも低い(コール・攻撃アイテムを先に使われると防御アイテムは使えない)。
 その為後述の「ケンカ殺法」という戦法が生まれてしまい、対策として第4回からは相手ターンに入って10秒間はコールも攻撃アイテム使用も行えないルールに変更された。

SHUFFLE 【第1回~】
自分の設定ナンバー自由に並び替えることができる。並び替えた振りだけしてそのままでも構わない。
CHANGE 【第4回~】
自分の設定ナンバーの好きな桁1つを、別の数字カードに入れ替えることが出来る。
ただし、入れ替えられるのは元の数字と同じ種類(LOW(0~4)なら同じLOWHIGH(5~9)ならHIGH)のみで、かつ入れ替える数字がHIGHLOWかを相手に開示しなければならない。
第5回までは「入れ替える前の数字」を開示しなければならなかったが、バランス調整が行われ現在の形に変更された。

主なプレイヤー

プレイヤー、及び特徴的な戦術を持ったプレイヤーを紹介する。
なお、名前の横のは優勝回数を、は準優勝回数を表す。また通常大会はGC大会はとする。

中田敦彦 (オリエンタルラジオ) ☆★★★★

第1回~第12回及びGC大会まで全て参戦し、現在皆勤賞の「お笑い界の歩く偏差値」。全34戦中23勝11敗。

第1回、第2回、第4回、第6回、GC大会と5回もの大会で優勝を果たした強豪プレイヤーで、その戦績から番組内ではかつて「絶対王者」と呼ばれていた。ゴールデン進出以降はGC大会では優勝しているものの、通常大会では未だに優勝どころか決勝戦進出すらも果たしておらず、番組内でも「"元"絶対王者」としか呼ばれなくなっている。。

本番組ではいわゆる「頭悪役キャラ」で通しており、プレイヤー入場時に他のプレイヤーを死んだで睨み付ける、発言にいちいち厨二病的なコメントを添える(例:「復讐に燃えるヌメロニスト」「真っ白キャンパスを描きに来ました」「今回のシナリオ懸ってますね」etc...)等の行為で余りに濃すぎるネタキャラとも化している。

攻め方は数字を初めの3ターンで全ての数字を確認する「ローラー」を頻繁に使用するセオリーにのっとった基本的なものだが、数字を確定させる為に既に未使用であることが分かった数字を入れる等の若干変則的な面も見られる。またトークによる揺さぶりやあえて負けを演じたり、前述のキャラから来る無表情で相手を睨む行為等で心理的重圧を加える事により、相手を精的に圧倒しアイテム使用やコールチャンスを意図的に潰すといった心理戦を得意とする。しかし、意外にも精的に脆いところやうっかりミスも多く、第3回、第6回では大事なところでコールミスを冒し、第7回、第9回でもSLASHの構造を勘違いしたり、相手のCHANGEによって大混乱に陥るなどの失態を犯している。

第5回放送前に結婚した奥さんに関しても結婚前から頻繁にネタにされており、「彼女と一緒に練習したらフルボッコにされ大ゲンカ勃発」という爆弾ネタを投下されたほか、番組で見せる犯罪者的顔が「夫婦ゲンカの時に見せる顔」と言われたという(そのせいもあってか第6回ではそういった顔は少なになった)。これに懲りたか、以降は奥さんと練習をしていないと言している。

眞鍋かをり ★★

第1回、第2回、第4回、第6回、第9回に出演。「ヌメロン魔女」と恐れられる魔性の女プレイヤー男性経験は「”スーパーHIGH」らしい。第9回大会にして、史上初となる“Queen of Numer0n”となった。

基本は中田同様セオリーにのっとった方法で攻撃を行うが、推理に行き詰ると突如として「カンで」コールすることがあり、その場合一気に2EATないし3BITEなど一気に相手を追い詰める事がほとんど。第9回では史上2人となるONE CALLを達成させ(アイテム未使用、ロストナンバー1つにより確率1/504)、プレイヤーたちを驚かせた。また、誕生日から番号を推測する等の心理戦も得意。が、感情が顔に出やすい一面もあり、ある回ではトーク中相手にうっかりナンバーを言い当てられた際に一気に顔が凍りついた事も。さらに第9回大会では数字を確定させてから2ターン駄な手を打ってしまったりと、あまり論理的な分析は得意でないようだ。

眞鍋に限らず女性プレイヤーは勘だけで一気に追い詰めるケースも多く、めて「女の勘は怖い」というのを知らしめている。第9回大会では因縁の宿敵である中田相手に通算2度の勝利を勝ち取り、2大会ぶりに決勝へと進出し、念願となるヌメロン女王の座を掴んだ。

田中卓志 (アンガールズ)

第1回、第3回、第7回、GC大会に出演。頭髪が他番組で見かけるときより妙なことになっている。
1回の参戦では中田を追い詰めるも敗退、2回の参戦では他プレイヤーに良いようにオモチャにされた。しかし3回の参戦となる第7回では「対中田シフト」を展開し、中田を撃破。そのまま勢いに乗り念願の決勝戦進出を果たし、決勝戦でも「田中流」というまぐれ新たな数字の出し方ブサイクたちのにより悲願の初優勝を成し遂げた。しかしGC大会ではSLASHルールを勘違いし、半ば自滅に近い形で一回戦敗退となった。

彼の残した「0EAT-1BITEは物事が進まないことの例え」(0EAT-0BITEでは数字が一気に絞り込め、1EAT-0BITEでは入れ替えにより特定が容易だが、0EAT-1BITEでは絞込みが困難な為)はその後のゲームでも度々引用される、ヌメロン史に残る名言(?)である。

土田晃之

第2回、第3回、第4回、第9回に出演。「全然分からない」とプレイ中困惑する姿が頻繁に見られるが、すべてブラフ(はったり)であり、相手を油断させつつ追い詰めていく匍匐前進戦法をに取る。また、アイテムを使わせないようにターン開始と同時にコールを行う「ケンカ殺法」を編み出し、これが第3回以降のルール正へと繋がった。

またトークでは対戦相手の身辺に関わる芸ネタで攻める事が多い。 例えば中田彼女ヌメロンの練習を行っていた際、余りに勝てなくてキレた事を土田に暴露され、一気に精的不利な状況に追い込まれた。(こういった相手のプライベートなネタで精をかき乱すことで、自分専用のアイテム探偵」を使っていると文句を言われることも) さらに第9回では対戦相手である劇団ひとりに対し、その一試合前で上地がひとりに対してコールした数字「816」(劇団ひとりさんの誕生日)を堂々と自分の設定ナンバーにした上で、さらに1コールハイ&ローの結果を踏まえた「861」にするなどのトリッキーな戦法で相手を混乱させることも得意中の得意である(が、それを読んだひとりに土田敗北した)。

上地雄輔 ★★★

第4回、第6回、第7回、第9回に参戦。明るい性格ゆえ、暗くサイバーな雰囲気漂うスタジオに「吐きそう」と拒絶反応を示した。毎回、ゲームスタート時のクレーンカメラに手を振っている。一般的イメージでは「爛漫のおバカさん」だが、元横浜高校キャッチャーとして松坂大輔リードしてきた実は確かなもの。これまでの対戦をノートにまとめ各プレイヤーの戦法を研究。それを基に戦うという新スタイルデータヌメロン」を使う。

プレースタイル中田が使う「未使用確定数字を使う」など他のプレイヤー真似つつ、データ収集で発覚した「プレイヤーが使う数字の並び癖」から当てる、「人間の思考から使うであろう番号を導き出す」など癖とデータを存分に使用したトリッキースタイル。決勝戦では1ターンDOUBLEを使うというこれまでになかったプレーを行い全員を驚かせるなどゲームをかき回し、中田にあと一歩のところまで迫るも敗北した。しかし、「論理と運のゲーム」に「人間の癖と傾向」という新たな視点を持ち込んだことには衝撃が走った。

第6回でも前回王者児嶋を撃破しプレーオフから決勝進出。決勝では再び中田と戦うも相手の引きに屈し敗北。しかし、それが外れていれば勝利というまさに大接戦の戦いであった。第7回では皆相手に惨敗、児嶋にもリベンジを決められてしまうなど絶不調であったが、第9回では以前の感覚を取り戻したかプレーオフを勝ち抜き見事に決勝へ進出するも、対峙した眞鍋の圧倒的過ぎる強運に成す術もなく敗北してしまった。

独自戦法データヌメロンや、予選の全勝ではなくプレーオフでの決勝進出をアイテムを温存する・全てハイの数字でナンバーを構成する等一味違った戦法を見せる彼だが、過去3回挑んだ決勝は全て古参プレイヤーの驚異的な引きに破れている。正にヌメロン界の冠の帝王と言えるだろう。

児嶋一哉 (アンジャッシュ)

第5回、第6回、第7回、GC大会に参戦。会のバナナマンとは旧知の仲…というよりバナナマンが年上の児嶋を見下しているため一般人扱いされる、児嶋が喋ったことを聞いていないなど頻繁にいじられる。

最近は「ポンコツキャラ」としてブレイクしているが、プロ士のライセンスを持つほどの実を持つ麻雀で培われた読みポーカーフェイスなどヌメロンはかなり高い。予選ではアイテムを全消費しながらもアイテム使用後、わずかな時間で高度な論理を展開し一発で勝負を決めている。決勝では自分はアイテムなし、相手はアイテム全持ちという不利な状況、コール数字も0EAT-1BITEなどヒントにならなさそうな数字が続く状態から一気に2EAT - 2BITEと追い込み、焦ってSHUFFLEを使用した相手の性格を全に読み切り、番組初となる「SHUFFLE後一撃」を達成し優勝した。

第6回では現チャンプとしてのプレッシャーか決勝を見据えた戦いになってしまい、プレーオフで敗退。その後はモニタールームでバナナマンにイジられまくられた。第7回ではアイテムを出し惜しみせず戦い上地を撃破するも、皆ONE CALLを決められて敗北GC大会でも皆に惜しいところまで迫るも一回戦敗退となった。

村上健志 (フルーツポンチ)

第5回、第8回、GC大会に参戦。やたらとウザったい発言、行動が多いため他の出演者(特に女性プレイヤー)からはかなり疎まれている。

初参戦となる第5回では皆と絶対王者中田をなんとアイテムを一切使うことなく撃破し、圧倒的優位に立ったものの、決勝戦で相手の挑発に乗ってしまい、アイテムを使わずに勝つと宣言。宣言通りアイテムを使わずに3EAT-0BITEまで追い込むも、相手の攻めに屈してSHUFFLEを使用。しかし自分の性格から数字を読まれ、まさかの大逆転負けを喫した。続く第8回では初戦でつまずくも、アイテムを使用してなんとか2戦を突破。その後のプレーオフで2番手となり、3番手のプレイヤーに回すことなく2EATして決勝進出。決勝では相手のコール運に押され気味だったが、追い込まれたところで残ったアイテムを使用して数字を絞り込み、防御アイテムを使わせることなく見事優勝。第5回大会の辱をらした。GC大会では初戦こそ突破したものの、相手のコール運と精面での揺さぶりによって見せ場を作ることもなく二回戦敗退となった。

皆藤愛子

第5回、第6回、第7回、GC大会に参戦。眞鍋かをりと同じく”女の感”と論理を持ち合わせた「お台場のIQキャスター」。

1回の参戦である第5回において、初戦で中田とぶつかり敗北するも、アイテムを全て消費させる事に成功。続く第6回大会の対上地戦においては初手でHIGH&LOWを使用し、1コールで1EAT-2BITEというヒキの強さを見せ、続く2コールで撃破。しかし対戦カードの悪さからか、決勝に進んだことはなかった。
…が、第7回大会において2度の対上地戦では相手の迷走をに着実に数字を特定して行き、上地から2度の勝利を掴む。さらに対児嶋戦では初手でHIGH&LOWを使用し、ヌメロン史上初のONE CALL-3EATを達成(確率1/100)。初の決勝への切符を手にするも、敗北した。GC大会では初戦を突破し、二戦の対中田戦であと二択というところまで迫ったが、二回戦敗退となった。

余談だが彼女は後述のスマートフォンアプリにおいてもONE CALLを達成したことがあると発言しており、少なくとも2回以上はONE CALLを達成していることになる。その強さは強運で女の座を獲得した眞鍋とほぼ互といっても過言ではない。

実際に遊ぶためには

トランプサイズに切った(あるいはトランプそのもの)に0~9の数字を書き、それを伏せる形で簡単に遊ぶことができる(この時、書いた数字は裏透けしないように注意が必要である)。負けたプレイヤーカードを渡すルールスペシャルアイテムくして、簡略化されたルールで遊んでも十分に楽しめる。

また、iPhone及びAndroidにて公式アプリが配信されており、アイテムを使ったオンライン対戦が可。基本料無料だが、アイテムゲーム内通貨などが課金アイテムとして存在(するものの、1日おきにログインボーナスとして失ったアイテムチップが補充されるので、やりすぎなければ課金の必要はさほどい)。

過去にはスマートフォンAndroid)版Mobageにて2011年9月9日からゲーム提供されていた(現在は提供終了)。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/numer0n
ページ番号: 4755895 リビジョン番号: 1832602
読み:ヌメロン
初版作成日: 11/11/02 18:50 ◆ 最終更新日: 13/06/13 18:10
編集内容についての説明/コメント: 中田の勝敗数を第12回大会までに修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧

Numer0nについて語るスレ

89 : ななしのよっしん :2013/06/18(火) 00:05:31 ID: fXgFHTMl1I
結局、ヌメロンサーガって何だったの……
90 : ななしのよっしん :2013/06/18(火) 21:15:01 ID: j83nXkkWCn
>>89
きっと低予算で盛り上がれるものを作ろうとしたけど…
突然打ち切りを余儀なくされた結果があれだったんだろうな…

塚、レイアリオルナって…金火竜とでも言いたいのかスタッフ
91 : ななしのよっしん :2013/07/09(火) 17:27:14 ID: YqAiJtV4vy
ヨドバシのボドゲコーナーいったら
アナログ版カルコロンがあったでござる
ありがとうございます けど2kかー… 妥当か?
92 : ななしのよっしん :2014/01/14(火) 16:07:29 ID: 3DHeWdEVnE
>>6
亀レスですまん
めちゃイケの前番組?(土曜20時)で3組対抗でやっていた。数字じゃなくて人物6人だったけな?
算数の教科書のコラムにも載っていた気がする。
93 : ななしのよっしん :2014/04/10(木) 10:48:29 ID: ZppZgIlipQ
個人の好みだろうけど直感やら女の勘やら連呼されると萎える(「運が良い」はまた別として)
過去戦見たけど第3回決勝あたりが正攻法同士で面かった

これってアプリ以外に対人戦できるようなチャット掲示板はないのかな?
94 : ななしのよっしん :2014/04/11(金) 15:33:18 ID: ITfKUbAV1M
H&LとかSLASHとか、考えずに使っても強いアイテムの存在で運要素の増大、
先攻絶対有利のルール
さらに予選は1戦落としたらほぼ絶望ルールのため運で勝ち負けが決まる
こんなんで戦略的ゲームとか笑わせるわ
95 : ななしのよっしん :2014/04/12(土) 12:51:31 ID: Y0JahpKbtB
遊戯王かと思ったのに…
96 : ななしのよっしん :2014/06/12(木) 19:53:30 ID: Ut0teg//Gn
遊戯王じゃないのか…(驚愕)
97 : ななしのよっしん :2014/06/12(木) 19:57:16 ID: DL+fjzSVX3
ゼアルらしい書き込みだ
98 : ななしのよっしん :2014/07/28(月) 15:24:23 ID: cFNiFlqNMn
>>97
でも関連項には書いても良いと思うの
すぐに認定するのは良くないと思うの
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015