アイルトン・セナ単語

アイルトンセナ
  • 7
  • 0pt
掲示板へ

アイルトン・セナ(Ayrton Senna da Silva, Brazil, 1960-1994)とは、ブラジル人のレーシングドライバーである。F1では、3度のワールドチャンピオンき、日本F1を根付かせた立役者でもある。甥は同じくレーシングドライバーブルーノセナ(Bruno Senna Lalli, Brazil, 1983-)。

概要

1960年ブラジル・サンパウロの裕福な庭に生まれる。本名はアイルトン・セナ・ダ・シルバ
ファミリーネームは「ダ・シルバ」で当初はこの姓を使っていたが、後に方のファミリーネームである「セナ」を名乗った。
幼いころからエンジン付きカートを与えられ、才を磨いていった。

1984年トールマン・ハートよりF1デビュー。弱小チームでありながらもデビュー2戦南アフリカGPで6位となりいきなりのポイントゲット。さらに6戦モナコGPではにより他のドライバーが苦戦する中、セナマシンは次々に強を追い抜いていきトップアラン・プロストを追い抜くもその直前に中断され、2位となる。
しかし、このレースセナに対する注が集まる。

1985年にはロータスに移籍。第2戦ポルトガルGPにて初のポールポジション、そして初優勝を飾る。
さらに第13戦ベルギーGPでも予選2位からの優勝をし、この年は2勝という結果になった。
以後、セナは着実にを着け、アラン・プロストナイジェル・マンセルネルソン・ピケら当時のトップドライバーと肩を並べるようになる。

1986年ロータスルノーを操り、2勝を果たした。特に第2戦スペインGPではウィリアムズホンダナイジェル・マンセルしい追撃を振り切り0.014差で勝利し、セナホンダエンジン興味を持つようになる

 

また、1987年にはロータス中嶋悟チームメイトになり、さらに念願のホンダからのエンジン供給を受けた。

1988年マクラーレンに移籍。この年マクラーレンは、強ホンダエンジン、そしてアイルトン・セナ、アラン・プロストジョイントナンバーワン体制によってシーズン16戦15勝を挙げる。そしてセナも第15戦日本GPにて初のワールドチャンピオンく。また、この年の記念パーティで故・本田宗一郎氏と出会い、「来年も最高のエンジンを作ってやるからな」と言われ感する。

しかし、翌89年にはプロストとの仲が悪化。チャンピオンをかけた第15戦日本GPではシケインで接触、セナは復帰し1位ゴールするが後に失格処分に、チャンピオンの座をプロストに明け渡してしまう。

90年、フェラーリに移籍したプロストに代わりゲルハルト・ベルガーとコンビを組む。この年もプロストチャンピオンの座を争う。そして、またしても第15戦日本GP、スタート直後、1コーナーセナプロストと接触、これによりセナの2度ワールドチャンピオンが決まる。(後にセナはこの接触が故意であると認めている。)

91年はウィリアムズナイジェル・マンセルとのチャンピオン争いを制し、3度ワールドチャンピオンを経験する。しかし、翌92年はウィリアムズに圧倒される。セナは随所できを見せたが、結局ランキング4位となる。

93年、ホンダエンジンを失い、非力フォードエンジンで戦うことになったセナだが、序盤から前評判を覆す活躍を見せる。結局中盤で失速し、ウィリアムズアラン・プロストチャンピオンを奪われるが、終盤2戦連続で優勝するなど意地を見せる。この年ランキング2位。最終戦オーストラリアGPでは、プロストと握手する姿も見られ、二人の和解は多くの感動を呼んだ。

94年、念願のウィリアムズに移籍、しかしレギレーションの変更でハイテク装備が禁止されたためマシンバランスが不安定になり、セナは序盤の2戦でポールポジションを取りながらリタイヤ。精を欠く。

そして、1994年5月1日、第3戦サンマリノGP、イモラサーキットタンブレロクラッシュ病院に搬送されるが、死亡する。
その後、ブラジル政府国葬の礼をもってあたったことからもセナブラジル内での人気がうかがい知れる。
現在、彼はサンパウロのモルンビー墓地で静かに眠っている。

また、彼の甥っ子(ビビアーニの息子)にあたるブルーノセナ2010年HRT F1からF1デビューを果たした。

日本での評価

1987年日本人ドライバー中嶋悟F1デビューするのと同時に本格的なF1中継が開始されたが、当時のチームメイトであったセナのルックスと速さから日本ファンが増え、前のF1ブームが到来した。

しかし、多くのファンF1ファンセナファンという人間が多く、サンマリノGPで事故死するとF1を見なくなるようになり、F1ブーム一気に消沈した。特に1989年から実況を務めていた古舘伊知郎が大のセナファンであり、セナの亡くなった1994年を以てF1実況から去ったことは有名である。

フジテレビをはじめ、日本メディアにおいてもセナを贔屓する報道が多くを占め、ライバルであったアラン・プロストナイジェル・マンセルミハエル・シューマッハヒール的なポジション批判することが多かった。日本セナの短所、問題点が摘されることが少ないのも、これらの報道している。

通算成績                                    

出走回数:161
優勝回数:41
通算獲得ポイント614
台:80
ポールポジション65
ファテストラップ:19
デビュー戦:1984年ブラジルGP
勝利1985年ポルトガルGP
最終勝利1993年オーストラリアGP
終戦1994年サンマリノGP
タイトル:3回(’88、’90、’91) 

関連動画

セナトリビュートムービー

4番手スタートからたった1周でトップに立った、1993年ヨーロッパGPでの伝説オープニングラップ 

もはや伝説1992年モナコGPでのナイジェル・マンセルとのドッグファイト

アイルトン・セナとアイルトン・”タカ”との夢の対決
セナの死後この時の賞品として、鈴鹿サーキットで使われたヘルメットが送られたという。

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 7
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%BB%E3%83%8A

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アイルトン・セナ

52 ななしのよっしん
2017/11/12(日) 03:05:21 ID: jv4GtHpgpx
彼は限界えるために、最後までトップを突っ走った。
53 ななしのよっしん
2018/03/21(水) 00:28:43 ID: 7nc4uzGxH5
予選で死亡したラッツェンバーガーのために、決勝戦で彼の祖国オーストリア国旗マシンに持ち込んでレース終了後に掲げるはずだったのに、まさかそれを本人に直接渡しに行くことになるなんて思わなかっただろうな…。
54 ななしのよっしん
2018/05/03(木) 00:06:03 ID: 8MrNR6OtEO
スポーツタラレバ禁句だけどセナが死ななければ1994年はどんなシーズンになってたんだろうな
個人的には2007年マクラーレンコンビみたいにセナシューマッハで潰しあいをしてしまって漁夫の利で他のかがチャンピオンを掻っ攫っていきそうだと思うんだが
もし正々堂々勝負したとしてもセナチャンピオンになれなかったと思う。>>47で言われてるようにあの時点でシューマッハからの強プレッシャーを感じていたはずだし、だから開幕2戦連続リタイアした
マクラーレンでもハッキネンに何度か純速さで負けてたし、体シューマッハべると劣る。ドライバーとしてはすでにピークを迎えてたはず。特にあの年から給油が解禁になって常に全開で走らなきゃいけなくなって体的にきついはず
55 ななしのよっしん
2018/06/16(土) 20:54:13 ID: joEfykg++2
>>54
2戦は押し出された形でのリタイヤなんだが
連続リタイヤしたから追い詰められたならわかるんだけど
56 ななしのよっしん
2018/07/23(月) 03:27:13 ID: OApVFaYI1W
>>im6684734
いつの日も笑顔を。
57 削除しました
削除しました ID: aeISCqveaI
削除しました
58 ななしのよっしん
2019/05/01(水) 00:49:57 ID: J4lE8wlwqq
今日セナがいなくなってから四半世紀も経つのか…

あれからシューマッハハッキネンアロンソライコネンバトンベッテルハミルトンと速いF1レーサーは数多く出てきたけど、セナえるレーサーヒーローとして尊敬できる人はこれからも出てこない様な気がする。
59 ななしのよっしん
2020/05/01(金) 16:17:03 ID: AiKrruOIpN
バーニー・エクレストンイタリア法を捻じ曲げたせいで、決勝日に多数の怪人が出てセナは死んだ。
殺されたも同然なんだ。
いい加減、メディアはこれを認めて周知しろよ。

後世に本当の意味で安全性向上に貢献したのは、ラッツェンバーガーの事故死の方なんだ。

英雄アイルトン・セナ愛しF11994年5月1日は決意の日でもある。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200501-00843367-number-moto&p=1exit
60 ななしのよっしん
2020/06/07(日) 21:25:14 ID: UM/sXn7bM2
個人的にセナ大嫌いだったが、彼がに召されてからセナの凄さ、強さが漸く理解出来た

今も彼を好きにはなれないが、間違いく「F1史上最高且つ最強ドライバー」の一人であった事は認めざるを得ない
61 ななしのよっしん
2020/06/23(火) 07:26:07 ID: Njbta9uiic
Hパターンシフト、パワステい最大30キロの掛かるハンドル握ってGを耐えるんだからあの時代は凄いよ

急上昇ワード改

2020/10/22(木)10時00分 現在

おすすめトレンド