九七式艦上攻撃機単語

キュウナナシキカンジョウコウゲキキ

九七式艦上攻撃機とは、日本海軍が運用していた艦上攻撃機である。
略称は「九七艦攻」など。

概要

九七式艦上攻撃機には中島飛行機製(B5N1/B5N2)と三菱重工業製(B5M1)の二種類が存在する。
全く設計の異なる機体(全金属単葉という共通項はある)にも関わらず、性にあまり差がかったため両方とも採用されたという経緯を持つ。
両方採用されたといっても三菱製より中島製の方が多く生産されたため、九七艦攻と言えば大抵は中島製をす。

搭乗員の構成は前方から、操縦手・航法兼爆撃照準手・電信兼機手である。
3座式であるため撃・爆撃だけでなく偵察機としても使われていた。

中島飛行機製九七艦攻(B5N1/B5N2)

上述したように九七艦攻と言えば基本的にこちらをすと考えていい。

特徴として引き込み脚や可変ピッチプロペラなど新機構を盛り込んだ革新的な機体に仕上がっている。
やや振動が大きいなどの欠点はあったが、更なる性向上を論んで日本海軍はこちらをとして採用した。

ほぼ同時期の艦攻であるデヴァステイター)やフェアリーアルバコア(英)とべ航続距離最高速度、ペイロードの面で優れており、他べても優秀な機体であったと言える。
事実真珠湾攻撃で大戦果を上げたのは本機であるし、他のいくつかの戦でも大艦への撃や敵地上施設への爆撃など、零戦九九艦爆と共に日本海軍の快進撃を支えた機の一つであることに間違いないだろう。

反面、防御面はほとんど考慮されておらず、対や敵戦闘機の餌食になりやすく常に少なくない損失を出していたことも忘れてはいけない。
零戦九九艦爆がそうであったように、防御面の不備はもはや日本海軍機の宿命である。(ちなみに陸軍機は防御に結構気を使っていた)

後継機である山が投入されてからは、レーダーを搭載して対潜や船団護衛など裏方の任務に回った。
末期には一部が特攻機として運用されたこともある。

有名な搭乗者として友永大尉や、「撃の神様」の異名をとった村田重治少佐がいる。

三菱重工業製九七艦攻(B5M1)

こちらは中島製とは対照的に固定脚を採用した手堅く保守的な機体となった。
中島製とべ機体の振動が少なかったためこちらを好んだ搭乗員もいたとか。

新機構を多く採用した中島製に不安もあったため、そちらが失敗したときの保険として採用されたものであり、それ故生産数は中島製とべるとずっと少ない。

空母に搭載されることはほとんどかったようで、陸上基地からのや偵察、訓練機として運用されていた。
こちらも末期には少数が特攻機として使用されたという。

立った戦歴もないため地味な存在になってしまった。これが登場するゲーム架空戦記なんてあるのだろうか?

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B9%9D%E4%B8%83%E5%BC%8F%E8%89%A6%E4%B8%8A%E6%94%BB%E6%92%83%E6%A9%9F

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

九七式艦上攻撃機

6 ななしのよっしん
2015/02/18(水) 16:39:59 ID: 5uc2u4Rpoz
でも正直さ、三菱重工業製の九七艦攻を使っていたら良できたはずなんだよな 最終的に金星発動機は621500級になるんだから 山が配備されるまでは持ち堪えたかもしれないし
7 ななしのよっしん
2015/02/18(水) 16:55:03 ID: 0TFZ3sK66p
>>3
艦隊で運用された記録がいらしいから、多分地上基地のみじゃないかねぇ
8 ななしのよっしん
2015/02/18(水) 21:20:34 ID: 5uc2u4Rpoz
てかよくよく考えたら一号エンジンって火星エンジン並みの大きさだったから火星エンジンを換装出来たんじゃねと思うわ
9 ななしのよっしん
2015/02/21(土) 22:10:48 ID: srmQeZlZhe
人間一人の重量を追加させるのでもめんどうな設計変更がいるうえによりにもよって機体の端っこに250kgもの重量増なんかできるわけないだろ

それにカタパルトがないから場合によっては落ちたか飛んだかわからないくらいのスレスレまで下がる機体なのに
そんな重量増加策は謀・・・
10 ななしのよっしん
2015/02/21(土) 22:22:37 ID: gsV+ZOrfqz
まあそんなわけで1000そこそこの機体に魚雷積んで
かつ撃時に必要な安定性を確保できるだけのを与え
さらに運用上必要な速を確保すると
装甲に割く余裕なんてどこにもないのだ

これは実のところ米軍機もそんなに事情は変わらない
この問題の本質的な解決は信頼性を確保できる強エンジンをさっさと開発することしかないのだが
そこが日本にとって一番の泣き所でした、という……
11 ななしのよっしん
2015/02/23(月) 19:15:43 ID: cZ32mJFN4L
warthunderではお世話になってる。撃万歳
12 ななしのよっしん
2015/06/23(火) 02:28:36 ID: EToZYsGVsX
三度の飯より撃が好き
13 ななしのよっしん
2016/02/26(金) 01:32:32 ID: qrHrq9jxiw
じゃあ強エンジンを開発すれば良かったんだよ!!(名案)
14 ななしのよっしん
2016/04/29(金) 00:44:25 ID: 4vugYExIfl
火星を積んだ山も防御という悲しさ
だが誉(=流星彩雲)の完成を待つとなると時期が遅すぎる

では三座を止めることで浮いた重量を防御に回すのはどうか?
かしこれも索敵、、誘導を全て零式偵に負担させることになるため現実味が
二式艦偵?アレは二座なので長距離進出には不安が残る
金星火星で三座艦偵を作る?艦上機が4種となって運用に支障をきたす

結論:やっぱムリ
15 ななしのよっしん
2016/07/20(水) 00:51:10 ID: oXMcw2O7QP
>>14
そこで搭載量(燃料)削減ですよ
え?……アウトレンジで殴れる余地がいと、勝ち筋が消える?

結論:やっぱムリ(ではないかもしれないけどシャーナイ)