編集  

攻撃機単語

コウゲキキ

攻撃機とは、軍用機の分類の一つ。対地・対艦攻撃を主任務とする。

概要

攻撃機の厳密な定義及び爆撃機戦闘機との区分には錯綜した部分がある。たとえば旧日本海軍では、急降下爆撃を持つ(必然的に較的小な)航空機を「爆撃機」、爆撃/のみを持つ航空機を「攻撃機」とよんだ。一方米軍では急降下爆撃撃ともに可な機体をさした。現代ではおおむね爆撃機よりも小戦闘機とほぼ同じ程度の機体規模を持ち、地上・上の標に対する戦術的な攻撃を行うものをいう。

アメリカ軍では、A(Attcker)の機種分類が行われているが、最近の戦闘機マルチロール(多用途)化にともない、純攻撃機と呼べるものは退役しつつある。各軍においては単一の機種が任務に応じた兵装を搭載し、制戦闘や対地・対艦攻撃を行うのが一つの趨勢である。結果、戦闘機攻撃機戦闘爆撃機/戦闘攻撃機の分類はあいまいなものとなりつつある。

地上標に対する近接航空支援に特化した攻撃機としては、A-10が挙げられるが、こうした純な対地攻撃機アメリカ軍でもある意味特異な存在で、F/A-18F-16F-15Eといったマルチロールを持つ戦闘(攻撃)機が実際の対地攻撃任務の軸を担っている。米軍ではその他、輸送機改造したAC-130海兵隊VTOL機AV-8Bといった攻撃機を運用している。また、戦闘機を示すF(Fighter)のナンバーが与えられながら実際はほとんど攻撃機としてのみ運用されたF-111F-117のようなケースもあり、なおさら分類を複雑にしている。

日本航空自衛隊)でも対艦・対地攻撃を行う航空機を運用しているが、「攻撃」と言うニュアンスを嫌って「支援戦闘機」と呼んでいた。「要撃戦闘機」と対される用で、運用思想上、来する敵上陸部隊を撃破するためのミサイルを用いた対艦攻撃が重視されており、過去にはF-1現在F-4EJF-2がその任に当たっている。F-1及びF-2は「支援戦闘機」としてFの符号が与えられているが、その主任務が対艦攻撃であることからしていわゆる「攻撃機」に該当すると言われる。ただし、F-2はBVR(視界外射程)の対空ミサイルを運用するを持ち(F-1赤外線誘導の短射程ミサイルのみ)、対戦闘を行うことも考慮されているため、「対艦を重視したマルチロール戦闘機」であるとも考えられる。なお2005年度の新防衛計画大綱からは「要撃戦闘機」と「支援戦闘機」の区分が止され、どちらも単に「戦闘機」と呼ばれるようになった。

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%94%BB%E6%92%83%E6%A9%9F
ページ番号: 4154444 リビジョン番号: 740327
読み:コウゲキキ
初版作成日: 09/09/07 11:15 ◆ 最終更新日: 10/05/05 05:36
編集内容についての説明/コメント: 余分なタグを削除
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

攻撃機について語るスレ

8 : ななしのよっしん :2014/12/07(日) 21:42:05 ID: K+gGr6cNCj
敵艦を沈めたりばくげきするのが仕事だからでしょ
9 : ななしのよっしん :2014/12/16(火) 01:32:54 ID: vtmB08mUwc
確か爆撃機より艦船に対する攻撃が高いんだろ
ファミコンウォーズをやっていたからわかる
10 : ななしのよっしん :2016/04/11(月) 14:35:14 ID: WCYFUIeZFZ
亀レス
まず爆撃機と聞いてっ先にイメージされる大爆撃機空母から飛べない。自然軍が爆撃しようと思えば小機になる。
そして次に空母から飛ばさなきゃなんない制約。基地から飛び立つ軍機は滑走距離に気兼ねなく飛行性を上げられる。今時最高の戦闘機を作ると勝手に攻撃機としても優秀になるから特別に攻撃機を開発する必要はない。F-15F-16が良い例。
一方艦載機はそうもいかん。空母スペースを考えるとマルチロール化は是非ともしたいわけだが、制約が色々ある艦載機が二足の鞋を履きこなせたのはF/A-18EFあたりから。小機が対地、対で分業してた時期が軍より長いから、軍にべて攻撃機イメージが強い。
11 : ななしのよっしん :2018/05/18(金) 18:46:54 ID: RgJyNFpoD4
軍、なぜいま「軽」攻撃機なのか A-10などの負担軽減、導入の背景戦争の変質
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180518-00010000-norimono-bus_all
12 : ななしのよっしん :2018/05/19(土) 21:30:14 ID: XvBO/don5U
そりゃ航空優勢取ったうえでとばすならどれも変わらないわな
A-10耐久性も現在流の対兵器だと大して意味がないし
だったら余計なものがついてるやつより必要最低限のほうが安く上がる
13 : ななしのよっしん :2018/07/12(木) 20:06:51 ID: +B+GGVPgbT
でもそれな攻撃機でいいんじゃないかと思うんだよね。A-29?は人員が搭乗する以上、結局のところ運用にまつわるリスクが高いと思う。
14 : ななしのよっしん :2018/07/12(木) 20:17:26 ID: w7DT/9Ngs1
人命重視で防御を固めたら結局A-10だもんなぁ
15 : ななしのよっしん :2018/07/30(月) 18:33:02 ID: +B+GGVPgbT
>>14
A-10ほど防御を固めても、AAMSAMには敵わないしね
A-29とか、民間人や政治家視点だと搭乗員の犠牲が出ないかどうか不安になる機体だと思うけど……
最近の民間人や政治家は一周回って人命よりもコスト優先なのかな?
16 : ななしのよっしん :2018/08/17(金) 19:32:01 ID: WCYFUIeZFZ
A-10ほど防御を固めても落ちる時は落ちる→弾の届かない高高度から誘導攻撃以外ありえない→となるとA-10ほどの防御はいらない

こんなとこだろう。
A-29は結構ハイテク兵器を積める。
17 : ななしのよっしん :2018/08/27(月) 21:53:44 ID: uS6vr51GW/
対空ミサイル搭載の戦闘機べて
陸の戦術標は歩兵とか戦車とか小さく脆弱なので、低速低で機とかロケットとかで攻撃する近接航空支援。なので偵察機とかヘリコプターとかも使われ、戦闘機より取り回しが利くイメージ
の戦術標は艦艇で、大きさが既にちょっとした地であり長射程の対空ミサイルを備える。対空ミサイルより大対艦ミサイルを遠くからできるだけ沢山打ち込みたいので積載重視で戦闘機より取り回しはめられないイメージ

ミサイル以前も攻撃機撃機は魚雷が積める以外は陸の軽爆撃機くらいの機体なので当然急降下爆撃機よりでかい。そもそも英語TorpedoBomber魚雷爆撃機だし
逆に陸の対地支援急降下爆撃よりさらに密着かつ軽便なのがめられる
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス