二式飛行艇単語

ニシキヒコウテイ

二式飛行艇とは、大日本帝国海軍の大飛行艇である。通称二式大艇。
略符号はH8K(H=飛行艇、8=(飛行艇の)8番、K=製造:川西航空機)。

概要

帝国海軍の要川西航空機が設計・製作した四発大飛行艇で、第二次世界大戦当時の飛行艇の中では最高性を持った傑作機である。試作や生機を含めて複数のが存在するが、一二(H8K2)を例に取ると最高速454km/h、航続距離7153km、武装が20mm旋回5門、7.7mm旋回4挺、爆装として250kg爆弾8発、または航空魚雷2本などが搭載できる。
本機の操縦装置は油圧補助の人力によるもので、昇降の操作は一人でなく、正副操縦士の前に置かれたΠの操縦桿を、二人がかりで操作する。(九七式飛行艇から続いて採用された親子式二重フラップは油圧駆動)

本機には陸上に着陸、もしくは面から上陸するための脚が内蔵されておらず、着後に陸上に上がる際は850kg近い台車を洋上において人力で装着した。

中性、攻撃、防御に優れていた事で恐るべき機体として連合から認知され、戦中は各地で索敵・偵察・爆撃・輸送など多岐に活躍した。しかし戦中後期になると制権を失った中で敵戦闘機の前に次々と落とされてしまい、戦後まで残存した機体はほとんどい。

現存する二式飛行艇は特攻基地で有名だった海上自衛隊鹿航空基地資料館に野外展示してある。
なお、終戦後、川西航空機は社名を変更して新明和興行を経て新明和工業となり、一時はGHQによって中止されていた航空機の製造も再開し、その中でUS-1(US-1A)、US-2などの飛行艇の製造も続けている。

種類(量産されたものは太字。その他は試作機のみ)

関連動画

動画検索リンク「二式飛行艇 or 二式大艇」exit_nicovideo

実際の記録映像など

ゲーム動画、MMDユーザモデル・同作品など

現在の新明和工業の機体など

関連静画

静画検索リンク「二式飛行艇 or 二式大艇」

関連商品

外部リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BA%8C%E5%BC%8F%E9%A3%9B%E8%A1%8C%E8%89%87

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

二式飛行艇

57 ななしのよっしん
2015/06/11(木) 21:29:06 ID: aO6btU8+9R
>>47
元々は艦隊に先制攻撃かけて削るための大航続・高速・重武装。飛行艇でやろうとしたのが二式飛行艇で、陸上機でやろうとしたのが深山。
まああっちはそもそもまともなシロモノに仕上がらず、二式飛行艇完成前に「大機での撃は理だ」と結論出てこの的で使われることはかった。
その代わりに与えられた任務が敵勢圏下での強行偵察や強行輸送なんで、コンセプトはたしかに論見倒れだったけどそれなりに働きどころはあった機体ではある。
58 ななしのよっしん
2015/06/28(日) 13:15:16 ID: Mav7nr6vp0
大艇ちゃんが強化されたら、それを載せてる艦も強くなれるかも!
59 ななしのよっしん
2015/07/11(土) 18:41:49 ID: 5iLiDZTxt6
>>55
撃沈されることが多発してるのにちゃんと護衛していたとか、これもうわかんねえな
60 ななしのよっしん
2015/07/20(月) 00:30:53 ID: rQo5GP+KfS
輸送船は当初は効率重視で独航や少数で運航されていたけど、商船暗号解読などで被が拡大したから船団方式にして護衛をつけるようになったような。
戦争後期の潜水艦にはレーダーがついているし、南方からの輸送航路とかはフィリピンや南シナを経由するなどである程度予想もつくから、被拡大の要因は暗号以外にもありそうな気もする。

暗号解読などで独航でも危険なら、護衛がいた方が敵潜の制圧や被報告が行える可性も出てくるから、その方がいいのだろうか?
61 ななしのよっしん
2015/09/17(木) 14:28:03 ID: lGNCSaMguK
>>51
太平洋戦争時の日本水上機は高性で結構活躍してるよ。
元々は偵察機だったけど性が良かったから爆撃機として運用された「瑞」とか、零式艦上戦闘機水上機版である「二式水上戦闘機」とか。
62 ななしのよっしん
2016/03/14(月) 10:15:51 ID: 48uh7UpS5v
モッコとツルハシで飛行場建設にも苦労する日本軍は、面さえあれば発進できる水上機を活躍させざるを得なかったとも言える。

や二式戦が水上機として高性といっても、でかいフロートぶら下げる性的なハンデや、に触れることでの劣化を考えれば、本来は陸上or艦上機のほうが好ましいし。

米軍の場合は、ブルドーザー持ち込んで地面ならして飛行場を作ったり大量生産してる護衛空母から飛行機を飛ばせば良かったから、水上機に多くを望む必要がかったってのも大きいんだよな。
63 ななしのよっしん
2016/03/27(日) 23:30:08 ID: aO6btU8+9R
>>60
それが、船団化を推し進めた頃に前線が崩壊して空母艦載機が直接船団攻撃まで始めるようになったわけよ
そうなると船団化したのが逆効果、一度発見されたらそのまま船団まるごと一網打尽になっちゃって……
64 ななしのよっしん
2016/07/29(金) 18:56:25 ID: +rn37ASffL
高性なのはよく言われてるけど戦争に使う具としてはとしてはどうなのかねぇ・・・
日本にはカタリナみたいな性はまあまあだけど使いやすくてお役立ち、みたいな飛行艇はなかったんだろうか
65 ななしのよっしん
2016/08/15(月) 20:12:44 ID: QFP+LXGzgp
>>64
つ『九七式飛行艇』

撃飛行艇として活躍させられなかったのが念だよなぁ。
わざわざ魚雷の進調整機(投下後にジャイロ設定で魚雷が曲がります)ついてたんだし。
ところで進調整自体はどうやってたんだろう?
り下げだから飛行中に魚雷触れないし、潜水艦みたいにTDCで遠隔調整できたのか、搭載時点で進設定したまま飛びたったのか。
66 ななしのよっしん
2019/03/16(土) 21:47:04 ID: rQo5GP+KfS
どうやっていたかは自分も気になる。
エキストラ20足立技師の記述だと艇体内で深度調整と斜進調整ができるようにしたとあるが、方法までは書いてなかった…。