大宮龍男単語

オオミヤタツオ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

大宮龍男(おおみや たつお、1954年6月19日~)とは、「東海」の異名を持つヤクザプロ野球選手捕手)である。

日本ハムでは強肩強打の捕手として活躍し、中日西武でもプレーした。

概要

駒澤大学時代はベストナインを4度獲得する活躍を見せ、1976年ドラフト4位で日本ハムファイターズ名される。

日本ハム時代

即戦として期待されるが、4年まではベテラン加藤俊夫からレギュラーを奪えずにいた。

しかし5年となる1981年加藤が故障により衰えを見せ始めると、監督大沢啓二大宮を抜すると共に、この年広島からトレードで獲得した江夏豊大宮教育役に名。大宮江夏から配球術などについて厳しく叩き込まれたことによってリード面にも成長を見せ、大宮に引っられた投手岡部章が最優秀防御率を獲得し、間茂有が15勝敗で勝率1.000を記録、恩師江夏セーブ王を獲得した。

大宮自身もこの年初めて100試合以上に出場し後期優勝に貢献、プレーオフでもロッテを3勝1敗1分けで下したが、日本シリーズでは巨人に敗れた。

1982年加藤大洋に移籍したため、田村藤夫レギュラーと争いつつ試合に出場、5月末に死球により左折で一時離脱するが6月末には復帰、前期は西武優勝を許すが、後期は開幕戦である7月2日近鉄戦にて2本塁打を放つ活躍で江夏豊の通算200勝アシストすると、自身の好調な打撃とリードも相まってチームを引っり、後期優勝を決める。しかしプレーオフでは西武に敗れ2年連続の日本シリーズ出場はわなかった。
この年大宮123試合に出場し打率.258、16本塁打67打点の活躍でプロ一のタイトルとなるダイヤモンドラブ(現・ゴールデングラブ)を受賞した。

1986年頃からは田村藤夫の台頭により正捕手の座を追われた。

中日時代

1987年オフ大島康徳・曽田康二とのトレードで中日ドラゴンズに移籍した。中村武志の2番手捕手となる。

1988年9月20日読売ジャイアンツ戦で斎藤雅樹からサヨナラホームランを放つ活躍を見せ、出場試合は少なかったが強気なリード投手を引っり、リーグ優勝に貢献した。

西武時代

1989年オフには広寿・小川宗直とのトレードで西武ライオンズに移籍し、に「若手専用捕手」として活躍した。大宮の存在は伊東勤に緊感と危機感を与えていたという。

1992年に現役を引退した。

引退後

西武ライオンズ日本ハムファイターズコーチを務め、現在は解説者となっている。2007年からはリゾートホテルチェーンのアドバイザーも務めている。

プレースタイル・人物

中日時代にはあの星野仙一監督とも言い合うなど非常に気の強い人物であり、ついたあだ名は「東海」。
元々当時の日ハムには親分こと大沢啓二や喧ヤクザ顔負けなほど強かった江夏豊などその筋っぽいひとが多かったためあまり星野を恐れなかったのかもしれない。
しかし反面も面倒見が良く、投手のよき相談役であった。 

1982年には打率が.258ながら得点圏では.301満塁時には.667を記録するなど非常に勝負強く、特に近鉄戦は相性が良かった。
ちなみにシーズン二桁盗塁を4度、通算で70盗塁を記録する等足も意外と速い。

プロレスラー天龍源一郎とは親交がある。

成績

通算打撃成績

通算:13年 試合 打席 打数 得点 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺打 打率 出塁率
NPB 1034 2636 2360 276 573 93 17 63 284 70 51 14 194 8 317 73 .243 .303

表彰・その他

ダイヤモンドグラブ賞 1回 1982年
その他
サイクルヒット 1回 1980年7月29日
オールスターゲーム出場 3回 1981年1982年1985年

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%A4%A7%E5%AE%AE%E9%BE%8D%E7%94%B7

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

大宮龍男

1 ななしのよっしん
2017/05/03(水) 09:37:50 ID: 4qNR8g9Dso
北海道放送HBC)では「大宮親分」として、亡き大沢親分を勝手に受け継いでる模様。
2 ななしのよっしん
2017/11/05(日) 18:18:12 ID: ADHc2sINJM
ラジオで解説で出てると両親はテレビの音消して、ラジオに切り替える位好きみたい