比嘉大吾単語

ヒガダイゴ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

比嘉大吾とは、日本プロボクサー。元WBC世界フライ級王者。

概要

沖縄県出身、生年日は1995年8月9日身長161.0cmリーチ163.0cm

小学校中学校時代に野球少年だった比嘉ボクシングをはじめるきっかけとなったのは、
現在所属しているジム会長であり、地元沖縄英雄でもある具志堅用高の存在。
2011年2月11日に、井 VS オーレイドン・シスサマーチャイのWBC世界ミニマム級タイトルマッチ
テレビで放送されたのだが、試合がく終わり時間があまったため、テレビ局過去名場面を放送することに。
そこで比嘉は、具志堅用高の現役時代の雄姿をにし、ボクシングをやることを決意したのである。

高校は、父親の転勤にともない、元日ランカー知念健次がボクシング部の導をしていた宮古工業高校に進学。
高校時代の戦績は45戦36勝(8KO)8敗で、立った成績は高校3年生の国体少年の部フライ級ベスト8と、
アマチュアでは飛びぬけた実績を残したわけではない。
高校卒業後はオリンピックして大学に進学するつもりだったが、知念監督から比嘉の存在が
具志堅用高に伝わり、比嘉パンチにほれこんだ具志堅からプロへの誘いを受ける。

その誘いを受け入れ、白井具志堅ジム入門すると、2014年6月17日後楽園ホールプロデビュー
タイのセーンゲン・サックナロンを相手に初回50KO勝ちし、デビュー戦をで飾った。
その後は、その驚異的なパンチと踏み込みの速さ武器に連勝街道を突っ走り、
2015年7月24日WBC世界フライ級ユース王座を、2016年7月2日にOPBF東洋太平洋フライ級王座を獲得。
2017年3月12日にはWBC世界フライ級1位となり、2017年5月20日有明コロシアムで初の世界戦を迎える。
そのときのチャンピオンであったフアンエルナンデスが前日計量で体重オーバー王座をはく奪、
比嘉が勝てば新王者、エルナンデスが勝つか引き分けなら王座位という条件の試合で、
6回2分58TKO勝ちを収め見事王座を獲得。
沖縄出身のボクサーとしては、元WBA世界ジュニアウェルター級王者の仲明信以来25年ぶり、
史上9人世界王者となった。

世界チャンピオンとなった後もその剛腕は猛威をふるい、2017年10月22日にはWBC世界フライ級5位の
トマ・マソンを7回1分10TKOで仕留め、ベルトを獲るよりも難しいと言われる初防衛に成功。
試合後には、「自分は大みそかでもやりたい。井さんから良い返事を待っている」とコメントし、
当時WBA世界フライ級チャンピオンであった井との統一戦を熱望するも、これは残念ながら実現せず。
大晦日に井突然引退を発表したことで、幻のカードとなってしまった。

2018年2月4日には、地元沖縄での防衛戦が実現。
沖縄世界戦が開催されるのは、具志堅用高の試合以来37年ぶりのことで、当時具志堅は14度の防衛に
失敗しており、そのこともあって、比嘉沖縄世界戦をやるのは、会長である具志堅の悲願でもあったのだ。
地元出身王者の凱旋試合とあって、満員になった沖縄県武道館で、元世界2階級制覇王者で
WBC世界フライ級9位のモイセス・フェンテス相手に初回2分32KO勝ちをおさめ二度の防衛を飾るとともに、
WBC世界スーパーライト級王者の浜田剛史がもっていた15戦連続KO勝ちの日本記録に並ぶ快挙を成し遂げた。

圧倒的な強さに加え、その快なファイトスタイルから、近い将来のアメリカ進出もうわさされるなか、
比嘉に試練が襲う。
二度の防衛戦からわずか2カ後の4月15日に組まれた、横浜アリーナでのWBC世界フライ級2位
クリストファージョーダン・ロサーレスゴンサレスとの防衛線の前日計量で、
900gのウエイトオーバーにより王座をはく奪されることとなったのだ。
日本人世界チャンピオンがウエイトオーバー王座はく奪となったのは、これがはじめてである。
相手営がOKを出したことで、試合は開催されることとなったのだが、過酷な減量の影もあってか、
比嘉ボクシングは精を欠いたもので、9回1分14にセコンドが試合棄権を申し入れKO負けに。
比嘉にとってはプロ16戦での初となり、さらに16戦連続KO勝ちという日本新記録も幻となった。

試合後は、減量失敗により王座はく奪となった件について、賛否両論さまざまな意見がとびかった。
ボクシングは階級制のスポーツであり、試合までにきちんとリミットにあわせるのは、プロとしての最低条件。
トッププロともなると、体重が2、3kg違うだけで、パンチの重さがまるで違ってくるのである。
近年のボクシング界では、こうした効果をねらって、わざと体重オーバーし、試合を有利に進めようとする
ボクサー立つ。
比嘉の試合の一カほど前に開催されたWBC世界バンタム級タイトルマッチでは、山中慎介の相手、
ルイス・ネリが、前日計量でリミットを2.3kgもオーバーし、王座はく奪となった記憶が新しいだけに、
比嘉に対しても非難のが相次いだ。
しかし、比嘉は以前から、フライ級はもう限界とたびたび訴えており、実際、最近の試合では胸囲98cm
計測するほど、体も大きくなっていた。
これはWBA世界ミドル級チャンピオン村田諒太胸囲とほとんど変わらない数値であり、
フライ級リミット50.8Kg、ミドル級リミット72.5kgということを考えると、
ちょっとを疑うほどの異常な数値である。
そうしたことからも、わずか2カの準備期間しか設けず、フライ級での防衛戦を組んだ営にも非があることは
あきらかである。

4月25日日本ボクシングコミッションJBC)は比嘉に対し、「ライセンス期限停止処分」を下した。
これは、計量失格についての処分では、前例にない重い処分である。
ただし、定期的なコンディション管理報告、健康状態報告を受けて解除時期を検討するともしており、
比嘉の体調を考えての措置という面も大きいようだ。
まだ若く、才豊かなボクサーであるので、心身ともにしっかりと休息をとってからの復帰が望ましい。

関連動画

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%AF%94%E5%98%89%E5%A4%A7%E5%90%BE

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

比嘉大吾

1 ななしのよっしん
2018/06/20(水) 08:20:47 ID: iuGue6h7vu
恨むならネリ山中戦で対応をWBCよりも先走ってしまった結果拳を引けなくなったJBC
ボクサー第一を底しなかった自営&具志堅会長を恨め
2 ななしのよっしん
2019/10/11(金) 20:58:10 ID: hskup/tpdD
具志堅ってこの後も普通バラエティ番組出てたけどジムは何も制裁受けなかったのかな。お菓子発言が本当だとしても比嘉本人より問題あると思うんだが。
3 ななしのよっしん
2019/12/19(木) 21:53:52 ID: hskup/tpdD
S・バンタムになってて
まあここら辺が適正体重なんだろうけどいきなり3階級上げてくるとは。
4 ななしのよっしん
2020/12/24(木) 01:03:14 ID: TIBIhQs/4I
番組表をみてたら比嘉大吾文字
比嘉さん自分はあのとき全現王者で一番好きでした
もう比嘉選手が負けたらボクシング見るのやめてもいいぐらい
それがあんな形で・・・納得できるか!!比嘉選手はこれで終わっていいはずがない
絶対帰ってきてくれるはずとボクシング見続けてました
前回の試合でモチベーションに触れ終わりなのか?嫌だ・・・と思ってました
そして今日番組表でみてが出てる
終わらないでください再び世界であなたの試合を見せてください
大晦日楽しみにしてます!!
5 ななしのよっしん
2020/12/31(木) 17:36:04 ID: TIBIhQs/4I
よっしゃ~~!!比嘉大吾勝った~!!
いろいろ頭に浮かぶがとりあえず復活おめでとう~!!
6 ななしのよっしん
2021/02/21(日) 19:03:15 ID: dqE50e3XFU
井上尚弥とのスパーは流石にキツかった…
ありゃつらい

おすすめトレンド