村田諒太単語

ムラタリョウタ
4.2千文字の記事
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

村田諒太とは、日本ミドル級プロボクサーの1人である。2012年ロンドン五輪ミドル級メダリスト、WBA世界ミドル級チャンピオン

概要

来歴

幼年期・小中時代・・・ボクシングを始めるきっかけ

1986年1月12日奈良県奈良市に生まれる。3人兄弟の末っ子で、両公務員として働いていた。

5歳から水泳を始め、中学時代には陸上部に所属するなど、幼少期からスポーツを嗜んでいた。この間の小学6年生の時に両離婚中学時代の陸上でも奈良市の大会で4位と成績が振るわず、庭のこともあって、次第に村田は荒れるようになっていた。

ある日、村田金髪で登校したところ、当時の中学の担任であった先生視聴覚室に連れ込まれた。この時に担任が「お前、何かやりたいことはないんか?」の問いに、村田は「ボクシングだったら、やるわ。」と答えた。これがのちにボクサーすきっかけであった。
その後、担任の先生紹介で、当時県内のボクシング高校であった奈良工業高等学校(現在は統合して奈良県奈良朱雀高等学校になっている)のボクシング部が開催する週末ボクシング部に通い始める。しかし、練習が辛すぎるということがあり、2週間で通うのを断念。その後も同校ボクシング部の練習にちょくちょく顔出すこともあったが、2ヶほどで足首を負傷してしまう。これ以降、練習には顔を出さなくなった。

中学3年生になると、大阪天王寺にある進ボクシングジムで再び練習するようになる。中学の授業にはあまり出席しておらず、通知簿もほとんど1~2判定と悪い成績であったが、高校には京都府町にある南京都高等学校(現京都学館高等学校)へ進学した。この高校WBC世界バンダムチャンピオンである山中慎介やWBA世界スーパーバンダムチャンピオンである久保など、プロボクサープロレスラー、総合格闘を多く輩出し、ボクシング部も国体優勝インターハイ・総体・選抜大会の全大会出場を経験するなど、現在京都ボクシング校の一つとして知られている。

高校・大学時代・・・高校大会5冠達成・全日本選手権初優勝~現役一時引退

高校生になるとボクシング部に所属する。初戦は負けてしまったものの、高校2年生の時に国体・総体・選抜大会の高校3冠を達成。高校3年でも選抜・総体で優勝高校5冠を達成し、頭を現す。

高校卒業後は東京にある東洋大学の経営学部経営学科に進学し、ボクシング部に所属する。2004年全日本選手権初優勝を果たす。

2005年キングスカップに出場し、銀メダルを獲得。その後のアジア選手権にも出場し、銅メダルを獲得した。
2006年にはドーハアジア大会の代表に選ばれるが、一回戦敗退。その後の全日本選手権で再び優勝するも、北京五輪1次予選で準決勝敗退。2次予選でも初戦敗退し、北京五輪出場を決められなかったことから現役引退を決めた。

社会人・コーチ時代・・・現役復帰へ

2008年東洋大学卒業し、同大学の職員に就職。ボクシング部のコーチを兼任し、後世のボクサー導に当たった。
しかし2009年ボクシング部員の間で覚せい剤所持・使用疑惑の不祥事が発覚し、ボクシング部は活動自粛する。さらに関東大学1部リーグから3部リーグへ強制降格の処分を受ける。この時に村田はなぜ部員の不祥事を止められなかったのかと自の念が湧き、同時に全日本選手権で3度優勝を果たせば部の名誉回復に繋がるのではと考え、現役復帰を決めた。

アマチュアボクサー時代・・・全日本選手権3連覇~国際大会初出場・ロンドン五輪出場へ

そして2009年全日本選手権で3度優勝し、有言実行を果たす。その後の2011年全日本選手権まで3連覇5度優勝を果たす。
2011年インドネシア大統領杯では、自身初の際大会優勝を果たす。同年10月世界選手権ミドル級では決勝まで勝ち進んだが、判定負けで銀メダルを獲得した。しかし、決勝進出は日本人としては初の快挙であり、同時にロンドン五輪出場権を獲得した。

ロンドン五輪代表として・・・第2シードから48年ぶりの金メダルへ

2012年ロンドン五輪にミドル階級代表として出場。第2シードを獲得したため、2回戦からの出場となった。村田は決勝まで勝ち進み、決勝でブラジルエスキバファルカオを倒して金メダルを獲得。日本人としては48年ぶりで、1964年東京五輪バンダムメダリスト桜井孝雄氏以来となるボクシング競技での金メダル獲得であった。

ロンドン五輪閉幕後は、プロに転向することを報道会見で発表。ネットなどでは称賛や励の言葉が贈られた。ジムは三迫ボクシングジムに所属し、後楽園ホールで行われたプロテストマッチでは見事合格。プロに転向した。

プロボクサー時代・・・初戦鮮烈デビュー~ランキングTOP10入りまで

プロデビュー戦は、当時約2カ前まで日本スーパーウェルター級チャンピオンであった柴田昭雄氏と対戦。第2ラウンド2分24分による格闘でTKO勝ちし、鮮デビューを飾った。この勝利で東洋太平洋ミドル級1位日本ミドル級1位WBC世界ミドル級19位にランクインした。

2014年9月ボクシングジムへ移籍。代々木体育館で行われたメキシコのアドリアンルナとの対戦では判定勝ちを収め、WBC世界ミドル級8位にランクインした。
その後も数々の名だたる選手と対戦し、2017年現在IBF世界ミドル級4位、WBC世界ミドル級3位、WBA世界ミドル級1位、WBO世界ミドル級2位ランクインしている。

WBA世界ミドル級王座決定戦開催・・・判定騒動から異例の再試合へ

2017年3月27日、WBA世界ミドル級チャンピオンダニエルジェイブスロシアゲンナジー・ゴロフキン王座統一戦で負けたため、同王座位となった。そのため、WBA世界ミドル級王座決定戦を行うとした。

対戦相手は村田と暫定王者とされたフランスハッサン・ヌダム・ヌジカム。(報道ではアッサン・エンダムと表記されることがある。)当時、WBA世界ミドル級1位の実を持っていた。

そして同年5月20日有明コロシアムで王座決定戦が行われた。第1ラウンド~第2ラウンドは、ハッサンの攻めに対して防戦一方の村田だったが、第3ラウンド以降は防戦しつつ、果敢に攻める姿勢を続け、ハッサンに決定的ともいえるクリーンヒットを連発し、第4ラウンドで一度ダウンを奪った。その後もハッサンダウン寸前まで行く場面が何回も連発。(いずれもロープに救われている。)

その後、第12ラウンドまでもつれたが、TKOとならずに判定勝負となった。
評では村田の判定勝ちと思われていたが、1-2(117-110、111-116112-115)のまさかの判定負けを喫し王座獲得とはならなかった。ちなみにプロ転向後、自身初となってしまった試合となった。

この判定にWBA会長が異例ともいえる異議を申し出た。「私のスコアは117-110で村田勝利。まずは村田諒太、プロモーション、そしてすべての日本ファンに謝らなければならない。このひどい判定によるダメージを修復する言葉はない」と自身のSNSコメントを発表し、直後に再試合を示した。

この異例ともいえる会長の意向でWBAは、2017年10月22日に再試合を開催することを決定。また、王座決定戦の判定をした審判2名を6ヶ資格停止処分を下した。

WBAミドル級タイトルマッチ開催・・・そして22年ぶりの日本人新チャンピオン誕生へ

そして2017年10月22日、前回と同じく全12ラウンドでWBAミドル級タイトルマッチが開催された。序盤は両者ともに防戦と攻めの応酬であったが、第4ラウンドから村田ハッサンの顔面に右のストレートを何回もヒットさせたり、ボディにも左フックショットが決まるなど、徐々に村田の方から攻める姿勢を見せた。ハッサンの方も一ふらつく場面を見せるが、ダウンすることはなく、両者着状態となっていた。

しかし、第7ラウンド終了時にハッサン営から審判リタイアの申し出があり、勝負は村田の方に軍配が上がった。この間、村田はWBA世界ミドル級の新チャンピオン認定され、同時に日本人としては、初めて五輪金メダルと獲得し、かつプロビッグタイトルを獲得したボクサーとなった。また、日本人ミドル級チャンピオンが誕生するのは1995年12月認定された竹原慎二以来で、22年ぶりである。

WBAミドル級チャンピオンとして・・・今後の展望~世界のビッグネームと統一マッチへ

晴れてWBAミドル級チャンピオンとなった村田であったが、ここからが大変な正念場を迎える。
同級のチャンピオンには2017年10月現在、"GGG"の称で知られ、WBAミドル級スーパーチャンピオンWBCIBFミドル級チャンピオンと3団体のチャンピオンルトを抱えるカザフスタンゲンナジー・ゴロフキン(報道ではゲンナディ・ゴロフキンとも)がいる。また、"カネロ"の称で知られ、かつてスーパーウェルター級ミドル級の2階級を制した元チャンピオンサウル・アルバレス(メキシコ)がいる。
いずれはこの2人とのビッグマッチす。来年には村田とのV1V2戦を行う計画があり、ミドル級タイトルマッチ勝利インタビューでも村田は意欲を示している。[1]

人物像

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

外部リンク

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

村田諒太

32 ななしのよっしん
2022/04/09(土) 21:43:11 ID: ZLfnwc7n77
9Rまで持ちこたえるとは思わなかった
正直5R、ヘタすれば1R負けもあり得るかと思ってただけに大健闘だよ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
33 ななしのよっしん
2022/04/10(日) 01:09:12 ID: ngMz4hHFfe
かっこよかった
GGGと村田、2人ともリスペクトしあって良いもの見させていただいた
👍
高評価
0
👎
低評価
0
34 ななしのよっしん
2022/04/10(日) 01:31:45 ID: Vsnq0TuDUF
持ち堪えた事以上に内容が良かった。村田のストロンポイントはよく出てたし、ゴロフキン研究してた事が伝わる内容だったわ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
35 ななしのよっしん
2022/04/10(日) 04:43:17 ID: G1AE9p6wzl
村田は強かった

を疑問視するもあったけどゴロフキン相手にここまでやり合えたのはどっかの漬け除いたらジェイブス、後は過去最悪レベルで弱ってた頃にやったデレビャンチェンコくらいのもの
負けようが紛れもないミドル級王者だったし少しも情けない内容ではなかったよ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
36 ななしのよっしん
2022/04/10(日) 19:55:23 ID: 3pugasaSzY
はじめのほうは積極的に打っていったから熱くなったよ
会場が湧きかえっていた
👍
高評価
0
👎
低評価
0
37 ななしのよっしん
2022/04/10(日) 23:44:06 ID: aS+dxg9tyr
万が一でも勝てるかといったらうーん・・・ってないようだけど少なくとも今までの彼の試合の中では最高の試合だったと思う。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
38 ななしのよっしん
2022/04/11(月) 16:30:41 ID: ZLfnwc7n77
年齢的にもゴロフキン戦がラストファイトになるかな…
長谷川穂積みたいに最後の世界戦ってのもあり得そうではあるけど
村田の体重って多分スーパーミドル級ライトヘビー級くらいがベストになるんだろうけど
さすがに重量級で階級上げるのは難しいよな~
👍
高評価
0
👎
低評価
0
39 ななしのよっしん
2022/04/12(火) 14:56:34 ID: ichNdgILN/
村田ゴロフキン
村田が勝てそうなチャンスは全くかった
ゴロフキンスロースターターな上、40歳で衰えもあったから序盤は村田が見せ場を少し作れただけ
個人的に村田戦のゴロフキン過去調子が悪そうというか衰えて見えた
ゴロフキン村田を仕留めるのに予想以上に時間がかかっていた
👍
高評価
0
👎
低評価
0
40 ななしのよっしん
2022/04/14(木) 13:11:37 ID: ichNdgILN/
村田は結局本当に強いミドル級の選手に勝ってないね
40歳のゴロフキン一それに当てはまる相手だが結果は敗しただけだし
👍
高評価
0
👎
低評価
0
41 ななしのよっしん
2022/12/04(日) 17:06:36 ID: Gnh2QCJdfC
ゴリゴリ元ヤンだけどスタイルは守り重視のがつくほど慎重なんだよね、路上を知ってる元ヤンだからこそ、とも言えるか
👍
高評価
0
👎
低評価
0