2001年宇宙の旅

1 ななしのよっしん
2009/08/17(月) 00:57:02 ID: mIP09LEfKn
笑点座布団10枚商品で小遊三が2001円府中の足袋というのをゲットしたのはひそかに有名
2 ななしのよっしん
2010/02/08(月) 05:20:43 ID: xXwwW6V3yF
2010年のトコ(あるならW)で2001年のコト書くのはィィけど、
2001年のトコで2010年のコト書くのは、止めて!!

華麗にスルー キボン!!
3 ななしのよっしん
2010/05/15(土) 13:54:38 ID: FMIAEGJoAP
>>1
何その稀によくあるみたいな表現

4 ななしのよっしん
2010/06/21(月) 17:45:30 ID: qlYwWC1JKv
ヱヴァ破のクライマックスの視覚効果を見て、スターゲートを想起したのはだけではないはず。
本当に広範な方面に影を及ぼしているんだなぁ
5 ななしのよっしん
2010/07/31(土) 11:49:12 ID: pb61lTIYUT
モノリスかっこいい
もうモノリスがないと生きていけない
6 ななしのよっしん
2010/08/04(水) 13:38:22 ID: f6oyJ/nCjN
SFBGMクラシック音楽を使うのもこの映画の影だよね
7 ななしのよっしん
2010/09/28(火) 14:28:12 ID: qxOO5JrqDj
この年、つっても20になったばかりだけど、勧められてようやく原作読んだ。今までの人生ベスト10に入る出来で感

で、その後に映画版を見てやっぱり感した。もっと前に見ておきたかったとも思うけど、それじゃ理解できなかった気もするし、複雑だな。
8 ななしのよっしん
2010/11/04(木) 20:30:35 ID: 7DZvUHUXuX
HALすぎだろ。
9 ななしのよっしん
2010/11/09(火) 23:14:55 ID: g/xOWJE5zz
友人にこの映画を見ようかなという話をしたら「理解できないから読んどけ」と小説を渡された
読み終わって映画見て「読んどいてよかった・・・」と心底思った
10 ななしのよっしん
2010/11/25(木) 17:51:22 ID: eFqvq68BZ/
続編で『3001年終末への』ってあるけど、一般に出回ってるタイトルは『3001年終局への』だよね。
シリーズ読破したとこ。次は楽園でも読むかな?
11 ななしのよっしん
2010/12/01(水) 02:29:17 ID: IDirlG9+Ds
宇宙シリーズは続編が進むほどつまんなくなって行く印が強いんだけど。とくに2061年とか、酷すぎ。「3001」でちょっと盛り返したけど。

SFの項でも書いたけど、クラークって50年代のほうが面くない?まあ作品としての方向性が全然違うからべるのもどうかとは思うけど。
12 ななしのよっしん
2011/02/23(水) 15:34:58 ID: jFBYfICbs/
娯楽的である以前に芸術的映画だよな。映像にしても音楽にしても。
13 ななしのよっしん
2011/03/01(火) 12:20:28 ID: 11PpiILolP
キングレコードレーベルスターチャイルドの名前の由来もこれだったりする。
DAICONⅣ OP↓の3′18″辺りで巨大エイリアン右手に持ってるのもディスカバリー号。
>>sm231191exit_nicovideo
14 zekusu
2011/03/03(木) 06:40:11 ID: SVoaXmKMsS
予告編の27からの音楽何?
つーか、一度見たこといな。
15 ななしのよっしん
2011/03/28(月) 15:42:51 ID: dMj+Y3d6tW
ほんとはピンクフロイドを使いたかったんだけど断られて仕方なくクラシックにしたらしい
16 ななしのよっしん
2011/08/28(日) 18:44:39 ID: 6Xwgqyy07+
技術も趣もお絵カキコですが・・・先日、この記事のアドバイス通り、映画を観た後に小説を読んだら本当に感動したので描かせて頂きました。
小説版のみのシーンで、スターウォーズプラネテスのようなフィクション作品だけでなく、スペースシャトルや、ボイジャーガリレオディープインパクトといった実際の宇宙開発を彷彿とさせる場面が多かったのも驚きでした。
アポロ着陸の前にこの作品が作られたこと、そして、この作品が後にどれだけの人々に影を与えたかと思うと感慨深いですね・・・
2001: A SPACE ODYSSEY
タイトル:2001: A SPACE ODYSSEY
画像をクリックして再生!!
 
Twitterで紹介する

17 ななしのよっしん
2011/08/28(日) 22:49:01 ID: i4ApMBCgcK
>>16
すごい。この場面何度観ても鳥肌たつ。
18 ななしのよっしん
2011/09/01(木) 14:05:26 ID: 3v6dVXO79U
いくつかの特撮テクニックは詳細が明らかにされておらず、
今でもどうやって撮ったのかわからないものがあるらしい。
19 ななしのよっしん
2011/09/05(月) 04:22:59 ID: W5N2nmWYy/
2001年ではパンナム航空宇宙に進出してたけど
現実では10年ぐらい前に消滅してる、と
20 ななしのよっしん
2011/09/16(金) 11:38:01 ID: UhANLcRhB8
ガキの頃に一回だけ映画を見たことがある
意味不明だけど異質な雰囲気があって怖かった、という事しか覚えてない
21 ななしのよっしん
2011/09/17(土) 00:32:47 ID: jtSxuvmLMJ
小説読んでから映画見たから大体わかった

わからんって言ってる人多いけど,はもし自分が先入観なしにこの映画を見たらどう思うか興味あるよ.
22 ななしのよっしん
2011/09/25(日) 00:27:55 ID: 65nrjEzvqb
宇宙船の中で食べてたのはサンドイッチ
23 ななしのよっしん
2011/09/25(日) 02:48:02 ID: i4ApMBCgcK
>>23
映画だとそう見える。小説でどう描写されてたかは覚えてないし、手元にないから分からぬ。

ブレードランナーだってブラウン管なのに、こっちは液晶みたいならなディスプレイで驚いた。
24 ななしのよっしん
2011/09/26(月) 00:12:22 ID: BBaLrtTGx2
>>23
時間を越したか…
25 ななしのよっしん
2011/09/26(月) 00:23:50 ID: hRTFDUWBSt
サムソンタブレット…w
26 ななしのよっしん
2011/09/26(月) 02:17:00 ID: i4ApMBCgcK
>>24  ブレランの方が後発で、後のSFの基礎(もちろん2001年も)なのに、それでもやっぱりブラウン管なのね、ていう意味で書いたんだけど、なんか変だった?
って思ったらリンクミスww
>>22 です

>>25  そういえば机の上に液晶置いてテレビ見てましたね。ホントにすごい映画だ。今頃極秘でモノリス発見してるに違いない。
27 ななしのよっしん
2011/10/04(火) 13:15:02 ID: dTnC7xd/64
ハルも木から落ちる」は名言だと思うんだ。
28 ななしのよっしん
2011/12/13(火) 13:42:06 ID: HudEeDj+GI
1968年というCGもなにもない時代にこれだけの映像を作り上げるキューブリック恐るべし。聞いた話じゃ美術監督手塚治虫を招こうとしたが手塚スケジュールが詰まってて断ってしまったという逸話もあるとか。

この二人が協して作ってたらどんな作品になったんだろうと気になる。
29 ななしのよっしん
2012/01/30(月) 22:27:46 ID: 6Pj0HnyBuf
>>28
手塚治虫って60年代からそんなに世界的な知名度だったのか!?
そっちのほうが驚きだわ
30 ななしのよっしん
2012/02/06(月) 02:31:50 ID: yPvBYqxrmv
>>28
手塚治虫キューブリックから美術監督の依頼の手紙を受け取ったのは事実で、手塚氏のエッセイにそのエピソードが載ってますね。

>>29
当時、手塚の「鉄腕アトム」のアニメアメリカでも放映されていたようです。
キューブリックはそれで名前を知ったのかも。