おおかみこどもの雨と雪単語

オオカミコドモノアメトユキ

  • 6
  • 0
掲示板をみる(465)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

私が好きになった人は、”おおかみおとこ”でした

おおかみこどもの雨と雪とは、スタジオ地図製作細田守監督作の長編アニメーション映画である。2012年7月21日劇場

あらすじ

東京の外れにある国立大学に通っていた女子大生「花」。ある日、大学の講義の中で一人だけ他の学生とは違う雰囲気で講義を受ける、後に「彼」となる男を見つける。

講義の後で、彼は大学生ではなくび込んで講義を受けてると分かるが、「講義で一緒に教科書を見ませんか」という善意から二人の関係が深まっていく。二人が出会ってからしばらくしての、彼は人気のないところに呼び出して、自分の正体がかつて絶滅したはずのニホンオオカミの末裔で、狼男だということを明かし、になった自分の姿を見せる。

驚きはしたものの、はその姿も含めて男を受け入れた。やがて二人の間にの「」、の「」という二人の「おおかみこども」を授かる 都会で四人、幸せに暮らすはずだったが、が生まれた直後に彼がに落下して急死してしまう。 >悲しみに暮れながらも二人の子を育てていく決意をしただったが、数年暮らしているうちに都会での生活に限界を感じ始める。また、将来二人の「おおかみこども」が人間、どちらでの生き方でも選べるようにと、彼の故郷、名峰剱岳がそびえ立つ田舎へ引越しを始め、三人の新たな生活が始まる。

主な登場人物

  • CV:宮崎あおい

    本作の主人公名前の由来は父親が、が生まれた時に近くで咲いていた自然コスモスから。
    どんなに辛くても苦しくても笑っていられるようにと名づけられた。
    得意料理焼きがあるが、コップタレを入れてその中に焼きを入れて食べるという、長野県上田市に伝わる独特の食べ方をする。
    おおかみおとこの彼とに落ち、二人のおおかみこどもを授かるが、彼の死後田舎へ引越しをし、山の古民家に住み始める。
    始めは人との接触を避けて暮らすはずだったが、崎の訪問をきっかけに様々な人たちから支えられるようになり、人と人との繋がりの大切さを知るようになる。
    屋同然だった古民家を一人で修したり、独学ながらを耕して農業を始めたり(始めは失敗ばかりだったが、後に崎から直々に知識と技術を教わる)、古いジムニーを購入したり(しかもが購入したものがSJ30という2ストロークエンジンを載せたもので、マニアの間で高値で買い取りされる大変重なモデル)などなかなか侮れない人物である。

  • おおかみおとこ(CV:大沢たかお
    引っ越し業者に勤める傍ら、が通う大学び込んで講義を受けていた男。昭和54年生まれ。
    作品での通称は「彼」と呼ばれているが、本名は不明(ただし免許の記載内容から、苗字文字名前文字だということが見て取れる)
    彼が故郷の写真として、富山方から眺めた剱岳が写った写真を持ち歩いている。
    自分の正体が狼男であることを隠しながら生きてきたが、自分のすべてを受け入れてくれたと出会い、との間に二人のおおかみこどもが生まれる。 
    しかし、が生まれた直後、何らかの要因があってに落ちてしまい亡くなってしまう。遺体には大の羽が付着していたが、詳細な原因は作中でられることはなかった。
  • CV:(幼少期)加部亜門 / 西井幸人)
    と彼との間に生まれたおおかみこども。臆病でひ弱な性格で小さいころはよく泣きしていた。田舎に引っ越してからもしばらくは生活に慣れていなかったが、ある、ヤマゼミを狩ろうとしてに落ちて溺れたことをきっかけに、としての本覚めていく。
    学校に通うようになっても、いじめを受けたり(そのたびにから助けてもらっていた)、山のことをもっと知りたいという願望からしだいに学校に通わなくなり、小学校3年時には時折山に入るようになり、先生と称す老から山のことについて教わっていく。やがて、が知らないうちにとしてたくましく成長していく。
  • CV:平岡
    が小学4年生のときに転校してきた男子生徒苗字藤井
    クラスの皆に、自分は面白い人間だというとこをアピールしてすぐにクラス人気者になるが、にだけは、最初に「臭い」と言ってしまったせいで正体がばれることを恐れて避けられてしまう。
    不安に感じたに何度も近づくが、衝動的に変身してしまったに右を切り裂かれて、傷が残るくらいの大怪を負ってしまう。
    後にに謝罪するが、居合わせていた母親である、そして自分の母親から責められ続けるを見て、 「がやった(怪をさせた)」と言ってをかばうが、にとってはそれが追い打ちとなり、不登校になってしまう。学校に来なかったら嫌だという理由で学校プリントや給食まで届けるようになり、 後々にとは本音でり合えるほどのかけがえのない親友となる。
    また、であることを傷つけられた時から気づいていたが、母親であるも含めてにも他言することはなかった。
  • 崎のおじいちゃんCV:菅原文太
    年代物のサニートラックを乗り回す90歳の農夫。町役場の職員のセリフから察するに、都会から引っ越してきた人間に対して厳しく接してきたようである。
    に対しても表向きは厳しく接してくるが、裏では家族農業仲間をかけてサポートを嗾けるなど、田舎で暮らすよりも支えていた。(家族く、惚れているかららしい)
    本来はこのことはには内緒にするはずだったが、孫の軽口によりばれてしまう。ばれていると知らないままからお礼を言われた時は、照れ隠しで手袋を外しながらいつもの厳しい口調で話したために、から大爆笑をもらった。
    また本人の発言からするに、小学生時代はあまり学校に通っていなかった様子(さらにそのことを、見どころがある人間として自分とエジソンを並べていた)

関連動画

関連商品

映画

音楽

コミック

小説・書籍

関連項目

外部リンク

この記事を編集する

掲示板

  • 463ななしのよっしん

    2019/10/26(土) 14:39:25 ID: 1UPMyHSXEJ

    あんまられないけどこの作品で一番可愛いのはどう考えて花ちゃんだろ

    可愛い、賢い、優しい、sexシーンある

    本編だけでもう何年もシコってるわ

  • 464ななしのよっしん

    2020/02/13(木) 15:45:04 ID: kQafnvmMvV

    >>461
    に共感出来ないのは人間じゃないなってなったからまぁ仕方がない
    問題は映画家族として母親が都合のいい駒みたいな結果になっちゃってんのが問題

    事故って死んだ父親の代わりに
    シングルマザーとして子供のために田舎に引っ越して頑った結果
    は(人間として)っ当に育ったけど高校進学するから都会に出て(まぁこれはしゃーない
    息子人間社会染めないから々に自立して飛び出して
    は結局田舎に一人 しかも周囲と染んだような描写がいからセルフ村八分状態

    でなんか良かった良かった感出されて終わっても正直なんだかなってなるんだよな
    映画の後の人生監督が考えてねぇだろっていうか
    映画が終わったからもう用済みの女だわ感がヤバイ

  • 465ななしのよっしん

    2020/06/27(土) 23:15:20 ID: GLYEaoiGDg

    >>464
    ツッコミどころありすぎ。
    息子人間社会染めないから々に自立して飛び出して」っていったって、そもそもあそこに引っ越したのは「子供達が人間のどちらのも選べるようにしてあげたい」と思ったからなんだけど。
    から示されたの一つを選んだのであって、責任母親一方的に突き放したわけじゃない。
    それに、農業のやり方を教えたのは現地の農家の人たちで、が現地の同年代の女性たちに「貯で生活してるなんて大丈夫なのか」って心配される描写もあるし、崎老人は家族に「に惚れてる」と揶揄されるほどのことを気にかけるような関係になってる。これのどこが村八分なんだよ。
    君は一体なにを言っているんだ。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/10/22(木) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2020/10/22(木) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP