今注目のニュース
「緊急事態宣言解除後の意識調査」、実店舗での飲み会は「減る」が「増える」を上回る
ハムスター「チーズうめー!」 コロンと転がるツイートが話題に「間違いなく言ってる」「表情の破壊力がヤバイ」
遺言作成サービス「タイムカプセル」、開始から2カ月で累計1万ユーザー突破

給食単語

キュウショク

  • 9
  • 0
掲示板をみる(161)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(9)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

給食とは、配などによる食事の供給、または供給された食事である。

概要

一般的に給食と言えば、小中学校などで行われている学校給食のことを連想する者が多い。高校でも給食制の学校はある。

日本における学校給食の始まりは現在山形県鶴岡にある大督寺の内にあった私立忠小学校で生活苦のの子を対に行われた食事の提供と言われている。

戦後安価という理由でパンの給食が開始されたが、これはアメリカ合衆国にて小麦が余剰状態であったことから消費先として日本の給食に導入したという[1]

しかしその後米飯による給食も行われるようになり、食糧事情が善するにしたがって給食の献立もバリエーション豊かに様々なスタイル提供されるようになった。この為、世代によって給食に対するイメージは大きく異なる。(例えば、「超絶に不味い脱脂粉」というのはかなり年齢高めの方にしか通用しない給食思い出話である)

義務教育で給食が提供されるのが当たり前となった昨今では、給食費を払おうとしない保護者が現れ、問題となっている。(給食費未払い問題)

ついでの知識

給食の単価は一食あたり300円程度。論全てコミなのでめっちゃ安い。給食費未払いは、この良心的な値段を考えてからにしてもらいたいものだ。給食費未払い問題はどこにでも存在することだが、学校によってはそんな問題どこ吹く、というところもある。

給食の献立を作るのは管理栄養士の仕事であり、レシピや味の付け方なども変わってくる。栄養士が変ったら味噌汁の濃さが変わった、という事もある。調理師は決められたとおりに作るだけなので、給食の味は実質栄養士が握っている。また、ワケの分からないメニューを持ち出すのも栄養士特有の現。大抵、大量に余る。給食がまずいのは栄養士のせいなのでそういうときは栄養士を責めましょう。

栄養士は全ての献立を作る必要があり、また新メニュー開発もしている。今どうしようかと毎悩み、栄養バランスや似通ったメニューか続かないかなども考える。そして生徒のために新しいメニューを考案し、取り入れる。栄養価だけでなく、コストなども全て考えて組んでいる。給食を何気なく食べている裏でこんな事が起きていたり…。

学校によってはセレクト給食、と言うものが組まれているところもある。例えば、焼きそばナポリタンか、みたいに事前アンケートをとり、選択肢の中から好きなものを選べる、というものだ。なるべく半々にわかれるようにメニューを決めるのにも苦労するが、調理にも問題がある。

給食室には大きながあるが、それらは数に限りがある。こっちで味噌汁を作って、こっちで肉じゃがを作る、割り振りはちゃんとなされるわけだが、メニューによってはが足りなくなる。その場合はを使い回すことになるのだが、12時までに作るのは結構な苦労になる。そんなときは別の学校からヘルプを呼んだりするらしい。
なお、人口の多い地域などでは給食センターでまとめて作られたものが各学校に配達されるため、給食室がかったり実質機していない学校もある。
また、給食を給食業者に委託している場合もあり、通常の義務教育提供される給食とは少し趣が違ったりする。(おかずが一人分弁当に詰められていて配の必要がいなど)
有名校などでは「給食は学校ステータスだ!が究極の給食を食わせてやる!」とばかりに、有名ホテルに給食を作ってもらう学校もあるんだとか。

関連動画

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *高嶋アメリカ小麦戦略』 協会、1979年を参照。

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/05/29(金) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2020/05/29(金) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP