今注目のニュース
「彼氏と週どれくらいやってるの?」 横行する就活ハラスメント、法整備を厚労省に要求
富士山で発見の遺体、身元が判明 登山中に滑落のニコ生配信者か
木曜以降 北海道は猛ふぶき 東北は積雪注意

れみりあ逆補正単語

レミリアギャクホセイ

  • 3
  • 0
掲示板をみる(31)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

諸君 私はおぜうさまが好きだ
諸君 私はおぜうさまが好きだ
諸君 私はおぜうさまが大好きだ

殲滅戦が好きだ 電撃戦が好きだ 打撃戦が好きだ 防衛戦が好きだ
包囲戦が好きだ 突破戦が好きだ 退却戦が好きだ 掃討戦が好きだ 撤退戦が好きだ
平原で 街道で 塹壕で 原で 凍土で 砂漠で 上で 中で 泥中で 湿原で
この地上で行われる ありとあらゆるカリスマブレイクが大好きだ
戦列をならべた 連の一斉発射が スナイプと共にカリスマを 吹き飛ばすのが好きだ
中高く飛び上がったおぜうさまが 鼓舞の為にうー☆といった時など 心がおどる
妹様の率いる 騎兵の突撃が おぜうさまを撃破するのが好きだ
炎を上げて 燃えさかるから 飛び出してきたおぜうさまが 
クリティカルでなぎ倒された時など 胸がすくような気持ちだった
必死になって繰り出した おぜうさまの兵法が 壊滅寸前の部隊を するのが好きだ
恐慌状態のおぜうさまが 既に息絶えた敵兵を 何度も何度も刺突している様など 感動すら覚える
突猛進の おぜうさまに 本拠地がされる様などはもうたまらない
一騎打ちを仕掛けたおぜうさまが なけなしの残されたカリスマとともに 唸りを上げて放たれる一
たばたと薙ぎ倒されるのも最高だ
おぜうさまが 三国志世界で カリスマを見せつけようとしたのを 問答用のチルノ補正
6ボスの威厳ごと木端微に粉砕した時など 絶頂すら覚える
別の作品のボス達を従え 滅に活躍するのが好きだ
期待していたブレイクが起こらず カリスマを見せ付ける様は とてもとても悲しいものだ
大量の物量戦を仕掛け 敵国に勧告するのが好きだ
戦国の世に下り立ち 戦国覇者となっていくおぜうさまは 残念の極みだ

諸君 私は逆補正を カリスマを打ち砕かれたおぜうさまを望んでいる
諸君 私に付き従う大隊メイド諸君 君達は一体 何を望んでいる?
更なるカリスマブレイクを望むか? 情け容赦のない うー☆うー☆を望むか?
AI逆チートの限りを尽くし 仕える人のカリスマを壊す 幼女の様なうー☆を望むか?

れみ!! りあ!! うー!!

よろしい ならばれみ☆りあ☆うー
々はあらん限りのをあげて 今まさにを冒涜しようとする駄メイド
だが この暗い紅魔館の中で れみりゃに 萌え続けて来た々に ただの補正ではもはや足りない!!

逆補正を!! 一心不乱のれみりあ逆補正を!!

民明書房「最後のメイド大隊」メイド長S・イザヨイ演説より抜

 

 

れみりあ逆補正とは、レミリア・スカーレットマイナス補正が働く現である。

概要

な発生場所はニコニコ歴史戦略ゲー動画の中である。特に東方キャラを登録した三国志動画において発生率が高い。

これらの動画においては、東方キャラが新規武将として登録されており、それぞれのキャラには原作にふさわしいだけの値が与えられている。レミリア東方紅魔郷6ボスというだけあって、非常に高い値を与えられることが多い。

参考にチルノ放浪記の初期値を挙げると以下のようになる。較対としてチルノ曹操劉禅も並べておく。

レミリア
統率 92
94
92
政治 91
チルノ
統率 59
69
9
政治 9
曹操
統率 99
72
92
政治 96
劉禅
統率 3
2
4
政治 7

見てもらえればわかるが、ゲーム中でも公式チートと呼ばれる曹操値合計を上回るほどのを与えられるのが東方6ボスの立ち位置である。シリーズが変わっても、(プレイヤーでいわゆる俺TUEEEEを回避するためなどの)意図的な弱体化が行なわれていない限り、おおむねこれに準じたは与えられていると思って間違いない。

しかし、これだけのが与えられているにもかかわらず、レミリアは全く活躍できないことが多い。この状態をしてれみりあ逆補正と呼ぶ。

れみりあ逆補正の例

れみりあ逆補正の例として次のようなものがあげられる。

遠征の失敗とハイエナ被害

三国志CPUの特徴として、時々な遠征を行い駄に兵をすり減らすことがある。だが、レミリアが君の勢においてはその発生確率が高いと認識されている。この場合、通常のパターンとしては『な遠征をした結果、失敗する。また、本は攻められて陥落する』ことになるのだが、おぜうさまにかかるとさらに以下の要素が加わることになる。

  • 部隊は士気が尽きて壊滅する。壊滅場所は本の前。
  • 部隊がに帰りつくこともできず、在野で放浪する羽になる。

左の動画では前者が、右の動画では後者の事態が発生した。

一騎打ちの勝率の悪さ

三国志Ⅸというゲームにおいては部隊同士で数千名がぶつかり合う戦いとは別に武将同士が一対一で戦う一騎打ちが発生することがある。レミリアが参加した一騎打ちではなぜかレミリア勝率が非常に悪いと認識されている。また、喧を売る相手を間違えることも多い。

以下の動画はその一例。左の動画では吸血鬼との相性がどう考えても最悪な太陽との一騎打ちに応じて敗北。その後、をとってもらっている。右の動画では武差が6もある天子敗北している(レミリア96天子90)。通常、武差が5以上ある場合は勝敗が覆ることはほぼないはずなのだが、それすらも上回る逆補正が観測された。

三国志Ⅸ動画史上最低ダメージ

三国志Ⅸというゲームにおいて戦闘時に武将たちが発動する兵法では通常約10003000名程度の被害を相手に与える。もちろん、これは通常の武将の場合であり、強な武将が放つ兵法は5000名以上のダメージを与えることもざらである。逆に、例え劉禅であろうとも兵法が出れば1000名弱程度のダメージは期待できるということになる。

しかし、レミリアにかかると与えるダメージは『2』となる。2000名ではなく、2名である。おそらくこの数値を出したのはレミリアが初めてであろうし、これから先どれだけの動画投稿されようともこれ以下の数値を出すことはまずありえないだろう。

以下の動画の1:28参照

 

上であげたい以外にも『狙撃を喰らって怪をしやすい』『兵法がよくガードされてしまう』などの報告も存在している。

れみりあ逆補正の正体

上であげたほとんどの事はゲーム三国志』の仕様の一部として説明が可である。もともと三国志CPU(思考ルーチン)はさほどよいものとは言えず、プレイヤーから見るとの行動をとることが日常茶飯事なのである。

一騎打ちに関しては武が高いものが勝つのは当然であるし、何度も何度も勝てそうもない相手に一騎打ちを仕掛けてしまうのはプレイヤーレミリアに『突』の性格をステータスとして与え一騎打ちを仕掛けやすくしているからである。武で劣る相手に敗北することもないわけではない。チルノだって武で7も上の相手を一騎打ちで打倒している。

史上最低兵法ダメージにおいては数字のトリックに騙されている。もともとレミリアが兵法を放った相手はすでに半壊状態であり、残りの兵士数が2名しかいなかった。仕様上、部隊の兵士数を上回るダメージカットされてしまうため、2と表示されているに過ぎない。いわゆるオーバーキルといわれる状態であり、相手の部隊がちゃんとしていればレミリア3000名弱のダメージを与えていたはずなのである。

そして、これらの現動画の中で立ってしまうのはプレイヤーの近くに紅魔館が配置されることが多く、必然的にレミリアの動向を見守らなくてはならないからでもある。要するにれみりあ逆補正は狙って作り出すことが可なのである。

なにより、これらの逆補正といわれる現は観測されない動画では全く観測されない。特に『信長の野望動画においては逆補正など皆無である。一例を挙げると『鍵山雛の野望』においてはラスボスの長を務めることがほぼ内定しているなどのカリスマを見ることができる。

まとめると、れみりあ逆補正とは視聴者レミリアに対する『うー☆』といってほしいという願望が生み出した幻想であり、カリスマ幼女のギャップしたい駄メイドロリコンらによる陰謀なのである。そうでなければ運命を操る程度の能力を持つわた、レミリアがこれほどまで醜態をすことなどありえない。ありえるはずがないのよ。

チルノ「間違ってるよ!」

 「醜態をすことなどありえない」という言葉は⑨には通じない。なぜならチルノ放浪記では序盤で潰されたり、お嬢様三国志ではPCにも関わらず攻略されてしまったり、メディスンの三戦役ではテストプレイチルノに潰されたりとはっきり言えばどうあがいてもチルノに挑むなど謀そのものである

関連コミュニティ

関連商品

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/11/12(火) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/12(火) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP